ブログ運営

建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。

ども、tyazukeです。

ブログを2年以上続け、400記事を超えると、ブログが少しづつ分かってきます。同時にわからないことも増えていくのです。

不思議ですねぇ。

今回は、この建築ブログを始めて未だに分からないこと3つを紹介します。

スポンサーリンク

 

一体どんな記事が沢山読まれるのか分からない。

400記事以上を書きましたが、未だにどんな記事が読まれやすいのか分かっていません。ブロガーとして致命的なんですが、まぁ数撃ちゃ当たる精神で書いてます汗。

企画の段階から、この記事はいいぞ!と思っていても読まれない。そのくせ、適当にぺぺーと書いた記事が沢山読まれたりする。

 

さっぱり分かりません。もう自分が面白い、役に立つ、と思った記事は逆に書かないほうがいいかもしれません笑

 

時間をかけた記事が読まれる、というわけでもない。

時間をかけた記事が読まれる、というわけでも無いようです。

例えばこの記事。たくさん書いているのに、思っている以上に読まれていない。

業界人が教える、5つの大手ゼネコンランキングと特徴

全然ですよ、本当に。せっかく有用になると思ってまとめた記事なんですが。

 

一方、半ばキレ気味に業界を罵ったこっちの記事は小さなバズを起こしました。

構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件

ある方がSNSでリツイートしてもらったおかげでバズ。この記事1つだけで、1日1000PVという驚異です。

う~ん、コレ5分くらいで書いた記事なんですが・・・。

 

1年くらい人気の無い記事が、急に読まれるようになる。

1年前に書いた記事が、ここ最近急に読まれています。

特定構造計算規準とは何か?

1年たって、ようやく認知されたのか。それとも、「特定構造計算基準」について急に興味がわいたのか・・・。理由は分かりません。

 

1年のタイムラグって結構モチベーション下がりますねぇ。

 

結局、好きなことを書くしかない。

ブログを書けど書けど、読まれやすいネタが分かりません。これからも分からないままなんだと思います。

だから好きなことを書いていきます。

 

自分が好きなことを、需要がなくても書き続ける。そうやって少しづつ共感する人が増えればいい。

そう思います。

 

まとめ

  • 一体どんな記事が沢山読まれるのか分からない。
  • 時間をかけた記事が読まれる、というわけでもない。
  • 1年くらい人気の無い記事が、急に読まれるようになる。
  • 結局、好きなことを書くしかない。
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  2. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  3. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  4. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  5. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

関連記事

  1. 労働のこと

    建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

    ども、tyazukeです。将来は建築家として独立しよう。そんな…

  2. 建築のこと

    四号建物は構造計算書が必要ないのか?

    「四号建物は構造計算書が必要ない」。僕が1年目のころ、そういわれました…

  3. ブログ運営

    環境が変われば未来が変わる、を実体験した話

    ども、tyazukeです。よく、環境を変えれば自分も変わる、と聞きます…

  4. 建築のこと

    伊東豊雄は、なぜ新しい建築を生み続けることができるのか?

    ども、tyazukeです。伊東豊雄さんのこと。彼の事務所運営術…

  5. 建築のこと

    これで成功できる!ノーマンフォスターの教え、戦略とは?

    ども、tyazukeです。イギリスの有名建築家ノーマンフォスタ…

  6. ブログ運営

    1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

    ども、tyazukeです。入社して間もない頃は、業務を遂行する…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP