生きる知恵

田舎育ちの僕が推薦。東京に疲れたあなたが観るべき田舎暮らしの映画

ども、tyazukeです。

僕は田舎で生まれた育ってきたのですが(今は都会暮らし)、都会に疲れることってありますよね。

特に東京は酷くて・・・。東京=人が多い=満員電車=都会やだ=田舎良いという思考に陥ります。

そんなとき旅行雑誌や移住雑誌をバサッと広げて現実逃避するんですけども。百聞は一見にしかず。映画を見るのも良いですよ。今回は、そんな疲れたあなたにお送りする、田舎暮らしを映した映画を1つ紹介します。

思わず「今すぐ移住したい!」と口に出ますよ。

スポンサーリンク

 

疲れた心の毒素が抜ける、デトックス映画「リトルフォレスト」

直訳すると「小さい森」。なぜ小さい森なのか。1つめの理由は「小森」という村を舞台にしているから。2つめの理由は、まさしく小さい森で生きることを描いた映画だから、だと思います。

あらすじはこんな感じ。

『リトル・フォレスト』(little forest)は、五十嵐大介による日本の漫画作品、およびこれを原作とした日本映画。作者自身が岩手県衣川村(現:奥州市)で生活した際の実体験をもとに、大自然に囲まれた小さな集落で暮らす一人の女性の姿が描かれている。

 

実はこの映画、「夏編・秋編」で1つ。「冬編・春編」で1つの映画です。こちらが「夏編・秋編」です。

僕の説明はともかく、この予告編だけでも見て行って!損しないから絶対に!

 

こっちが「冬編・春編」。

 

とまぁ、こんな感じで、田舎で生きること。田舎で自給自足し、食べること。そんな日常にスポットライトをあてた作品です。

とにかく料理が美味しそうで、起伏の無いストーリーが心休まる感じ。良い意味で単調なんです。

 

そんな単調な映画は見たくないって人はおすすめできないけど。でも都会暮らしに疲れた人なら、この映画見たくなるんじゃないかな。

というわけで、おすすめします。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  2. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  3. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  4. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  5. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

関連記事

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について

    ども、tyazukeです。マンションの壁が薄くて悩んでいません…

  2. ブログ運営

    インプットしたら、すぐにアウトプットすべし

    ども、tyazukeです。インプットの重要性を理解している人は…

  3. 生きる知恵

    自分の上司を有無を言わせず交代させるたった1つの方法

    ども、tyazukeです。僕は上司を交代してもらった経験が2度…

  4. 生きる知恵

    自分で必要・不必要を判断してはいけない、という話

    ども、tyazukeです。ブログを書いていると、「また無駄な記…

  5. 生きる知恵

    僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由

    ども、tyazukeです。会社の飲み会って嫌ですよね。嫌々でも…

  6. ブログ運営

    絞っても何も出ませんってくらい、アウトプットしたか?

    ども、tyazukeです。筋トレには「ワークアウト」という専門…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP