建築のこと

未来の建築は動いたっていいじゃない。

ども、tyazukeです。

車の自動運転に向けた研究が目覚しいですね。自動車業界は大きなブレイクスルーを迎えようとしています。

その自動運転化を支える技術の一つがAI。

 

このAIは、自動車業界だけでなく他業界にも影響を及ぼそうとしています。もちろん建築も。

センサにより動線や電気の使い方などのデータをAIで解析し、より使いやすい空間にするなど、考えられます。

 

AIというのは、様々な業界に及ぼす影響が大きいわけです。

で、僕が最近思うのは、AIを使って「建築が動いたら面白いかなー」ということ。今回は動く建築について考えていきます。

スポンサーリンク

 

建築が動いてはいけない、という常識はない

実は、動く建築を真面目に考えた建築家がいます。それが、NOIZの豊田さん。

 

彼はこんなことを言っています。

環境も生物も皆動くのに建築は動かないなんて、何かが本質的におかしいと思うんです。

環境に応じてものや構造が動くというのは、自然界ではいわば常識です。

建築がこれまで動かなかったのは単純に技術的に機が熟していなかっただけであって、建築が動いちゃいけないなんて常識も、実はないはずなんです。

 

確かに。建築が動いちゃいけない、なんて常識はないはず。動いたっていいんです。それを可能にする技術さえあれば。それがAIだ、というわけ。

 

飛行機は空を飛ぶ。新幹線は陸地を移動する。船を海を移動できる。これらと同じように動く技術が成り立てばいいのです。

 

そもそも建築が動く必要があるのか?

建築が動く理由ですが、これが緊急時の手段と考えればどうでしょうか。通常時は動かない。しかし津波や、地震、火事。これらの災害時には建築が動いて逃げる。

火事が一箇所で起きても、周囲の建物が動くことができれば燃え広がることはない。

 

そうなれば、延焼の考え方もガラリと変わります。また、建築の概念も訂正が必要。現在の建築基準法で、建築とは「土地に定着するもの」という扱いですからね。

 

逆転の発想で、乗り物を建築にできないだろうか?

建築を動かすことは技術的に難しい。

であれば、既に動く車、船、飛行機を建築にすれば・・・どうでしょう。例えば、車を人が住めるレベルまで快適に広くする。外観に芸術性を付加するのです。

 

案外、建築を動かす技術よりも、圧倒的に簡単かもしれません。

 

まとめ

  • 建築が動いてはいけない、という常識はない
  • 逆転の発想で、乗り物を建築にできないだろうか?
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  2. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?
  3. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  4. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  5. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて

関連記事

  1. 建築のこと

    建築とテクノロジーのこれからに関する考察

    ども、tyazukeです。現在に至るまで、建築業界は1度の大き…

  2. 建築のこと

    信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話

    ども、tyazukeです。設計をするとき、何を考えていますか?…

  3. 労働のこと

    石本建築設計事務所に転職した場合の年収について

    皆さん転職したいですか?前回、安井建築設計事務所の記事を案外読…

  4. 建築のこと

    建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

    ども、tyazukeです。建築嫌いを公言してブログをしておりま…

  5. 建築のこと

    マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

    ども、tyazukeです。マンションには必ずベランダがあります…

  6. 建築のこと

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件

    ども、tyazukeです。屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  4. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  5. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
PAGE TOP