建築のこと

なぜ僕たちは、橋梁に魅せられるのだろう。

ども、tyazukeです。

建築と土木。

傍からみると同じ分野のように見えて、実は水と油の関係。混じりそうで交わらない関係。

僕が土木から建築に鞍替えした理由の1つに、「土木構造物はカッコ悪い」という感覚があったのだけど、今思えば、そうでもない。

「橋梁」の美は、建築屋さんだって魅せられる。有名建築物にだって負けてない。

ダイナミックで有機的で、力学の合理性がダイレクトに美へ直結する。それが橋梁。

橋の形を読み解く (GAIA BOOKS)

お城巡りより、橋梁巡りの方が楽しそう、と思ってしまうのは僕だけですか?

ただ悲しいかな、土木学生のときの不勉強で、橋梁に関する知識に乏しいです。

構造力学や構造設計の知識は一通りあると思っているから、力学システムは理解できる。

でもやっぱり違いますね。建築物と橋梁は。力学の考え方は共通しているけど、部材断面のスケールが違い過ぎて、いまいち感覚がつかめません。

 

ということで初心者向けの読みものっぽい本を入手しました。

本の大きさは130x170くらいで、持ち運びやすさは抜群です。ポーチなんかに入るサイズ。

読んでみると、なるほど。自分の知らない橋梁の形。構造システムが、こんなにあったんですね。

やっぱり海外の橋梁は洗練されています。気に入ったのは、ニューリーバーゴージ橋。アメリカの橋ですね。耐候性鋼を使っているので、塗装不要という代物。

※耐候性鋼は表面をあらかじめ錆びさせているので、これ以上錆びない。

スパン517mのアーチ橋で、これが1977年の建設。すごいですね~。力学は時が変わっても不変ですね。僕たちが身に付けている技術の基礎って、1977年と大して変わらない、という証拠。

この本、本当に系統だてて整理されているし、写真・スケッチ・文のバランスも良い。1900円するけど、一生ものと思えば安いですかね。

 

この本に載っている橋梁の写真をいくつも眺めていると共通点が。橋梁って景観の一部なんですね。人工物のはずなんですが、そこにあっても悪い気しないというか。

自然に馴染んじゃっている感じ。異物感がないんだよぁ。建築物には出せない味です。

あと、橋梁巡りするなら、やっぱり海外ですかねぇ。

橋の形を読み解く (GAIA BOOKS)

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由
  2. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。
  3. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  4. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  5. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣

関連記事

  1. 建設業界のこと

    例えばマンションの一室で地震が起きたら、まず何をする?

    地震が起きたら、何をするのか? 知らない人も多いのではないでしょうか。…

  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方

    tyazukeです。僕は設計事務所に勤めています。今年で6年目…

  3. 本の紹介

    【書評】あした死ぬかもよ。

    設計事務所で働いている人の中には、設計という仕事に対する疑問や、年をと…

  4. 建築のこと

    建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

    ども、tyazukeです。「あいつ、建築辞めるってよ」というタ…

  5. 労働のこと

    中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

    ども、tyazukeです。この記事を読んでいるということは、設…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP