建築のこと

何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話

ども、tyazukeです。

今朝、こんなニュースを目にしました。

安藤さんが吉村市長に提案したのは、自らが設計・建築する「児童向け図書館の寄付」です。

安藤忠雄氏が、大阪の中之島に図書館を設計する。その設計料は無料で、工事費は寄付を募るそうです。

図書館を建設する理由は、子供たちの活字離れだそうで。それを図書館を建設することで解消しよう、というもの。

 

しかし、本当に図書館は必要なのでしょうか。どうも、建築家は建築が万能である、と考えているようです。

今回は、何でもかんでも建築的解決をするな、という話をします。

スポンサーリンク

 

活字離れが酷い⇒新しい図書館、は論理が飛躍しすぎじゃないか?

僕にはどうも活字離れの歯止めに、新図書館の建設が有効とは思えません。調べると中之島って、全然辺鄙なとこじゃないし、「大阪府立中之島図書館」という立派な図書館が既にある。

少し離れたところに市立図書館もあれば、府立図書館もある。むしろ図書館十分じゃね、というくらい。

 

そもそも僕が懐疑的なのは、活字離れが酷い⇒新しい図書館を建てれば良かろう、というロジックが飛躍しすぎだと思うわけ。

そんな何でもかんでも建築的解決(ハコ物つくっときゃいいやろ)はおかしいと思うのです。

 

安藤氏は勝手に前提としているけど、子供たちは本当に活字離れしているのか分からないし。オリンピックを開催した後の競技場の使い方が各国で問題となっていますが、それと全く同じ。

「ハコ物造ったから、あとは勝手にどうぞ」的なことは、絶対ダメですから。

 

ハードじゃなくて、ソフト面をどうする?

設計料無料で設計・企画するのは大いに結構ですが、その後どう利用されるのか、本当に利用されるのかソフト面も議論してほしい。

でないと、建設後の維持費で税金を垂れ流す場所が1つ増えただけになりそうで、ねぇ。

まぁ大阪府民のお金を使ってやるのだから、文句はないですが・・・。

 

まとめ

安藤氏の建築的解決(ハコ物解決)は、正直全っ然共感できません。

ハコ物いらない、ハコ物いらない、ハコ物いらない。

 

僕は建築屋だけど、ハコ物いらないです。

もう十分すぎるほどハコ物あるから。むしろ、日本で余っている800万戸の空き家を、美しく改修してくださいよ。そこを図書スペースにするとか。

 

だから、ろうがい建築家って嫌いなんだよなぁ。それにしても、安藤さんは自分で仕事をつくるのが上手いですな。仕事が欲しかったら、この本案外参考になりますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。
  2. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  3. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。
  4. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  5. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

関連記事

  1. 労働のこと

    「国土交通省生産性革命プロジェクト」パンフレットを読んだ。

    「国土交通省生産性革命プロジェクト」パンフレットを読んだ。建設…

  2. 労働のこと

    設計業務に『生産性』っていう言葉あるのかな(笑)

    『生産性』という言葉、よく聞きます。生産性を上げろとか、生産性をよくし…

  3. 建築のこと

    なぜ僕たちは、橋梁に魅せられるのだろう。

    ども、tyazukeです。建築と土木。傍からみると同じ…

  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について

    ども、tyazukeです。建築家は情報発信に初心だ、と書きまし…

  5. ブログ運営

    1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

    ども、tyazukeです。入社して間もない頃は、業務を遂行する…

  6. 建築のこと

    オープンデスク問題と石上純也氏の炎上について

    ども、tyazukeです。少し前に、建築界隈でtwitterを…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP