ブログ運営

環境が変われば未来が変わる、を実体験した話

ども、tyazukeです。よく、環境を変えれば自分も変わる、と聞きますよね?

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)

果たしてそれは本当なのかと、今の環境を飛び出すことに億劫になる人も多いかと。

 

僕の体験談を例にすれば、これは真実です。特に、今の環境で伸び悩んでいる人こそ効果抜群です。

ということで今回は、環境が変われば未来が変わる(変わった)実体験を書いてきます。

スポンサーリンク

 

なぜ環境を変えれば自分も変わるのか?

なぜ環境が変われば自分も変わるのでしょうか。それは、一度自分の置かれた環境をリセットすることで、自分自身の能力を俯瞰でみることが可能になるからです。

この事実は、100万部の大ベストセラー本となった「思考の整理学」にも書いてあります。大した能力を持っていなかったものが、学校を変えることで突然開花した、そうです。

 

そういえばサッカー選手もそうですね。新天地で活躍することもあれば、前いたクラブより活躍できないことも。

 

環境を変えるだけで、成績とやる気が上がった。

さて、僕の実体験を書きます。

僕は、高専に通っていました。土木工学科です。ここではけっして頭の良い学生ではありませんでした。むしろ下から数えた方が早いくらい、その程度です。

 

で、今は仕事にしている構造分野も好きでも何でも無い学科でした。成績の悪かった僕は、生意気にも就職したくありませんでした。

普通は高専を卒業したら8割くらいは就職します。成績が悪いぼくなら、なおさら就職すべきです。でも僕はしたくなかった。

 

何となく進学しようと思い、高専の専攻科へ行きました。大学も受けたのですが、あまり成績が芳しくなく不合格。まぁいいや、と専攻科へ入学。

これが初めて環境を変えたときでした。

 

環境を変えるとアラ不思議。自分の立ち位置が良く見える。新天地で、自分の能力はどのレベルか。何が勝っているのか。どうすれば学校で、自分というアイデンティティを築けるか。

そんなこと毎日考えるほど、環境を変えるという行為は新鮮でした。そして、環境を変えた成果はみるみる内にでて、成績も上昇。

 

結果僕は大学院まで進学します。今度は何となく進学したいわけじゃなく、「研究をやりたい」という目標を持って。

 

今の環境に満足しない人は環境を変えよう。

当たり前のことですが、今の環境から外れることを恐れる人の多いこと。今の環境に満足しない人は出れば良いんです。

僕はそうやって、悪かった成績が上がりました。勉強の楽しさも知りました。もちろん社会人にも有効な考え方です。今の職場に満足しなかったら、転職すればいいんです。

 

まとめ

  • 環境をリセットすることで、自分自身の能力を俯瞰でみることが可能
  • 環境を変えるだけで、成績とやる気が上がった。
  • 今の環境に満足しない人は環境を変えよう。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  2. youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由
  3. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  4. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  5. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?

関連記事

  1. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

  2. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い

    ども、tyazukeです。建築家って基本は自分勝手で偏屈で僕は…

  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。

    ども、tyazukeです。「将来、建築家になりたい」という方。…

  4. 生きる知恵

    あなたの上司は輝いて見えますか?

    ども、tyazukeです。子供は親の背中を見て育つ、と言います…

  5. 本の紹介

    【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生…

  6. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
PAGE TOP