ブログ運営

ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話

ども、tyazukeです。

ブログ記事のネタが見つからなくて困っていませんか?そういう人の多くは、1つ1つの記事を、全て新しいジャンルで書こうとしがち。

でもブログの読者は、意外にも類似記事や関連記事を読んでくれる傾向があります。例えば

  • 土間コンクリートとスラブの違いについて

という記事があれば、これに類似する記事を思いつきます。

  • 土間コンクリートが、軟弱地盤に不向きな3つの理由
  • 土間スラブが、軟弱地盤でも使える3つの理由。

というように。つまり1つの記事ネタが思いつけば、そこから派生した類似記事が、複数個見つかるのです。

ということで今回は、ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話をします。

スポンサーリンク

 

比較記事なら、1つの対象に対して詳細な記事を書く

このブログでは、よく比較記事を書きます。例えば用語の説明ですね。冒頭紹介した「土間コンクリートとスラブの違い」に関する記事もその1つ。

で、この記事の読者は、2つの事柄の違いを知りたい一方で、それぞれの対象について詳細に知りたい人もいる。

 

繰り返しになりますが、「土間コンクリートと土間スラブの違い」から「土間コンクリート」と「スラブ」の詳細な情報を取り入れようと思っているのです。

要は比較記事を1つ思いつけば、最低でもプラス2記事が増える計算です。こういったブログの書き方は、内部リンクを強化する目的で多くのブロガーが実践しています。

 

1つのキーワードから連想できるキーワードを探す

もう1つの手法は、1つのキーワードから連想できるキーワードを探すこと。「土間コンクリートと土間スラブの違い」を例にします。

※下記は建築屋さんしか共通認識がないかもしれませんので、あしからず。

 

「土間コンクリートとスラブの違い」というネタを思いつけば、そこから派生して、「土間コンクリートとスラブの配筋の違い」が連想できます。また「土間コンクリートとスラブの図面の描き方の違い」なども。

あるいは、土間コンクリート⇒スラブ⇒土間スラブ⇒床スラブ・・・のように、連鎖的に類似キーワードを拾うことができるのです。

 

実際、土間スラブ、床スラブというキーワードは検索ボリュームがある程度あります(その用語が正しいかどうかは置いといて)。

 

まとめ

  • 比較記事なら、1つの対象に対して詳細な記事を書く
  • 1つのキーワードから連想できるキーワードを探す

比較する対象を変えてみたり、比較する方法をかえてみる。比較する対象を詳細に書くなど、1つの記事から様々な視点で連想すればネタは連鎖的に増えます。

さらに、類似記事は1つの記事から内部リンクを貼ってドメインパワーを強くする。効果的なやり方だと思っています。

参考に成れば幸いです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  2. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・
  3. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  4. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  5. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

関連記事

  1. ブログ運営

    建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログを始めて1年かかって100記事…

  2. ブログ運営

    建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?

    ども、tyazukeです。ついに当ブログの記事数が500記事を…

  3. ブログ運営

    この建築系ブログを使って、何をやりたいか考えた

    ども、tyazukeです。このブログを始めて2年以上経ちました…

  4. ブログ運営

    環境が変われば未来が変わる、を実体験した話

    ども、tyazukeです。よく、環境を変えれば自分も変わる、と聞きます…

  5. ブログ運営

    建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

    ども、tyazukeです。ブログを書き続けて2年経ちました。当…

  6. ブログ運営

    ブログで他人が共感する記事を書く方法とは?

    ども、tyazukeです。ブログを書くとき、話題だけ提供して読…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP