管理人のこと

設計事務所の徒弟制度は組織が育たない最大の悪だと思う。

4月になって、うちの事務所にも新入社員が入社しました。それも構造設計志望者です。構造設計をやりたい人は少ないので、貴重な人材です。

ところで、設計事務所はOJT文化はなく従弟制度が色濃く残ります。先輩たちが丁寧に仕事を教えることは無いです。仕事は見て覚えろということ。

でも、これっておかしいですよね?門外不出、先祖伝来の秘技を授けるわけでもありません。キチッと訓練したほうが会社にとっても有益なことが多いはず。

なぜ設計事務所は、OJTが広まらないのでしょうか。今回は、新人教育にスポットライトを当ててみました。

スポンサーリンク

 

忙しすぎて教えられる暇が無い。

設計事務所は忙しい仕事の部類に入ると思います。提出ギリギリまで図面の修正がありますから。

先輩方もとにかく忙しい。そうすると、新人を構っている時間なんてない。そんな時間があるんだったら、仕事を早く終わらせたいのです。

 

上司(老害)の目が気になる。

上司が古臭い考えを持っている場合、下手に新人教育すると逆に怒られます。彼らの目が気になるから、構ってあげたくても何もできないかもしれません

 

設計者ごとに考えが違う。

設計者ごとに設計思想が異なるのも、下手に新人教育ができない理由かもしれません。A先輩とB先輩の言っていることが違えば、新人は混乱します。

本当なら組織で統一した設計思想を持つべき。それができないのは、設計事務所に転職者が多いから。なぜ転職者が多いのか?それは労働条件が悪いから。

 

結論:古臭い設計事務所は淘汰されるべき。

設計に流派があるなら、徒弟制度でもいいと思います。安藤流とか伊藤流みたいに。つまりアトリエ事務所の存在は○。

一方、欧米諸国の真似で株式会社つくって立派な組織面しておいて、新人教育もまともにできない設計事務所はいりません。

1年目の僕はそう考えていましたが、5年目になった今でも同じことを思っています。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  2. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  3. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  4. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  5. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話

関連記事

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件

    ども、tyazukeです。マイナビエージェント(転職サイト)を…

  2. 労働のこと

    時間で変わると思っている?怒られる人は60歳になっても怒られるよ。

    いつの間にか28歳になりました。30歳を手前にして思うことがあります。…

  3. 建設業界のこと

    防腐処理していない木材を使って柱が折れた話

    誤解のあるタイトルですが、建物の話では無いのであしからず。以前、実家の…

  4. 構造設計に関すること

    設計ミスをした先輩。会社と社長は守ってくれなかった。

    僕の先輩の悲しい話。先輩はそれはもう働き者です。僕が勤めている事務所に…

  5. 構造設計に関すること

    【定期報告】ブレース構造からラーメン構造へ変更。【構造設計辞めたい】

    これまで構造設計辞めたい辞めたい言ってきましたが、定期報告しようと思い…

  6. 労働のこと

    【続5】新入社員がいきなり仕事できると思うなよ。

    新入社員のB君。1週間の欠勤から復活して今は会社に出てきています。しか…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP