建築のこと

建築は自然を壊しているのでは、と言う話

ども、tyazukeです。

地盤調査報告書を読んでおりまして、ふと現地の写真が目に入りました。そこにはヘルメットをかぶったむさ苦しいオジサンと、無限のように広がる原っぱ。

写真は夏ごろに撮ったのか、草は青々として綺麗です。

「こんな原っぱを潰して、わざわざ建築物を建てるのか・・・」と僕はそんな気持ちになりました。

 

「建築とは、未来をつくることである」

と言う先生方もいるけど、どうも単純にその言葉を信じられない。益々、建築という仕事に自信が持てなくなったのです。

今回は、建築は自然を壊している、という話です。

スポンサーリンク

 

空き家が増える一方で、人口は減少する。

日本では新築至上主義が蔓延しています。先進国で、これほど新築にこだわる民族は日本だけなのです。一方少子高齢化で、人口減少は益々進んでいます。

その結果、現在日本にある空き住戸は800万戸以上(※現在ではもっと増えているでしょう)あります。

以前、この問題に言及して下記の記事を書きました。

日本のリフォーム住宅市場と今後について

冒頭、あえて「蔓延」と書いたのは、新築至上主義が誰かが植え込んだ病原菌だと思うからです。

蝕まれた日本の建築業界。テコ入れをするには、これからの時代を担う僕たち若者の意識を変える必要があります。

 

更地に建築物を建てるなら、デザインされた道が良い

僕は建築屋なので、敢えて自分の首を絞める発言をしなくても良いのですが、それでも現状は間違っていると言いたいです。

更地に、安易に建築物を建てるのは違うと思います。確かに、ハードが足りない地域はあるのですが・・・。あまりにもハードに頼りすぎている気がします。

 

個人的には、更地に建築物を建てるのではなく、デザインされた道が良いです。僕は街歩きが好きですが、ちょっとした路地って楽しいですよね。考え無しに建築物を建てても、有効に使われるとは思えない。

だったら道が良いです。ちょっとした小道を造ってくれて、建築家や都市計画家がデザインする。抜け道を造ってくれるだけでも大分違います。

 

まとめ

  • 空き家が増える一方で、人口は減少する。
  • 更地に建築物を建てるなら、デザインされた道が良い
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。
  2. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  3. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  4. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  5. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて

関連記事

  1. 労働

    公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由

    ども、tyazukeです。将来、公務員になりたいと思う学生は多…

  2. 生きる知恵

    モノ嫌いの僕が愛用している、スノーピークのマグカップ

    ども、tyazukeです。僕はモノが嫌いです。必要最低…

  3. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

    ども、tyazukeです。建築家って本当に言葉巧みですよね~。…

  4. 労働のこと

    建築士が成長するための、たった一つの能力について

    ども、tyazukeです。建築士が成長するために、必要な能力っ…

  5. 建築のこと

    未来の建築は動いたっていいじゃない。

    ども、tyazukeです。車の自動運転に向けた研究が目覚しいで…

  6. 建築のこと

    土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

    ども、tyazukeです。僕が学生のころ、土木はダサい、建築は…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  5. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
PAGE TOP