生きる知恵

田舎育ちの僕が推薦。東京に疲れたあなたが観るべき田舎暮らしの映画

ども、tyazukeです。

僕は田舎で生まれた育ってきたのですが(今は都会暮らし)、都会に疲れることってありますよね。

特に東京は酷くて・・・。東京=人が多い=満員電車=都会やだ=田舎良いという思考に陥ります。

そんなとき旅行雑誌や移住雑誌をバサッと広げて現実逃避するんですけども。百聞は一見にしかず。映画を見るのも良いですよ。今回は、そんな疲れたあなたにお送りする、田舎暮らしを映した映画を1つ紹介します。

思わず「今すぐ移住したい!」と口に出ますよ。

スポンサーリンク

 

疲れた心の毒素が抜ける、デトックス映画「リトルフォレスト」

直訳すると「小さい森」。なぜ小さい森なのか。1つめの理由は「小森」という村を舞台にしているから。2つめの理由は、まさしく小さい森で生きることを描いた映画だから、だと思います。

あらすじはこんな感じ。

『リトル・フォレスト』(little forest)は、五十嵐大介による日本の漫画作品、およびこれを原作とした日本映画。作者自身が岩手県衣川村(現:奥州市)で生活した際の実体験をもとに、大自然に囲まれた小さな集落で暮らす一人の女性の姿が描かれている。

 

実はこの映画、「夏編・秋編」で1つ。「冬編・春編」で1つの映画です。こちらが「夏編・秋編」です。

僕の説明はともかく、この予告編だけでも見て行って!損しないから絶対に!

 

こっちが「冬編・春編」。

 

とまぁ、こんな感じで、田舎で生きること。田舎で自給自足し、食べること。そんな日常にスポットライトをあてた作品です。

とにかく料理が美味しそうで、起伏の無いストーリーが心休まる感じ。良い意味で単調なんです。

 

そんな単調な映画は見たくないって人はおすすめできないけど。でも都会暮らしに疲れた人なら、この映画見たくなるんじゃないかな。

というわけで、おすすめします。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログを書く時の、ネタ集めの方法とは?
  2. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  3. 優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由
  4. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  5. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」

関連記事

  1. 建築のこと

    建築は自然を壊しているのでは、と言う話

    ども、tyazukeです。地盤調査報告書を読んでおりまして、ふ…

  2. 建築のこと

    AutoCAD歴6年の僕が毎日使う、作業が加速するコマンド6つ

    ども、tyazukeです。僕は普段、設計図の作成でAutoca…

  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について

    ども、tyazukeです。マンションの壁が薄くて悩んでいません…

  4. ブログ運営

    社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法

    ども、tyazukeです。社会人になると自分で自由にできるお金…

  5. 生きる知恵

    営業が普通のトップ技術者と、営業トップの普通技術者はどちらが稼げるか?

    ども、tyazukeです。ふと疑問に思ったのですが、2人の男が…

  6. 生きる知恵

    社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由

    ども、tyazukeです。会社の社員旅行って嫌ですよね。「社員…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  2. 労働のこと

    業界人が教える、本当の一級建築士の年収について
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
PAGE TOP