生きる知恵

モノ嫌いの僕が愛用している、スノーピークのマグカップ

ども、tyazukeです。

僕はモノが嫌いです。

必要最低限のモノが身の回りに揃っていればOK。不必要に大きなTVとか、よくわからない雑貨、用途に制限のある家電製品は邪魔で・・・。

そんなモノ嫌いが社会人2年目のときに発症して、建築物も嫌いになり⇒建築設計も嫌いになりました。

 

さて、そんなモノ嫌いの僕でも、愛用しているモノがあります。それがスノーピークのマグカップ。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 [容量300ml] MG-142

もう彼此、5年くらい愛用しています。壊れる気配も全然ないし、一生使いそうです。今回は、そんなスノーピークの、マグカップの話です。

スポンサーリンク

 

スノーピークはどんな会社?

スノーピークは、新潟に本社があるアウトドア用品専門店です。ただ他のアウトドア用品を扱う会社と違って、デザインに凝った自社ブランド(スノーピーク)が大変人気。

無駄を排した斬新なデザインでオシャレです。「日本のアップル」と呼ばれることも。

 

そんなスノーピークにハマってしまう人のことを、「スノーピーカー」と言うらしいのですが、僕もいずれそうなるかも・・・というくらいに好き。

 

スノーピークのマグカップは余計な装飾が一切ない。

スノーピークの魅力の1つは、余計な装飾が一切ないこと。「Snow peak」と書かれた文字、ロゴ。それだけです。

あとはチタンやステンレスの銀色そのままにマグカップをつくっています。この無駄な装飾がなくてシンプルな感じがカッコイイんですよ。

 

軽い、とにかく軽い。軽いから落としても大丈夫

陶器のマグカップって重いじゃないですか。

だから落とすと一大事ですよね。割るし、破片が飛び散って危険だし、細かい破片が刺さると危険だから、掃除も必要だし。

 

その点、スノーピークのマグカップは軽い。僕が使っているマグカップはチタン製ですが、とにかく軽くて強いんです。スマートフォンより軽いです。

これなら落としても問題ないし、割ることもありません。

 

熱いものを熱いままに。冷たいものを冷たいままに。

チタン製だから、とにかく熱伝導率が高いんですよ。

熱いお茶を入れたら、カップもすぐに熱くなる。冷たいジュースを入れると、カップもヒエヒエに。

 

最近は二重構造になったマグカップもあって、持つ部分に熱が伝わらない商品もある。でも僕は、熱い・冷たいという温度をそのまま感じたいので、スノーピークのマグカップが丁度いいんです。

 

まとめ

  • スノーピークのマグカップは余計な装飾が一切ない。
  • 軽い、とにかく軽い。軽いから落としても大丈夫
  • 熱いものを熱いままに。冷たいものを冷たいままに。

ということで、モノ嫌いなあなたでも好きになるハズですよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  2. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  3. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  4. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  5. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方

関連記事

  1. 労働のこと

    「最近の若者は忍耐が足らん!」いや、それ違うよ?

    ども、tyazukeです。「最近の若者は忍耐が足らん」っていう…

  2. 生きる知恵

    営業が普通のトップ技術者と、営業トップの普通技術者はどちらが稼げるか?

    ども、tyazukeです。ふと疑問に思ったのですが、2人の男が…

  3. 雑学

    ぎっくり腰になった先輩が教えてくれた、正しい椅子の座り方2つ

    ども、tyazukです。普段ろくに運動をしないオフィスワーカー…

  4. ブログ運営

    建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログを始めて1年かかって100記事…

  5. 労働のこと

    時間で変わると思っている?怒られる人は60歳になっても怒られるよ。

    いつの間にか28歳になりました。30歳を手前にして思うことがあります。…

  6. 雑学

    『・・・しないでもない』って。結局何が言いたいの?

    日本人は本当に言葉の使い方が巧ですよね。いや、悪い意味で。仕事では、曖…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
PAGE TOP