建築業界の分析

最終更新日: 2019.09.29

建築家という生き方を見習おうか。

ども、tyazukeです。

建築の設計をしている方なら、1度は「建築家」に憧れたと思います。

「建築家という生き方」いいですよね。信念があって、生涯現役、やっぱりカッコいいと思います。
建築家という生き方

60や65歳で定年して、ゲートボールやりながらダラダラ過ごすより、建築を夢想する方がカッコいいです。

 

できることなら「かっこいい生き方」をしたい、と思います。もちろん、人それぞれ「かっこいい」の定義は違います。

そこで会社の上司を改めてみてください。それを「かっこいい」と思えるのかどうか。自分の「かっこいい生き方」を判断する、1つの指針になると思います。

 

ちなみに僕は前職で、上司たちを見てきましたが、1人もかっこいいと思う方に出逢えませんでした。

むしろ「こうなっちゃぁお終いだな」と考えていましたね。

「この会社にいたら僕も将来ああなるのか・・・」と思い、結局会社を辞めました。

 

カッコいい大人って、自分の時間を自分でコントロールしている人だと思います。

建築家(有名建築家)の多くは、自分の事務所を持って、自分の考えで、自分の思う建築を設計しています。

中心は「自分」なんです。だから、建築家が設計した建築物は「作品」と呼べるくらい、個性や味がある。

 

昔働いていた事務所の上司は、常に「誰かに使われている」感じでした。まぁ、会社員で相当偉くないと、全て自分中心で動くなんて無理なんですけど。

だからこそ、自分勝手にやっている「建築家という生き方」に憧れるかもしれません。

建築家という生き方

 

自分勝手、自分勝手。よし、これから自分勝手に生きよう、と思って簡単にできるものじゃありません。訓練が必要かも。

 

あぁ、あと、いきなり建築家=自分中心という説を覆すようですが・・・、あの丹下健三さんはワンマンじゃなくて、若手の意見も沢山聞いたらしいですね。

丹下さんの意見が通らないこともあったらしい。

そうか。建築家は、他人の意見を尊重する気持ちも大切。「徳」を積もう。

・・・

・・・

・・・

うん、自分には無理でした。

自分勝手じゃなくて、自分らしくするのが一番なんですかね。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 大学教授は上手い商売なのか
  2. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  3. 中堅組織設計事務所の3つの特徴、大手に転職できる可能性
  4. 図面の縮尺がわからない?縮尺が合わない図面の三角スケールの使い方
  5. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

関連記事

  1. 建築業界の分析

    建築は道路に支配されている、と言う話

    ども、tyazukeです。日本の建築は、「外壁後退距離」という…

  2. 建築業界の分析

    構造設計者が独立したら、何棟設計すれば食えるのか?

    ども、tyazukeです。「構造設計は貴重だから、独立したらす…

  3. 建築業界の分析

    設計事務所での服装は?設計事務所で働いて分かったこと

    ども、tyazukeです。あなたは 「設計事務所での服装」…

  4. 建築業界の分析

    将来、構造設計の仕事は無くなる?人の手より機械の手。

    ごめんなさいね。毎回暗い話が多くて。でもネガティブなのは性分なので。割…

  5. 建築業界の分析

    優秀な構造家が育つ、組織の在り方とは?

    ども、仕事は大してしないのに組織論が好きなtyazukeです。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 設計事務所の実態

    自分で必要・不必要を判断してはいけない、という話
  2. 建築屋さんの転職

    設計事務所から帰れない?僕が実践した事務所から帰る方法3つ
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    資格が無くても一級建築士事務所の社長になれる?
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の試験7日前の過ごし方
  5. 建築業界の分析

    隈研吾氏の新国立競技場、その見どころ3つをまとめた。
PAGE TOP