ブログ運営

ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。

ども、tyazukeです。

ブログは続けることでアクセスを伸ばすことができます。個人的な感覚ですが、どんなにマニアックなネタだとしても、ある程度の文章量を書いて続ければ1万PVは100記事で達成可能です。

この100記事まで到達することが最大の障壁なんです。

とはいえ、1記事1000文字で100記事を達成するには、10万文字書く必要がある。概ね小説1冊分です。

それなりにハードルが高いわけですが、今回は100記事を書き続けるための秘訣を紹介します。

スポンサーリンク

 

変に良いことを書いたりしない。

色々と記事を美化したり、格好つけて書きたくなると思います。変に良いことを言おうとしたり。でも、記事を美化すると全然手が進まないんですよね。

記事の理想と、自分の能力にギャップがあるからです。

 

もっと自然体でブログに望んでください。「何かいいこと書かなきゃ」みたいなブログだと、読者も「へー」で終わってしまいます。

むしろ、「あなたに言われる筋合いないよ」なんて思われることも。

もっと肩の力を抜きましょう。ブログなんてね、適当で良いんですよ。

 

思いついたことは、すんなり書ける

持論ですが、「思いついたこと」はすんなり書けます。思いついたことで1000文字も書けるの、と思われそうですが可能です。

ただ訓練は必要ですし、日頃から「思いつく」という行為を練習しなきゃなりません。

 

ちなみに、この記事自体も通勤途中にパッと思いつきました。昼休憩中に構成をだいたい考えて、仕事から帰宅して30分くらいで書き上げています。

思いついたことは普段から自分が感じていることなので、書きやすいです。

 

「思いつき」を鍛えるには、普段から自分の思いを明確にすること

先に述べたように思いつきの記事を書くのは簡単です。その代わり簡単に「思いつく」わけではありません。

そんな自然発生的にネタが浮かんだら苦労しませんから。

 

思いつきというのは、すなわち「普段から考えている自分の思い」です。仕事、会社、社会、趣味のこと。何でもいいです。

ある事柄に対して、自分の考えを持ちましょう。その考えは一時、忘れたって構いません。時間が経って、「思いつき」として生まれてきます。

そのとき考えた思考よりも熟成されて、昇華した考えになる可能性だってあります。

 

ともかく、普段から考えること。思考、思考、思考です。

 

まとめ

  • 変に良いことを書いたりしない。
  • 思いついたことは、すんなり書ける
  • 「思いつき」を鍛えるには、普段から自分の思いを明確にすること

お試しあれ!

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  2. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  3. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  4. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  5. 二級建築士の受験資格について

関連記事

  1. 生きる知恵

    自分の上司を有無を言わせず交代させるたった1つの方法

    ども、tyazukeです。僕は上司を交代してもらった経験が2度…

  2. 生きる知恵

    友達の居ない独身社会人が、休日を楽しく過ごせる場所3つ

    ども、tyazukeです。独身って自由なんですけど、社会人にな…

  3. 生きる知恵

    僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由

    ども、tyazukeです。会社の飲み会って嫌ですよね。嫌々でも…

  4. 生きる知恵

    あなたの上司は輝いて見えますか?

    ども、tyazukeです。子供は親の背中を見て育つ、と言います…

  5. ブログ運営

    【祝】200記事。これまでの記事を振り返ってみよう。

    運営して1年。重い腰を上げて本格的にブログを始めて2カ月ほど。ついに記…

  6. ブログ運営

    建築系ブログを400記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログもついに400記事を達成しまし…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP