ブログ運営

ブログで他人が共感する記事を書く方法とは?

ども、tyazukeです。

ブログを書くとき、話題だけ提供して読者が置き去りにならないように、注意しています。僕が書く記事のネタが時折マニアックになるので、特に。

 

僕のような一般人が書くブログというのは、読者に対していかに共感を持たせるかが何より重要。でないと、一瞬で読まれなくなる。

ということで今回は、他人が共感を覚えるブログの書き方を考えていきます。

スポンサーリンク

 

「あるある」と思わせること

読者に共感してもらうためには、「あるある」と思わせること。

特に、業界人にしか分からない悩み、怒りなどのネタは鉄板ですね。必ず「あるある」と思わせることができる。

 

身の回りや生活に関する「あるあるネタ」は、必ずしも他人が共感する、とは限りませんが仕事なら大抵大丈夫です。

 

文章は下手でも熱が伝わればいい

ブログで読者に共感してもらうなら、文章力が必要と思うかもしれません。

でも、ぶっちゃけ必要ないです。文章力よりも、文章に熱がこもっている方がいい。

 

ブログに限らず、他人が1つの話を熱弁していたら聞き入ってしまうじゃないですか。

 

ブログだって同じです。マニアックな記事でも、熱がこもっていれば読んでもらえる可能性が高い。その中には、あなたの熱に同調する人がいて、ファンになる。運がよければSNSでツイートしてくれるかも。

文章力じゃありません。熱です、熱。

 

読者をイメージする

ウェブマーケティングでは、読者を仮定して記事を書くのは当たり前です。

例えば、僕のブログの読者ターゲットはこんな感じ。

  • 男性 20~30代
  • 建築設計、建築関係の職業に就いている。比較的仕事に悩みを感じている。
  • 建築学生で、これから建築設計の仕事に就くか悩んでいる。

本当はもっともっと細かく設定します。細かく設定すればするほどターゲットが絞れて、読者が共感しやすい記事が提供できます。

 

ブログで共感してもらうなら、ターゲットを選定するべし!

これ鉄則ですよ。

 

まとめ

今回は、共感するブログの書き方を紹介しました。ブログを始めて間もない頃は、そこまで意識することができません。

ブログで「共感してもらいたいなぁ」と思ったということは、あなた自信のレベルが上がっている、ということ。

 

今回の記事が参考になれば幸いです。

あとプチアドバイスですが、ブログは継続が何よりの力ですから、めげずに続けて下さいね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  2. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  3. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  4. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  5. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について

関連記事

  1. 建築のこと

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について

    ども、tyazukeです。設計GLとKBMはどういう関係かイメ…

  2. 建築のこと

    AutoCAD歴6年の僕が毎日使う、作業が加速するコマンド6つ

    ども、tyazukeです。僕は普段、設計図の作成でAutoca…

  3. ブログ運営

    質の良いコタツ記事を大量生産して、ニッチなキーワードを制覇するという戦略

    ども、tyazukeです。ブログの専門用語に、コタツ記事という…

  4. ブログ運営

    組織はより緩く、個人は、より創造性が求められる時代がくる。

    ども、tyazukeです。未来の組織はどうあるべきか、このとこ…

  5. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  6. ブログ運営

    建築系ブログを400記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログもついに400記事を達成しまし…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  4. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP