建築のこと

未来の建築は、お金持ちだけに与えられる

ども、tyazukeです。

近年、民泊が世界的な流行をみせていますよね。念のため民泊の説明をすると

旅行者などが、一般の民家に宿泊すること

と定義されます。自分の家を一時的に貸し借りするんですねぇ。

自家用車をタクシーとして利用できるUberも、そういったビジネスの1つ。

 

これからのビジネスは、BtoB、BtoCじゃない。CtoCだ!ということ。それなら、建築だって、新築する必要なんてない。

今ある建築を一般人が様々な用途として使えるように、貸し借りするだけ。なんとなく未来の建築は、そうなっていく気がするんです。

 

じゃあ、建築は誰のために建てられるの、ということで今回は、未来の建築はお金持ちにだけ与えられる、という話について。

スポンサーリンク

 

本だって、紙媒体は高級品になりつつある。

本だって、最近はKindle Unlimitedを始めとする定額読み放題サービスが多数あります。


こういったサービスは便利で重宝するのですが、暗い側面もあります。それは紙媒体の本が減るという事実。

そうなれば、いままで出版社や本屋で働いてきた人の職場が減りますね。すると本が高価になって、値段が引き上げられます。

 

庶民には手が出せないほど、になることも考えられる。建築がそうなる可能性はないか、と思うのです。

 

お金持ちのアイコン建築が増える?

これから新築が減り、一般人が建築を貸し合う未来が成立したとします。新築が少なくなるので、建築関係の業者も大分減ります。

住宅関係で食べてきた業者はほとんど潰れるでしょうね。

 

さて、建築関係の業者が減ると、価格競争も少なくなる。つまり建築は高価なものにシフトする、ということです。先ほどの紙媒体から電子媒体へ移行する本を思い出してください。

建築が益々高価なものになると、これからはお金持ちのために与えられます。

 

お金持ちはアイコン的な建築を好みますから(これは偏見です)、アイコン的な建築が増えるのではないか、と思います。

 

まとめ

  • 未来では、今ある建築を一般人が様々な用途として使えるように、貸し借りする。
  • 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる。
  • お金持ちがアイコン的建築を建てる。

今回はこれまで。

 

未来の建築繋がりで、この本を紹介しておきます。建築とは何か、住むとは何か、という原始的な問いから未来の建築を予測していますね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  2. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  3. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  4. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  5. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方

関連記事

  1. 労働のこと

    構造一級建築士の平均年収とは?

    ども、tyazukeです。構造設計者にとって、構造一級建築士の…

  2. 建築のこと

    建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。

    ども、tyazukeです。建築家の名言を調べていると、あること…

  3. 建築のこと

    押出成形セメント版の支え方と、鉄骨との納まり

    ども、tyazukeです。外壁に押出成形セメント版を使うことが…

  4. 建築のこと

    建築家の、「全て私がやりました」という風潮

    ども、tyazukeです。建築家は世間に対して説明不足だと思う…

  5. 建築のこと

    【書評】天下無双の建築学入門、を読んで

    またまた藤森氏の本を手にとった。彼の本を手に取ると、必ずやってしまうク…

  6. 労働のこと

    建築業で独立する人に共通する、たった4つのこと

    ども、tyazukeです。建築の世界で独立する人って案外います…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP