ブログ運営

若い頃は暇で暇で仕事が欲しい、と思うくらいが丁度いい

ども、tyazukeです。

よく、若い頃は買ってでも苦労しろ、と言われます。でも本当でしょうか?

 

僕は最近、建築家の自伝を読んでいます。建築界に名を馳せた有名人の彼らは、若い頃決して仕事バカリじゃなかった。

むしろ、若い頃は暇で仕方がない、といった具合。今回は、若い頃は暇で暇で仕方がない方が丁度いい説を考えます。

スポンサーリンク

 

若い頃は仕事に飢えたほうがいい。

伊東豊雄さんも、無名時代はほとんど仕事がなかったそうです。

では仕事をしないで、何をしていのか。

 

同じ志をもった建築仲間とひたすら建築談議をしていたそうです。

数人で集まって、酒場で建築を肴に酒を飲む。そして建築を語る。時には熱い論議に発展して、殴り合いに発展することもあった。

 

仕事はないけど、ひたすら自分たちの牙を磨いていた、という具合でしょうか。確かに、毎日毎日仕事で忙殺されるより、自分の考えを洗練させたり、建築の勉強に費やした方がいいのでしょう。

 

それに、若い頃仕事がなくて暇を溜め込むと、「仕事がしたい!」と思うようになります。その反動は、気持ちのバネ。バネは押さえつけるほど、反発力は大きくなる。

溜め込めば溜め込むほど、高くジャンプできるんです。有名建築家の多くは、そうやって暇な時代を過ごし、1つの仕事を大切に、そして成功させようと努力するのです。

 

 

若い頃は、仕事の量より質を重視せよ

伊東さんは実施設計で忙殺されることを、意図的に断っていたことでも知られます。ゼネコンの下請けで実施図面を描く仕事がきましたが、断っていたそうです。

つまり、お金になるけど将来のためにはならない、という確信があったのでしょう。

 

若い頃、仕事の量をこなしてもクリエイティブには成りえません。むしろ、暇な時間を使って創造性を磨いた方がいいのです。

逆じゃないか?と思うかもしれません。しかし、有名建築家は大抵、暇な時間を弄ぶ時期を歩んでいます。

 

まとめ

若い頃はルーティーンワークのような設計をひたすら繰り返す。これは間違っていると思います。

むしろ創造的な仕事をして感性を磨くのです。それが、いくつになっても仕事を面白く、クリエイティブなモノにできる秘訣かなと思います。

では。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  2. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  3. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  4. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  5. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について

関連記事

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について

    ども、tyazukeです。マンションの壁が薄くて悩んでいません…

  2. ブログ運営

    ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう

    ども、tyazukeです。僕には目標がありまして。それは、9月…

  3. 建築のこと

    隈研吾が設計した浅草文化観光センターと根津美術館に行ってきた

    ども、tyazukeです。サニーヒルズの記事から引き続き、東京…

  4. 建築のこと

    【書評】天下無双の建築学入門、を読んで

    またまた藤森氏の本を手にとった。彼の本を手に取ると、必ずやってしまうク…

  5. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い

    ども、tyazukeです。建築家って基本は自分勝手で偏屈で僕は…

  6. 建築のこと

    マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

    ども、tyazukeです。マンションには必ずベランダがあります…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  2. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった、一級建築士の合格率と難易度の推移
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 一級建築の試験勉強

    「一級建築士って簡単にとれますよ?今は価値がありません」
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP