ブログ運営

1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

ども、tyazukeです。

入社して間もない頃は、業務を遂行する時間の感覚が掴めませんよね。

建築設計は1つの物件に数ヶ月時間がかかります。それが余計に、業務にかけていい時間を分かりにくくしています。

 

上司に言われるがままの設計日数が長いのか、短いのか。自分はこの仕事を何日で仕上げるべきなのか。

今回はそんな、仕事の時間についてお話しします。

スポンサーリンク

 

人工という考え方を理解しよう

建築業界には人工という考え方があります。

  • 1人工=〇○円/日

というように、会社ごとに定めがあります。要は1日当たりの人件費ですね。この人件費に、僕たちの給与も入っていれば、会社を運営する必要経費も入っているのが普通です。

 

ちなみに、国土交通省では職人さんの人工を調査し、公表しています(下記は東京都、平成29年3月の労務単価、単位は円)。

  • 特殊作業員 22,600
  • 普通作業員 19,700
  • 軽作業員 14,100
  • 造園工  20,100
  • 法面工  25,700
  • とび工  25,900
  • 石工  25,800
  • ブロック工 23,900
  • 電工 23,700
  • 鉄筋工 26,100

設計事務所の場合、1人工のうち半分が会社運営の経費として換算されます。この考えも会社によって違います。

 

仮に1人工3万円とすれば、僕たちが給与として受け取る額は1日1.5万円ということになります。

会社の人工が分かっていて、自分の給与が「経費を差っ引いた人工×実働日数」より少なかったら、会社はそのお金をプールしているかもしれません。

 

1物件に必要な日数は、人件費ベースで考えること。

さて話が逸れましたが、仮に1.5万円/日で貰っていると考えます。

この人件費をベースに1物件に掛けていい日数を計算するのです。

 

例えば建築設計の設計料は10%と言われています。100㎡ほどの個人住宅で2000万円の工事費なら、200万円です。

 

200万円のうち半分は経費なので、手元に残るのは100万円。この100万円を何日で終わらせるか?と言う考えで、1物件当たりの日数を割り出すことが可能です。

つまり、

  • 100/1.5=66日⇒60日(2ヶ月)

となります。

 

会社ごとに人工のベースが違いますから一概には言えませんが、設計料を1.5で割ってやれば良いのかと思います。

 

また複数人で仕事をするなら、人数で割ることもお忘れなく。2人で仕事をしていて、先ほどの住宅を例にすると、

  • 100/1.5x2=33日⇒30日(1ヶ月)/人

となります。

 

まとめ

  • 人工という考え方を理解しよう
  • 1物件に必要な日数は、人件費ベースで考えること。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  2. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  3. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  4. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  5. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件

関連記事

  1. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて

    【※3000字くらいの文量あります。読了に10分くらいかかります。】…

  2. 建設業界のこと

    業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。

    ども、tyazukeです。就職活動を始めると沢山の会社が目に留…

  3. 建設業界のこと

    IT業界の速さと、建築業界の遅さ

    たまにウェブ関係の仕事をします。学生時代から独学でhtmlとかcssや…

  4. ブログ運営

    孤独のグルメだけじゃない! 50回は観た「食」をテーマにした映画5選

    ども、tyazukeです。僕は食をテーマにしたドラマが好きです…

  5. 構造設計に関すること

    設計者による考えの違いって、本当に邪魔くさいな。

    設計者による考えの違いって本当に邪魔くさいと思うことがあります。僕が1…

  6. 生きる知恵

    営業が普通のトップ技術者と、営業トップの普通技術者はどちらが稼げるか?

    ども、tyazukeです。ふと疑問に思ったのですが、2人の男が…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP