建築のこと

建築は道路に支配されている、と言う話

ども、tyazukeです。

日本の建築は、「外壁後退距離」という概念があります。道路中心線から1mとか1.5m、敷地内の建物外壁を後退させなさい、という基準です。

 

この基準が建物の形状はおろか、容積、面積などに大きく影響します。4方に道路があれば、その分建物はセットバックするわけで・・・。

今回は、建築は道路に支配されている、と言う話です。

スポンサーリンク

 

都市計画家は建築を考えない。建築家は都市計画を考えない。

日本の建築、ひいては街が醜い理由の1つに、道路の計画があるはずです。道路は、普段ただの道としての認識しかありませんが、建築計画に大きな影響を与えます。

つまり、道路の計画は、後に建てられる建築計画や街の形成を考慮して設計するべき。今の日本では、到底そんな状況とは思えません。各人がバラバラと専門家の仕事をしても、おかしな方向に行くだけです。

 

もちろん、建築家も道路のことを考えて設計するべきです(どうすれば良いかはサッパリ検討がつきません)。

ともかく、建築計画に道路が大きく影響する以上、道路をタダの道と考えずに「Desginする」という概念が不可欠のように思います。

 

思い出の道が無くなると、思い出の建築も無くなる

で、僕も実家に帰ると、子供の頃に歩いた道や建築に郷愁を感じるわけですが、数年前に家の近くの道が拡充されたんですね。

その脇に建つ建築は、建築基準法に触れることなく済んだわけですが・・・。その道を歩いても、何だか違う。子供の頃に感じた思い出が全然蘇ってこないわけです。

 

道は一度造ると、物質的にも人間の心にも中々消えないものですが、造り変えてしまうだけで、いとも簡単に無くなってしまうのだなぁと感じました。

道路は単に交通上の機能を満たすだけの存在ではない、ということです。

 

まとめ

  • 都市計画家は建築を考えない。建築家は都市計画を考えない。
  • 思い出の道が無くなると、思い出の建築も無くなる
  • 道路は単に交通上の機能を満たすだけの存在ではない、ということです。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 【書評】本田正信VS石田三成
  4. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  5. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

関連記事

  1. 労働のこと

    中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

    ども、tyazukeです。僕が勤める中小組織設計事務所は、新入…

  2. 建築のこと

    隈研吾が感激したデンマーク料理店Nomaの3つのポイント

    ども、tyazukeです。「いま、デンマークが世界的に注目されてい…

  3. 建築のこと

    なぜ建築物の余裕度は一律1割以上と法律で決めないのか?

    政令36条の3の1項を読むと、建築物はあらゆる荷重に対して一様に安全で…

  4. 労働のこと

    隈研吾に学ぶ、世の中の空席を見つけ勝つ方法

    僕は建築が嫌いです。いや、元々はそれなりに好きだったんだけど、…

  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について

    ども、tyazukeです。マンションの壁が薄くて悩んでいません…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
PAGE TOP