管理人のこと

設計事務所の徒弟制度は組織が育たない最大の悪だと思う。

4月になって、うちの事務所にも新入社員が入社しました。それも構造設計志望者です。構造設計をやりたい人は少ないので、貴重な人材です。

ところで、設計事務所はOJT文化はなく従弟制度が色濃く残ります。先輩たちが丁寧に仕事を教えることは無いです。仕事は見て覚えろということ。

でも、これっておかしいですよね?門外不出、先祖伝来の秘技を授けるわけでもありません。キチッと訓練したほうが会社にとっても有益なことが多いはず。

なぜ設計事務所は、OJTが広まらないのでしょうか。今回は、新人教育にスポットライトを当ててみました。

スポンサーリンク

 

忙しすぎて教えられる暇が無い。

設計事務所は忙しい仕事の部類に入ると思います。提出ギリギリまで図面の修正がありますから。

先輩方もとにかく忙しい。そうすると、新人を構っている時間なんてない。そんな時間があるんだったら、仕事を早く終わらせたいのです。

 

上司(老害)の目が気になる。

上司が古臭い考えを持っている場合、下手に新人教育すると逆に怒られます。彼らの目が気になるから、構ってあげたくても何もできないかもしれません

 

設計者ごとに考えが違う。

設計者ごとに設計思想が異なるのも、下手に新人教育ができない理由かもしれません。A先輩とB先輩の言っていることが違えば、新人は混乱します。

本当なら組織で統一した設計思想を持つべき。それができないのは、設計事務所に転職者が多いから。なぜ転職者が多いのか?それは労働条件が悪いから。

 

結論:古臭い設計事務所は淘汰されるべき。

設計に流派があるなら、徒弟制度でもいいと思います。安藤流とか伊藤流みたいに。つまりアトリエ事務所の存在は○。

一方、欧米諸国の真似で株式会社つくって立派な組織面しておいて、新人教育もまともにできない設計事務所はいりません。

1年目の僕はそう考えていましたが、5年目になった今でも同じことを思っています。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  2. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ
  3. 【書評】本田正信VS石田三成
  4. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  5. 二級建築士の受験資格について

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    3人の構造家と1人の研究者と会った話。

    社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したこと…

  2. 生きる知恵

    本を読破できない人に試してほしい、たった一つの方法

    ども、tyazukeです。突然ですが、皆さんはこんな悩みをもっ…

  3. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。

    ども、tyazukeです。設計職を希望する方の中には「組織設計…

  4. 建設業界のこと

    設計事務所で仕事がしたい!大卒、大学院卒どちらが得?

    僕は理系大学院卒で組織設計事務所に入所しました。設計をやる人間は院卒が…

  5. 管理人のこと

    管理人が最近考えていること。地方移住について。

    仕事が疲れたなあ・・・。最近、精神的な衛生状態が良くないです。まあ、鬱…

  6. 設計事務所に関すること

    暇な季節がきた。仕事が無いときは全然ない。

    4月です。暇です。3月は目が回るほど忙しかったのに。建設業は公共工事が…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP