建築のこと

建築家という生き方を見習おうか。

ども、tyazukeです。

建築の設計をしている方なら、1度は「建築家」に憧れたと思います。

「建築家という生き方」いいですよね。信念があって、生涯現役、やっぱりカッコいいと思います。
建築家という生き方

60や65歳で定年して、ゲートボールやりながらダラダラ過ごすより、建築を夢想する方がカッコいいです。

 

できることなら「かっこいい生き方」をしたい、と思います。もちろん、人それぞれ「かっこいい」の定義は違います。

そこで会社の上司を改めてみてください。それを「かっこいい」と思えるのかどうか。自分の「かっこいい生き方」を判断する、1つの指針になると思います。

 

ちなみに僕は前職で、上司たちを見てきましたが、1人もかっこいいと思う方に出逢えませんでした。

むしろ「こうなっちゃぁお終いだな」と考えていましたね。

「この会社にいたら僕も将来ああなるのか・・・」と思い、結局会社を辞めました。

 

カッコいい大人って、自分の時間を自分でコントロールしている人だと思います。

建築家(有名建築家)の多くは、自分の事務所を持って、自分の考えで、自分の思う建築を設計しています。

中心は「自分」なんです。だから、建築家が設計した建築物は「作品」と呼べるくらい、個性や味がある。

 

昔働いていた事務所の上司は、常に「誰かに使われている」感じでした。まぁ、会社員で相当偉くないと、全て自分中心で動くなんて無理なんですけど。

だからこそ、自分勝手にやっている「建築家という生き方」に憧れるかもしれません。

建築家という生き方

 

自分勝手、自分勝手。よし、これから自分勝手に生きよう、と思って簡単にできるものじゃありません。訓練が必要かも。

 

あぁ、あと、いきなり建築家=自分中心という説を覆すようですが・・・、あの丹下健三さんはワンマンじゃなくて、若手の意見も沢山聞いたらしいですね。

丹下さんの意見が通らないこともあったらしい。

そうか。建築家は、他人の意見を尊重する気持ちも大切。「徳」を積もう。

・・・

・・・

・・・

うん、自分には無理でした。

自分勝手じゃなくて、自分らしくするのが一番なんですかね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  2. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  3. 大学教授は上手い商売なのか
  4. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  5. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう

関連記事

  1. 労働のこと

    隈研吾に学ぶ、世の中の空席を見つけ勝つ方法

    僕は建築が嫌いです。いや、元々はそれなりに好きだったんだけど、…

  2. 建築のこと

    CLT建築ってどーなのよ。あれこれ口を出します。

    最近にわかに名前を聞くようになった「CLT」。ツイッターのタイムライン…

  3. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い

    ども、tyazukeです。建築家って基本は自分勝手で偏屈で僕は…

  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について

    ども、tyazukeです。建築家は情報発信に初心だ、と書きまし…

  5. ブログ運営

    環境が変われば未来が変わる、を実体験した話

    ども、tyazukeです。よく、環境を変えれば自分も変わる、と聞きます…

  6. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。

    ども、tyazukeです。「将来、建築家になりたい」という方。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
PAGE TOP