本の紹介

【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

ども、tyazukeです。

僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生活系や建築系雑誌を読んでおります。生活系なら& Premiumだし、建築系ならゴリゴリの建築雑誌よりも Casa BRUTUSが好きです。

ほぼ毎月のように雑誌を購入していますが、今月は少し変わり種の雑誌を購入。コレです。

ジャンルとしてはアウトドア雑誌。僕は案外アウトドアが好きなんですが、雑誌を買うのは初めて。

というのも今月の企画にベタ惚れしたんです。

 

その名も、「野生美食倶楽部」

趣旨としては、自分の身の回りにも簡単に採って食える野生動植物がある、から食っちゃおうゼというもの

「え!じゃあ表紙の可愛い動物も食っちゃったってこと?気持ちわりィ!」と思うのは早計です。

 

僕たちが毎日食っている肉も、実は養豚場や養鶏場で誰かが締めて食肉として出荷されているわけで。

豚や鳥、牛から見れば鬼畜なんですよ。太らせて食うわけですから。その行為は、自然の弱肉強食のルールから逸脱していて、ヴィーガンや狩猟系の人たちからすれば悪魔的な行為。

 

もちろん、この雑誌を読んだからといって、スーパーの肉を食うことを辞めるわけではないですが。意識するだけでも、大分違う。

元々僕は、昆虫を気持ち悪いと思わないし、ゲテモノに耐性があるのか、気持ち悪さは全く感じませんでした。

「へー勉強になるなぁ」と。

 

見落としがちな「命のやり取り」を再確認する、という意味でも有効な雑誌。

あるいは、何らかの状況で、スーパーから肉や魚が手に入らなかったとき、僕たちは自分の手で食い物を見つける必要があるわけで。

「じゃあ野生には、どんな食料があるの?」という、生きる上で根源的な情報がこの雑誌には詰まっています。

 

ちなみに表紙の動物はヌートリア。写真をみると、確かに旨そうな肉です。歯ごたえがありそうな、上質な鶏肉を思わせます。

それを見るだけでも、一見の価値ありです。シツコイですが、もう一度この表紙を掲載しておきます。雑誌の中で、この可愛い動物を食っています。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  2. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  3. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  4. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  5. 杭施工誤差が生じた時の対処法について

関連記事

  1. 生きる知恵

    会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは

    ども、tyazukeです。会社をズル休みした経験ありますか?…

  2. 本の紹介

    【書評】生き延びるための地震学入門を読んで。

    建物の構造設計やってます、と言うと地震に物凄く詳しいと思われます。いや…

  3. 本の紹介

    【どんでん返し系】名古屋を舞台にした警察もの小説を読んだ

    ども、tyazukeです。警察もの小説割と好きなんですが、一時…

  4. 本の紹介

    【書評】もっと知りたい!リフォーム&中古住宅売買の基礎知識、を読んで。

    今日は、こんな本を読んでみました。まず頁をめくり、「はじめに」…

  5. ブログ運営

    1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

    ども、tyazukeです。入社して間もない頃は、業務を遂行する…

  6. 本の紹介

    【書評】住まいを守る耐震性入門、を読んで

    住宅と言えば一般的に「木造住宅」のことを指す。木は何とも使い勝手が悪い…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  4. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  5. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
PAGE TOP