ブログ運営

質の良いコタツ記事を大量生産して、ニッチなキーワードを制覇するという戦略

ども、tyazukeです。

ブログの専門用語に、コタツ記事という言葉があるみたいですね。僕はこのブログを読んで初めて知りました(クロネコさんのブログ)。

※コタツ記事 調査を必要無しに書く記事のこと。文字通り、コタツに入りながら一歩も動かずに書く記事。

 

そんな言葉があるとは知らずに、僕はコタツ記事を大量生産しています。コタツ記事はとにかく生産までの過程が早い。

頭の中で思いつくことを書くだけですから。普通のライティングにかかる時間の1割くらいの手間です。

 

で、最近思うのはコタツ記事を大量生産して、ニッチなキーワードを制覇すれば、案外PVとれるんじゃない、を考えてみました。

スポンサーリンク

 

コタツ記事のメリットは生産の速さ。

先に述べましたが、コタツ記事最大のメリットは生産の速さです。頭で思いつきたことを記事にするだけなので、そりゃあ早い。

僕の実体験として、コタツ記事なら最低10分あれば1記事、1000文字で書けます。僕は1日中コタツ記事を書いた日があって、20記事を量産したこともある。

 

ブログは数だ、という意見もいまだに根強いし、それは事実だと思います。そういう意味では、コタツ記事はブログの大きな力になるでしょう。

 

コタツ記事×専門分野で、最速と質を共存可能にする。

とは言っても、やはりブログの質も重視される昨今。ゴミみたいな記事をいくら大量生産してもねぇ、という声も聞こえてきそうです。

確かにコタツ記事は、大量生産するだけに質が不安です。例えば雑誌に掲載される記事の中には、何日もかけて取材をするくらいですから。

 

僕の提案は、「専門分野を書け」ということ。もしなければ、まずは専門分野をつくるべし。僕の場合なら建築が専門です。

普段、建築のことを仕事にしているから、一般の方だと下調べが必要な記事もコタツ記事で書けてしまう。

この方法なら、コタツ記事と言えど、最低限の質は保たれると思います。

 

ニッチなキーワードなら、コタツ記事でも上位をとれる。

もう1つコタツ記事で勝つためのポイントがあります。それはニッチなキーワードを狙え、ということ。

結局、コタツ記事はコタツ記事でしかないわけで。いくら専門分野を駆使しても、しっかり調査した記事には敵わない。

 

だったら戦うフィールドを変えてしまえ、ということ。ブログは誰にでも始められる一方、競争過多になりやすい。書きやすいキーワードなら、なおさら。猛者が集うフィールドで、コタツ記事を投入しても検索順位は上位を狙えません。

だからニッチなフィールドで戦うんです。例えば僕は、キーワードプランナーで表示される検索ボリュームの「100~1000」当たりを狙っています。誰も競合しない未開の土地だし、一方で専門的な内容だから書き手がいない。そんなキーワードを大量生産する。

 

現に僕のブログは、上記のようなニッチなキーワードで1位表示をいくつも実現しています。仮に1000PV/月の検索ボリュームで、1位表示できたとしましょう。1位表示されて、そのブログのクリック率は30%くらいだから、月間300pv。この1記事だと心ともないですが、コタツ記事は大量生産が可能。

 

あとは数百、数千もの記事を投下すればいいだけのこと。1000記事書けば、

  • 1000×300=30万PVだ。

収益で言えば、10万/月は十分達成できるでしょう。

 

まとめ

  • コタツ記事のメリットは生産の速さ。
  • コタツ記事×専門分野で、最速と質を共存可能にする。
  • ニッチなキーワードなら、コタツ記事でも上位をとれる。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  2. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  3. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  4. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ
  5. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

関連記事

  1. ブログ運営

    社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法

    ども、tyazukeです。社会人になると自分で自由にできるお金…

  2. ブログ運営

    ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット

    ども、tyazukeです。9月は自分の中で目標がありまして、そ…

  3. ブログ運営

    ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話

    ども、tyazukeです。ブログ記事のネタが見つからなくて困っ…

  4. ブログ運営

    この建築系ブログを使って、何をやりたいか考えた

    ども、tyazukeです。このブログを始めて2年以上経ちました…

  5. ブログ運営

    【さらば建築業界】退職できました。【ありがとう建築】

    皆様おつかれさまです。はい。何を隠そう、退職しました(できまし…

  6. ブログ運営

    ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。

    ども、tyazukeです。ブログは続けることでアクセスを伸ばす…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP