ブログ運営

インプットしたら、すぐにアウトプットすべし

ども、tyazukeです。

インプットの重要性を理解している人は大勢います。通気中の電車で本を読む人を見かけます。本当に勉強熱心だな、と。

でもアウトプットを実践している人が案外少ないと思うんです。読書してアウトプットする人なんて、50%いないのでは。

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)
読んだ本の「コレだ!」と思うことをノートにメモするとか。ハウツー本を読んだのなら、その内容を実践してみるとか、読書はアウトプットしないと意味がありません。

今回は、そんなアウトプットの重要性について考えていきます。

スポンサーリンク

 

人間の記憶は曖昧なもの。だから定着を心がける。

人間の記憶って本当に曖昧なものです。覚えたそばから忘却するし、記憶間違いもある。

だからこそ記憶の定着を心がけるんです。

 

記憶を定着させるためには、インプットした情報をアウトプットするべし。これは、野球でバットの振り方をコーチに教わって、実際に振ってみることに近いです。

 

インプットしたら1日以内にアウトプットすること

人間の記憶は、1日したら74%を失うと言われています。

そのため、忘れないためには、インプットで得られた情報をアウトプットして記憶を定着させるといいでしょう。

 

例えば、読書をして興味深い項目があればメモをします。1日後に忘れても、そのメモが記憶を呼び起こす鍵となります。

 

インプット後にアウトプットするとで、自分の考えが整理される

インプットした後に、すぐアウトプットすると自分の考えが整理できます。僕は経験したこと、読んだ本の内容、自分の考えを大体ブログにしています。

最初は、書くのが億劫でした。それに、読んだ本に対して自分がどう考えているのか、まとめて整理する行為が苦手だったのです。

 

それを続けるうちに、自分の考えをブログにするスピード(アウトプットの速さ)が洗練されましたね。丸1日あれば、2万字は楽に書けると思います(実際、この記事は30分くらいで書いています)。

 

インプットは重要な行為です。しかし、本をただ読んでも、それを自分の血と肉に変えることができていません。

自分の生きる糧にするために、アウトプットするのです。インプットしたら必ずアウトプット。もう人生の鉄則にしても良いんじゃないかと。

 

まとめ

考えてみれば仕事だって、いつまで教わったままじゃありませんよね?

上司から教わった仕事を、自分の手でやってみる。最初は遅いけど、次第になれてきます。

 

仕事とはまさに、インプットとアウトプットの連続なのですが、仕事以外の場でもそれらを意識するとキャリアステップに役立つかな、と思います。

ほんと、読書は99%じゃなくて100%アウトプットが重要ですよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  2. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ
  3. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  4. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  5. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

関連記事

  1. ブログ運営

    建築系ブログを300記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。300記事に到達したのは、今年の4月…

  2. ブログ運営

    建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログを始めて1年かかって100記事…

  3. ブログ運営

    ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話

    ども、tyazukeです。ブログ記事のネタが見つからなくて困っ…

  4. ブログ運営

    一級建築士の学科試験は本当に難しいのか?難易度を再考察してみた。

    tyazukeです。一級建築士試験の難易度を気にする方が多いみたいです…

  5. ブログ運営

    ブログの記事に一貫性なんて求めなくていい、という話

    ども、tyazukeです。ブログを書いていると、「アレ、この記…

  6. 生きる知恵

    仕事は質より量、勉強は理解より暗記が重要という話

    ども、tyazukeです。勉強や仕事って、質よりも量が大切だと…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP