建築のこと

駐輪場の屋根は、折板ではなくテントを張れば良いんじゃない?

ども、tyazukeです。

駐輪場を設計する機会がありました。片持ち柱に片持ち梁、屋根は折板です。構造設計的には、なんてことありません。

ただし注意点もいくつかあります。それは下記の記事を参考にしてください。

屋根に折板を使うときの注意点3つ。

 

で、設計すると思うのですが、「駐輪場に折板使う必要あるか?」と思います。そもそも、駐輪場という用途は、自転車が濡れずに済めば十分。

だったら屋根は膜でもいいですよね。むしろ膜なんて高級な材料じゃなくて、テントを張れば用は足りる。そう思いませんか?

スポンサーリンク

 

地震が起きて、屋根が落ちたらどうなるか?

例えば、地震が起きて屋根が落ちたらどうなるでしょうか?

もちろん屋根が落ちないように設計するべきですが、仮に落ちたら自転車も壊れるし、人の頭に落ちれば大変です。

折板は建築材料では軽い部類に入りますが、それでも10~20kg/㎡あります。それに角が立っているので、傷はつきそうですね。

 

自転車に雨がかかるのを防ぐ、というピンポイントな用途のために、あえて重い材料を使う必要はない、と思います。

 

屋根がテントの素材なら、飛ばされても張り直せばいい。

屋根がテントの素材なら、落ちても全く関係ありません。被害が起きるとすれば台風です。しかし、屋根の膜が飛んでいったところで、張り直せばいいだけです。

おそらく1日で張り直し完了ではないでしょうか。例えば、その駐輪場の持ち主が、屋根の膜を張る仕組みにすれば、すぐにでも復旧可能。

 

何でも高級にすれば良いわけではない、と思うのです。極論を言えば僕は、「自転車なんか雨に濡れたって構わない」くらいに思っています。

物はいずれ朽ちるし錆びます。僕の自転車は、駐輪場に停めず、雨が吹き晒しの場所においていますが、別に何とも思いません。錆びたら錆びたで買いなおせばいいし、雨が気になるのなら錆止めを塗ればいい。

雨に濡れるから、わざわざ駐輪場を造ろう、なんて考えが大袈裟だと思います。

 

まとめ

  • 地震が起きて、屋根が落ちたらどうなるか?
  • 屋根がテントの素材なら、飛ばされても張り直せばいい。
  • 雨に濡れないために、駐輪場を造るなんて大袈裟ではないか。

人の要求が、どんどん過大になっていると思います。本来必要なかったものまで、一般的になりつつある。

特に日本では、その傾向が顕著ですね。人間を感知して、自動で空調する空調機なんて必要ですか?冷蔵庫にAI搭載する意味あります?

同じように、雨に濡れないためだけの駐輪場なんていりますか?駐輪場のスペースだけあればいい、僕はそう思うんです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  2. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  3. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  4. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  5. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について

関連記事

  1. ブログ運営

    一級建築士の学科試験は本当に難しいのか?難易度を再考察してみた。

    tyazukeです。一級建築士試験の難易度を気にする方が多いみたいです…

  2. 労働のこと

    建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

    ども、tyazukeです。将来は建築家として独立しよう。そんな…

  3. 労働のこと

    中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

    ども、tyazukeです。この記事を読んでいるということは、設…

  4. 建築のこと

    袖壁の意味と効果について

    ども、tyazukeです。他業界の人と話していると、ついつい専…

  5. 労働

    公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由

    ども、tyazukeです。将来、公務員になりたいと思う学生は多…

  6. ブログ運営

    若い頃は暇で暇で仕事が欲しい、と思うくらいが丁度いい

    ども、tyazukeです。よく、若い頃は買ってでも苦労しろ、と…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP