建築のこと

建築は道路に支配されている、と言う話

ども、tyazukeです。

日本の建築は、「外壁後退距離」という概念があります。道路中心線から1mとか1.5m、敷地内の建物外壁を後退させなさい、という基準です。

 

この基準が建物の形状はおろか、容積、面積などに大きく影響します。4方に道路があれば、その分建物はセットバックするわけで・・・。

今回は、建築は道路に支配されている、と言う話です。

スポンサーリンク

 

都市計画家は建築を考えない。建築家は都市計画を考えない。

日本の建築、ひいては街が醜い理由の1つに、道路の計画があるはずです。道路は、普段ただの道としての認識しかありませんが、建築計画に大きな影響を与えます。

つまり、道路の計画は、後に建てられる建築計画や街の形成を考慮して設計するべき。今の日本では、到底そんな状況とは思えません。各人がバラバラと専門家の仕事をしても、おかしな方向に行くだけです。

 

もちろん、建築家も道路のことを考えて設計するべきです(どうすれば良いかはサッパリ検討がつきません)。

ともかく、建築計画に道路が大きく影響する以上、道路をタダの道と考えずに「Desginする」という概念が不可欠のように思います。

 

思い出の道が無くなると、思い出の建築も無くなる

で、僕も実家に帰ると、子供の頃に歩いた道や建築に郷愁を感じるわけですが、数年前に家の近くの道が拡充されたんですね。

その脇に建つ建築は、建築基準法に触れることなく済んだわけですが・・・。その道を歩いても、何だか違う。子供の頃に感じた思い出が全然蘇ってこないわけです。

 

道は一度造ると、物質的にも人間の心にも中々消えないものですが、造り変えてしまうだけで、いとも簡単に無くなってしまうのだなぁと感じました。

道路は単に交通上の機能を満たすだけの存在ではない、ということです。

 

まとめ

  • 都市計画家は建築を考えない。建築家は都市計画を考えない。
  • 思い出の道が無くなると、思い出の建築も無くなる
  • 道路は単に交通上の機能を満たすだけの存在ではない、ということです。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて
  2. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  3. 【書評】本田正信VS石田三成
  4. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  5. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

関連記事

  1. 労働のこと

    石本建築設計事務所に転職した場合の年収について

    皆さん転職したいですか?前回、安井建築設計事務所の記事を案外読…

  2. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  3. ブログ運営

    建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

    ども、tyazukeです。ブログを書き続けて2年経ちました。当…

  4. 労働のこと

    建築業で独立する人に共通する、たった4つのこと

    ども、tyazukeです。建築の世界で独立する人って案外います…

  5. 建築のこと

    AutoCAD歴6年の僕が毎日使う、作業が加速するコマンド6つ

    ども、tyazukeです。僕は普段、設計図の作成でAutoca…

  6. 建築のこと

    四号建物は構造計算書が必要ないのか?

    「四号建物は構造計算書が必要ない」。僕が1年目のころ、そういわれました…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP