生きる知恵

僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方

ども、tyazukeです。

社会人になって初めて海外へ行きました。オーストラリアのパースです。

オーストラリアはシドニーのように高層ビルが乱立する市街地があれば、エアーズロックやグレートバリアリーフのような大自然を有している国です。

 

オーストラリアは島国で、独特の文化を形成してきた国ですが、治安も良く海外初心者にもおすすめの国。僕はそんなオーストラリアにどことなく親近感を覚えるんですよ。

同じ島国で、治安も良くて。大都会もあれば、大自然もある国。

 

さて、パースはオーストラリアの大自然が魅力の都市です。今回は、そんなパースでみた緩い働き方と緩い生活について紹介します。

スポンサーリンク

 

パースはどんな街か?

下記、Wikiより。

パース(Perth)は、オーストラリア連邦の西オーストラリア州の州都である。人口は200万人(都市圏人口。パース市の人口は約9000人)を超え、同州では最大、オーストラリアでは第4の都市である。また、オセアニア有数の世界都市である。

 

辺りにコンビニは無いし、スーパーも少ない。18時頃には街は暗かった

そんな自然豊かな街パースですが、僕がウロウロした地域にはコンビニが有りませんでした。その代り車で離れたところにイオンモールのようなショッピングモールがあって、記憶が正しければ大きな建物はそれだけです。

僕が一番驚いたことは、パースはとても夜が早い。感覚的には17~18時頃には店もしまって、辺りが薄ら暗くなっていたと思います。

 

夜の20時になれば、もう本当に真っ暗。「皆、寝たのかな?」というくらい暗くて、日本の夜中とのギャップを受けましたね。

僕の住んでいる地域は、 それなりに田舎ですが半径1km以内にコンビニは5軒以上はあるし、遅くまで仕事をしているのか電気が付いているビルもある。パースの暗さに比べたら、日本の夜は随分と明るい。

日本は何かが間違っている、そう思いましたね。

 

パースには何もない。それを楽しめるかどうかは器量の問題だ

上記の説明を読むと、「パースは飽きそう、刺激が無い、遊ぶところが無い」と思うかもしれません。

しかし僕が見る限り、パースに住む人たちにそんな気配は微塵もありませんでした。むしろ、何もない生活を楽しんでいます。例えば、休日はビーチで泳いだり、友人とバーベキューしてのんびりする。

 

自然から受ける楽しみ・恵みを享受して暮らしているんです。

つまり、「何もない」と思うかどうかは、その人の器量の問題。都会じゃないと楽しめない、という人は、どこか毒されているんだと思います。

 

パースから学ぶ、「緩く生きる」という提案

そうしてパースに3日間くらい滞在しましたが、パース市民の「緩く生きる」が僕にはすごく合っている気がしました。

とは言っても、自堕落的にパチンコしたり、ギャンブルに現を抜かすという意味ではありません。上手く言えませんが、例えるなら「くつろぎながら日々を暮らすこと」

 

その生活を可能にするためには、決められた時間に会社へ行き、遅くまで仕事をする。この型に嵌った生活を辞めるべきだし、現代社会と一歩距離を置く必要があるかも、だけど。

案外そういった生活が向いている人って多いと思うんですよ。実際、パースの人たちは「そう生きているように」見えるし。だったら僕たちにもできる。

忙しくバリバリ仕事をする生活を否定はしませんけどね・・・何か違うなぁと。

 

まとめ

  • 辺りにコンビニは無いし、スーパーも少ない。18時頃には街は暗かった
  • パースには何もない。それを楽しめるかどうかは器量の問題だ
  • パースの人々は、くつろぎながら日々を暮らしている

というわけで、オーストラリアはもう一度行きたい国です。今回紹介したような生活は、多分日本でも可能。

 

例えば、下記の本では平屋に住む人たちが、自分の好きなことをやりながら緩く生きています。羨ましい・・・と思うだけじゃなくて、自分も実践しなきゃ。

 

こちらは沖縄県に住む人々の緩い暮らしが読める本。やっぱり沖縄は緩いですよねぇ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  2. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  3. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  4. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  5. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

関連記事

  1. 生きる知恵

    営業が普通のトップ技術者と、営業トップの普通技術者はどちらが稼げるか?

    ども、tyazukeです。ふと疑問に思ったのですが、2人の男が…

  2. 労働のこと

    中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

    ども、tyazukeです。僕が勤める中小組織設計事務所は、新入…

  3. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  4. 生きる知恵

    有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス

    ども、tyazukeです。去年のことですが、僕は20日以上あっ…

  5. 生きる知恵

    会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは

    ども、tyazukeです。会社をズル休みした経験ありますか?…

  6. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP