本の紹介

【書評】本田正信VS石田三成

ども、tyazukeです。

久々に小説を買いました。コレです。 石田三成(秀吉)VS本多正信(家康) (文芸社文庫 し 4-1)

ありきたりなストーリーの小説が多い昨今ですが、やっぱり歴史小説は魅かれるものがありますねぇ。事実は想像より奇なり、と言いますし。

で、この本の時代背景は、秀吉が無くなり前田利家が無くなった後の世。つまり家康が天下統一を成し遂げる一歩手前の世界です。

 

特徴的なのは、家康ではなくて、本田正信と対する石田三成という参謀同士の戦いに焦点をあてたこと。渋いですねぇ。痺れます。

ただ、それだけだと僕は買わなかったんですが、この本の編集者さんが、 【文庫】 それからの三国志 上 烈風の巻 (文芸社文庫)を見出した人という点が、購入を後押し。

 

三国志は、いわゆる魏呉蜀が3つ巴の戦いをした時代、蜀を主人公的な立ち位置で書いた小説です。蜀は結局軍師の諸葛亮孔明が死んで、瞬く間に敗れます。普通の三国志なら主人公の蜀が負けた後は、淡々と物語を終わらせるわけです。

が、それからの三国志は、その淡々と済ませる部分にスポットあてた、というコレマタ渋い作品なんです。

玄人好みの作品、というかね。設定のチョイスが渋いんです、とにかく。

 

歴史小説は好き嫌いが分かれると思います。でも、読まず嫌いってこともある。もちろん王道の歴史小説も楽しいですが、本道じゃない畦道を歩くのも楽しいものでしょ?

 

著者はサラリーマンやりながら執筆活動をしていて、正直本格的な歴史小説には負けます。本格歴史小説で、王道を行きたい人は買わない方が良いです。

さっき言ったように、本道を逸れてみたい天邪鬼な人。まぁ、何となく歴史小説読んでみたいって人にはおすすめです。

で、同本を見出した編集者が世に送り出したもう1つの作品(たしか、元々は自費出版のハズ)。こちらもおすすめ。三国志のサイドストーリー的な感じで楽しめます。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。
  2. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  3. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  4. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  5. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】リフォーム業者選び50のコツ、を読んで。

    リフォーム業者はほとんどが悪徳業者・・・そんな噂が流れた時がありました…

  2. 本の紹介

    【書評】クラウドからAIへを読んで。

    一時期、クラウドという言葉が流行りました。ネット上でデータの相互使用が…

  3. 本の紹介

    地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」②

    「よくわかる地震保険」の書評①に引き続き、第②です。ほんと僕たち技…

  4. 本の紹介

    【書評】あした死ぬかもよ。

    設計事務所で働いている人の中には、設計という仕事に対する疑問や、年をと…

  5. 本の紹介

    【書評】いい家は無垢の木と漆喰で建てる、を読んで

    「いい家は無垢の木と漆喰で建てる」。ハウスメーカーのキャッチフレーズの…

  6. 本の紹介

    本当は教えたくなかった、材料力学の基礎がわかる良書3つ

    ども、tyazukeです。力学が苦手な人にとって、「構造力学」…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  4. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP