本の紹介

【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

ども、tyazukeです。

僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生活系や建築系雑誌を読んでおります。生活系なら& Premiumだし、建築系ならゴリゴリの建築雑誌よりも Casa BRUTUSが好きです。

ほぼ毎月のように雑誌を購入していますが、今月は少し変わり種の雑誌を購入。コレです。

ジャンルとしてはアウトドア雑誌。僕は案外アウトドアが好きなんですが、雑誌を買うのは初めて。

というのも今月の企画にベタ惚れしたんです。

 

その名も、「野生美食倶楽部」

趣旨としては、自分の身の回りにも簡単に採って食える野生動植物がある、から食っちゃおうゼというもの

「え!じゃあ表紙の可愛い動物も食っちゃったってこと?気持ちわりィ!」と思うのは早計です。

 

僕たちが毎日食っている肉も、実は養豚場や養鶏場で誰かが締めて食肉として出荷されているわけで。

豚や鳥、牛から見れば鬼畜なんですよ。太らせて食うわけですから。その行為は、自然の弱肉強食のルールから逸脱していて、ヴィーガンや狩猟系の人たちからすれば悪魔的な行為。

 

もちろん、この雑誌を読んだからといって、スーパーの肉を食うことを辞めるわけではないですが。意識するだけでも、大分違う。

元々僕は、昆虫を気持ち悪いと思わないし、ゲテモノに耐性があるのか、気持ち悪さは全く感じませんでした。

「へー勉強になるなぁ」と。

 

見落としがちな「命のやり取り」を再確認する、という意味でも有効な雑誌。

あるいは、何らかの状況で、スーパーから肉や魚が手に入らなかったとき、僕たちは自分の手で食い物を見つける必要があるわけで。

「じゃあ野生には、どんな食料があるの?」という、生きる上で根源的な情報がこの雑誌には詰まっています。

 

ちなみに表紙の動物はヌートリア。写真をみると、確かに旨そうな肉です。歯ごたえがありそうな、上質な鶏肉を思わせます。

それを見るだけでも、一見の価値ありです。シツコイですが、もう一度この表紙を掲載しておきます。雑誌の中で、この可愛い動物を食っています。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  2. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  3. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・
  4. 【書評】本田正信VS石田三成
  5. 有名建築家になるためのメディア戦略について

関連記事

  1. 生きる知恵

    友達の居ない独身社会人が、休日を楽しく過ごせる場所3つ

    ども、tyazukeです。独身って自由なんですけど、社会人にな…

  2. 労働のこと

    中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

    ども、tyazukeです。僕が勤める中小組織設計事務所は、新入…

  3. 本の紹介

    【書評】意識すれば普段の生活をアウトドアに!「人間の基本」を読んで。

    僕は田舎生まれ、田舎育ち。でも今は都会に住んでいます。都会で仕事し…

  4. 本の紹介

    【書評】主婦建築家が考えた「住みやすいリフォーム」114の知恵、を読んで

    最近はただの「建築家」ではインパクトに欠ける。「〇○建築家」としないと…

  5. 本の紹介

    【書評】実例でわかる 工作しやすい鉄骨設計

    僕が構造設計を始めた頃、一番わからなかったことが基礎の設計と部材接合部…

  6. 本の紹介

    どんなにツマラナイ本でも最後まで読み通すことが大切

    ツマラナイ本って山ほどあります。そりゃぁ、本の数が数十万とか、世界には…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP