ブログ運営

ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。

ども、tyazukeです。

ブログは続けることでアクセスを伸ばすことができます。個人的な感覚ですが、どんなにマニアックなネタだとしても、ある程度の文章量を書いて続ければ1万PVは100記事で達成可能です。

この100記事まで到達することが最大の障壁なんです。

とはいえ、1記事1000文字で100記事を達成するには、10万文字書く必要がある。概ね小説1冊分です。

それなりにハードルが高いわけですが、今回は100記事を書き続けるための秘訣を紹介します。

スポンサーリンク

 

変に良いことを書いたりしない。

色々と記事を美化したり、格好つけて書きたくなると思います。変に良いことを言おうとしたり。でも、記事を美化すると全然手が進まないんですよね。

記事の理想と、自分の能力にギャップがあるからです。

 

もっと自然体でブログに望んでください。「何かいいこと書かなきゃ」みたいなブログだと、読者も「へー」で終わってしまいます。

むしろ、「あなたに言われる筋合いないよ」なんて思われることも。

もっと肩の力を抜きましょう。ブログなんてね、適当で良いんですよ。

 

思いついたことは、すんなり書ける

持論ですが、「思いついたこと」はすんなり書けます。思いついたことで1000文字も書けるの、と思われそうですが可能です。

ただ訓練は必要ですし、日頃から「思いつく」という行為を練習しなきゃなりません。

 

ちなみに、この記事自体も通勤途中にパッと思いつきました。昼休憩中に構成をだいたい考えて、仕事から帰宅して30分くらいで書き上げています。

思いついたことは普段から自分が感じていることなので、書きやすいです。

 

「思いつき」を鍛えるには、普段から自分の思いを明確にすること

先に述べたように思いつきの記事を書くのは簡単です。その代わり簡単に「思いつく」わけではありません。

そんな自然発生的にネタが浮かんだら苦労しませんから。

 

思いつきというのは、すなわち「普段から考えている自分の思い」です。仕事、会社、社会、趣味のこと。何でもいいです。

ある事柄に対して、自分の考えを持ちましょう。その考えは一時、忘れたって構いません。時間が経って、「思いつき」として生まれてきます。

そのとき考えた思考よりも熟成されて、昇華した考えになる可能性だってあります。

 

ともかく、普段から考えること。思考、思考、思考です。

 

まとめ

  • 変に良いことを書いたりしない。
  • 思いついたことは、すんなり書ける
  • 「思いつき」を鍛えるには、普段から自分の思いを明確にすること

お試しあれ!

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 自分の生き方に満足できていますか?
  2. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  3. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  4. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  5. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。

関連記事

  1. 生きる知恵

    僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由

    ども、tyazukeです。会社の飲み会って嫌ですよね。嫌々でも…

  2. ブログ運営

    建築系ブログを400記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログもついに400記事を達成しまし…

  3. 労働のこと

    構造一級建築士の平均年収とは?

    ども、tyazukeです。構造設計者にとって、構造一級建築士の…

  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?

    ども、tyazukeです。一級建築士と二級建築士の違いって何で…

  5. ブログ運営

    ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット

    ども、tyazukeです。9月は自分の中で目標がありまして、そ…

  6. 生きる知恵

    会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは

    ども、tyazukeです。会社をズル休みした経験ありますか?…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP