建築業界の分析

最終更新日: 2017.10.4

建築は道路に支配されている、と言う話

ども、tyazukeです。

日本の建築は、「外壁後退距離」という概念があります。道路中心線から1mとか1.5m、敷地内の建物外壁を後退させなさい、という基準です。

 

この基準が建物の形状はおろか、容積、面積などに大きく影響します。4方に道路があれば、その分建物はセットバックするわけで・・・。

今回は、建築は道路に支配されている、と言う話です。

スポンサーリンク

 

都市計画家は建築を考えない。建築家は都市計画を考えない。

日本の建築、ひいては街が醜い理由の1つに、道路の計画があるはずです。道路は、普段ただの道としての認識しかありませんが、建築計画に大きな影響を与えます。

つまり、道路の計画は、後に建てられる建築計画や街の形成を考慮して設計するべき。今の日本では、到底そんな状況とは思えません。各人がバラバラと専門家の仕事をしても、おかしな方向に行くだけです。

 

もちろん、建築家も道路のことを考えて設計するべきです(どうすれば良いかはサッパリ検討がつきません)。

ともかく、建築計画に道路が大きく影響する以上、道路をタダの道と考えずに「Desginする」という概念が不可欠のように思います。

 

思い出の道が無くなると、思い出の建築も無くなる

で、僕も実家に帰ると、子供の頃に歩いた道や建築に郷愁を感じるわけですが、数年前に家の近くの道が拡充されたんですね。

その脇に建つ建築は、建築基準法に触れることなく済んだわけですが・・・。その道を歩いても、何だか違う。子供の頃に感じた思い出が全然蘇ってこないわけです。

 

道は一度造ると、物質的にも人間の心にも中々消えないものですが、造り変えてしまうだけで、いとも簡単に無くなってしまうのだなぁと感じました。

道路は単に交通上の機能を満たすだけの存在ではない、ということです。

 

まとめ

  • 都市計画家は建築を考えない。建築家は都市計画を考えない。
  • 思い出の道が無くなると、思い出の建築も無くなる
  • 道路は単に交通上の機能を満たすだけの存在ではない、ということです。
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  2. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて
  3. 中小規模の設計事務所の年収は?おすすめできない理由5つ
  4. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  5. 鉄骨階段の、ササラの検討方法

関連記事

  1. 建築業界の分析

    「日本再興戦略 2016 ―第4次産業革命に向けて―」を読んだ感想。

    国交省のHPからPDFでダウンロードできるコレ⇒日本再興戦略 2016…

  2. 建築業界の分析

    大手設計事務所の図面を拝見。スッキリしてとても見やすい件。

    ひょんなことから、大手組織設計事務所さんの図面を手に入れました。といっ…

  3. 建築業界の分析

    空き家問題を正しく知る、9つのTips。

    このブログを読んでいる方ならご存知ですが、これまで空き家問題を書いてき…

  4. 建築業界の分析

    これで成功できる!ノーマンフォスターの教え、戦略とは?

    ども、tyazukeです。イギリスの有名建築家ノーマンフォスタ…

  5. 建築業界の分析

    中古住宅市場は成長産業? あと10年後、ストックビジネスがくる!

    今回は、10年後はストックビジネスがくる! ということで考察します。と…

  6. 建築業界の分析

    『・・・しないでもない』って。結局何が言いたいの?

    日本人は本当に言葉の使い方が巧ですよね。いや、悪い意味で。仕事では、曖…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築屋さんの転職

    独立した設計者の仕事ぶりを、リーマン設計士と比較してみた
  2. 建築業界の分析

    建築素人におすすめする、建築物の見方について
  3. 建築業界の分析

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件
  4. 建築屋さんの転職

    構造設計を辞めたい?理由、辛かった体験談と退職理由、転職先の調べ方
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法
PAGE TOP