ブログ運営

ブログの記事に一貫性なんて求めなくていい、という話

ども、tyazukeです。

ブログを書いていると、「アレ、この記事もしかして昔書いた内容と真逆のこと言っている?」みたいなことがあります。

一般的に、ブログの記事は書く人の意見に一貫性があると良い、と言われています。でも僕は全然そんな風に思いません。

 

むしろ、ブログの記事に一貫性なんて求めなくていいんです。今回はその理由を書きます。

スポンサーリンク

 

知識が蓄積すると、人の考えは変わる。

毎日勉強しなくたって、大人になればなるほど知識は蓄積します。新聞、ネットニュース、テレビ、本。様々な媒体から情報を取り込むことが可能な時代ですし。

適当につけたテレビから、自分の考えが一変する情報が発信されることだってあります。

 

僕も学生の頃、そういう経験がありました。ヤフーニュースをみるとトップニュースに芸能人の結婚報道がありました。「こんなしょうもないニュースをヤフーのトップで発信しなくても」

これが当時の僕の考えでした。案の定、そのニュースに対して否定的なコメントがあるのですが、こんな反対意見があったのです。

「いや、ニュースには事件や政治的なニュースも必要だけど、こういったお目出度いニュースや馬鹿なニュースだって必要だよ」

 

このコメントをみて、僕の考えは180°変わりました。

このように、人の意見や考えは流動的。1年前に書いたブログと、現在書く記事の内容に一貫性が無くて然るべき、なのです。

 

ただし、変わったことを一言断っておくと読者に丁寧

1つ注意したいのは、考えが変わったなら、どこかでそれを書いておくと丁寧です。

※僕も実際に出来ているか怪しいですが・・・

 

仮にあなたのブログが、シンプルライフについて書いていたのに、考えが変わって物に溢れた生活をしている、ということになれば読者は驚きますよね。

そこに至った経緯なんかを説明すると、読者もすっと新しいブログに入っていけるかと。もちろん離れていく読者もいますが、悪い印象は持たれにくいと考えます。

 

まとめ

  • 知識が蓄積すると、人の考えは変わる。
  • ただし、変わったことを一言断っておくと読者に丁寧

何度かこのブログで言っていますが・・・気楽にやりましょう。必死で収益化する目的がある以外は、ブログは趣味みたいなもんですからね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  2. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  3. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  4. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。
  5. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

関連記事

  1. 生きる知恵

    田舎育ちの僕が推薦。東京に疲れたあなたが観るべき田舎暮らしの映画

    ども、tyazukeです。僕は田舎で生まれた育ってきたのですが…

  2. ブログ運営

    このブログは1日200人の方に支えられて続けています。

    今日は有給とって休みなので、ゆるりと。毎日、当ブログを見てくれ…

  3. ブログ運営

    建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?

    ども、tyazukeです。ついに当ブログの記事数が500記事を…

  4. ブログ運営

    ブログで他人が共感する記事を書く方法とは?

    ども、tyazukeです。ブログを書くとき、話題だけ提供して読…

  5. 労働のこと

    中小企業こそ、社員教育を徹底しないと死ぬぞ。

    ども、tyazukeです。僕が勤める中小組織設計事務所は、新入…

  6. ブログ運営

    建築系ブログを400記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログもついに400記事を達成しまし…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP