建築のこと

建築は道路に支配されている、と言う話

ども、tyazukeです。

日本の建築は、「外壁後退距離」という概念があります。道路中心線から1mとか1.5m、敷地内の建物外壁を後退させなさい、という基準です。

 

この基準が建物の形状はおろか、容積、面積などに大きく影響します。4方に道路があれば、その分建物はセットバックするわけで・・・。

今回は、建築は道路に支配されている、と言う話です。

スポンサーリンク

 

都市計画家は建築を考えない。建築家は都市計画を考えない。

日本の建築、ひいては街が醜い理由の1つに、道路の計画があるはずです。道路は、普段ただの道としての認識しかありませんが、建築計画に大きな影響を与えます。

つまり、道路の計画は、後に建てられる建築計画や街の形成を考慮して設計するべき。今の日本では、到底そんな状況とは思えません。各人がバラバラと専門家の仕事をしても、おかしな方向に行くだけです。

 

もちろん、建築家も道路のことを考えて設計するべきです(どうすれば良いかはサッパリ検討がつきません)。

ともかく、建築計画に道路が大きく影響する以上、道路をタダの道と考えずに「Desginする」という概念が不可欠のように思います。

 

思い出の道が無くなると、思い出の建築も無くなる

で、僕も実家に帰ると、子供の頃に歩いた道や建築に郷愁を感じるわけですが、数年前に家の近くの道が拡充されたんですね。

その脇に建つ建築は、建築基準法に触れることなく済んだわけですが・・・。その道を歩いても、何だか違う。子供の頃に感じた思い出が全然蘇ってこないわけです。

 

道は一度造ると、物質的にも人間の心にも中々消えないものですが、造り変えてしまうだけで、いとも簡単に無くなってしまうのだなぁと感じました。

道路は単に交通上の機能を満たすだけの存在ではない、ということです。

 

まとめ

  • 都市計画家は建築を考えない。建築家は都市計画を考えない。
  • 思い出の道が無くなると、思い出の建築も無くなる
  • 道路は単に交通上の機能を満たすだけの存在ではない、ということです。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  2. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  3. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  4. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  5. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について

関連記事

  1. 建築のこと

    街中にある、とんでも建築を見つけたよ。

    街中にあるとんでも建築。絶対に設計してはならない、と思いつつこっそり見…

  2. 建築のこと

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話

    ども、tyazukeです。今朝、こんなニュースを目にしました。…

  3. 建築のこと

    絶対に見るべき、隈研吾が設計した建築物5選

    ども、tyazukeです。僕が好きな建築家の1人、隈研吾氏は木…

  4. 建築のこと

    クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

    ども、tyazukeです。クレーンが走行する場合、それを受ける…

  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法

    ども、tyazukeです。そろそろ一級建築士を取りたいなぁ、と…

  6. 建築のこと

    ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

    ども、tyazukeです。アナログ派のご老人に困ったことはあり…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  2. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP