本の紹介

【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

ども、tyazukeです。

僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生活系や建築系雑誌を読んでおります。生活系なら& Premiumだし、建築系ならゴリゴリの建築雑誌よりも Casa BRUTUSが好きです。

ほぼ毎月のように雑誌を購入していますが、今月は少し変わり種の雑誌を購入。コレです。

ジャンルとしてはアウトドア雑誌。僕は案外アウトドアが好きなんですが、雑誌を買うのは初めて。

というのも今月の企画にベタ惚れしたんです。

 

その名も、「野生美食倶楽部」

趣旨としては、自分の身の回りにも簡単に採って食える野生動植物がある、から食っちゃおうゼというもの

「え!じゃあ表紙の可愛い動物も食っちゃったってこと?気持ちわりィ!」と思うのは早計です。

 

僕たちが毎日食っている肉も、実は養豚場や養鶏場で誰かが締めて食肉として出荷されているわけで。

豚や鳥、牛から見れば鬼畜なんですよ。太らせて食うわけですから。その行為は、自然の弱肉強食のルールから逸脱していて、ヴィーガンや狩猟系の人たちからすれば悪魔的な行為。

 

もちろん、この雑誌を読んだからといって、スーパーの肉を食うことを辞めるわけではないですが。意識するだけでも、大分違う。

元々僕は、昆虫を気持ち悪いと思わないし、ゲテモノに耐性があるのか、気持ち悪さは全く感じませんでした。

「へー勉強になるなぁ」と。

 

見落としがちな「命のやり取り」を再確認する、という意味でも有効な雑誌。

あるいは、何らかの状況で、スーパーから肉や魚が手に入らなかったとき、僕たちは自分の手で食い物を見つける必要があるわけで。

「じゃあ野生には、どんな食料があるの?」という、生きる上で根源的な情報がこの雑誌には詰まっています。

 

ちなみに表紙の動物はヌートリア。写真をみると、確かに旨そうな肉です。歯ごたえがありそうな、上質な鶏肉を思わせます。

それを見るだけでも、一見の価値ありです。シツコイですが、もう一度この表紙を掲載しておきます。雑誌の中で、この可愛い動物を食っています。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  2. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  3. 建築は道路に支配されている、と言う話
  4. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  5. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

関連記事

  1. 生きる知恵

    友達の居ない独身社会人が、休日を楽しく過ごせる場所3つ

    ども、tyazukeです。独身って自由なんですけど、社会人にな…

  2. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  3. ブログ運営

    ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう

    ども、tyazukeです。僕には目標がありまして。それは、9月…

  4. 本の紹介

    【書評】私があなたを殺した、を読んで

    東野圭吾の本格ミステリの1つ。「私があなたを殺した」を読みました。本格…

  5. ブログ運営

    アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件

    ども、tyazukeです。僕は本が好きです。小さい頃は絵本、小…

  6. 建築のこと

    建築は自然を壊しているのでは、と言う話

    ども、tyazukeです。地盤調査報告書を読んでおりまして、ふ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP