建築のこと

未来の建築は、お金持ちだけに与えられる

ども、tyazukeです。

近年、民泊が世界的な流行をみせていますよね。念のため民泊の説明をすると

旅行者などが、一般の民家に宿泊すること

と定義されます。自分の家を一時的に貸し借りするんですねぇ。

自家用車をタクシーとして利用できるUberも、そういったビジネスの1つ。

 

これからのビジネスは、BtoB、BtoCじゃない。CtoCだ!ということ。それなら、建築だって、新築する必要なんてない。

今ある建築を一般人が様々な用途として使えるように、貸し借りするだけ。なんとなく未来の建築は、そうなっていく気がするんです。

 

じゃあ、建築は誰のために建てられるの、ということで今回は、未来の建築はお金持ちにだけ与えられる、という話について。

スポンサーリンク

 

本だって、紙媒体は高級品になりつつある。

本だって、最近はKindle Unlimitedを始めとする定額読み放題サービスが多数あります。


こういったサービスは便利で重宝するのですが、暗い側面もあります。それは紙媒体の本が減るという事実。

そうなれば、いままで出版社や本屋で働いてきた人の職場が減りますね。すると本が高価になって、値段が引き上げられます。

 

庶民には手が出せないほど、になることも考えられる。建築がそうなる可能性はないか、と思うのです。

 

お金持ちのアイコン建築が増える?

これから新築が減り、一般人が建築を貸し合う未来が成立したとします。新築が少なくなるので、建築関係の業者も大分減ります。

住宅関係で食べてきた業者はほとんど潰れるでしょうね。

 

さて、建築関係の業者が減ると、価格競争も少なくなる。つまり建築は高価なものにシフトする、ということです。先ほどの紙媒体から電子媒体へ移行する本を思い出してください。

建築が益々高価なものになると、これからはお金持ちのために与えられます。

 

お金持ちはアイコン的な建築を好みますから(これは偏見です)、アイコン的な建築が増えるのではないか、と思います。

 

まとめ

  • 未来では、今ある建築を一般人が様々な用途として使えるように、貸し借りする。
  • 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる。
  • お金持ちがアイコン的建築を建てる。

今回はこれまで。

 

未来の建築繋がりで、この本を紹介しておきます。建築とは何か、住むとは何か、という原始的な問いから未来の建築を予測していますね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて
  2. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  3. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  4. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  5. 大学教授は上手い商売なのか

関連記事

  1. ブログ運営

    建築屋さんがもっとWEBで情報発信すべき3つの理由

    ども、tyazukeです。建築屋さんってWEBの情報発信が少な…

  2. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

  3. 建築のこと

    建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ

    ども、tyazukeです。意匠屋さんで、図面を描くときにRC壁…

  4. 建築のこと

    藤村龍至×嶋田洋平の、建築をやるか・やらないか?

    ども、建築嫌いのくせに、毎日建築事務所で仕事をしているtyazukeで…

  5. 労働のこと

    石本建築設計事務所に転職した場合の年収について

    皆さん転職したいですか?前回、安井建築設計事務所の記事を案外読…

  6. 労働

    公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由

    ども、tyazukeです。将来、公務員になりたいと思う学生は多…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP