建築のこと

ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

ども、tyazukeです。

アナログ派のご老人に困ったことはありませんか?

僕はしょっちゅうです。一番困るのが、デジタルの使い方を知らないから、時間の感覚が読めない、ということ。

 

まるで、CADは魔法のように図面が描けると勘違いしています。今回は、そんな老人たちへの怒り冷静に書いていきますよ。

スポンサーリンク

 

「CADならすぐでしょ?」という無知

老人たちは、まるでテクノロジー(というほどでもないけど)を魔法のように扱います。

彼らはよく「CADならすぐでしょ?」と言いますが、そんなわけありません。

 

確かに手描きよりは早いですが、昔に比べて業務量だって増えているので、結果として図面を描くスピードは思っているより変わりません。

カップラーメンや、レンジでチンするみたいに図面ができると思うなよ、と言いたいのです。

 

テクノロジーを駆使して、建築・芸術など様々な分野に進出する建築家の豊田(noiz)さんは、こんなコメントを残しています。

日本の建築界は、いまだにデジタルアレルギーから抜け出せないようだ。

いわゆるデジタル系の人から、建築プロジェクトでの魔法使い枠扱いを何とか打破したいという話は日常的に聞くし、noizでもそうした「なんかデジタルすごいことできるんでしょ?」的扱いに苦い思いをすることも多い。

僕が日頃から経験している、「CADの話」とは次元が違いますが、やはり若手建築家もアナログ派のご老人たちに困っております。

 

ご老人はテクノロジーに積極的になるべきだ

老人たちもテクノロジーに積極的になるべきだと思います。

CADを使えない、勉強する気がない老人はOUT。

 

僕がいる事務所でも、CADを全く使えないご老人が何人かいます。最初は老人だから仕方がないか・・・と思っていました。

 

でも、

使えるご老人もいるんですよ!定年近いのに、BIMまで駆使する人だっている。

学ぶ気のないご老人がいると、部下にまで影響します。先に述べたように、テクノロジーの使い方を知らないから、時間の感覚がわからないのです。

 

この道具を使うことで、仕事が何時間、何分、いや数秒で終わるのか。それが分からない。一方で「テクノロジー」はスゴイとは思っているから、まるで魔法のように仕事が終わるスタンスでいる。

 

逆に、テクノロジーに積極的な老人は、時間の感覚をつかんでいるから、部下のタイムスケジュールも把握できるんです。

全く、勉強しない老人は本当に困りますよね~。

 

まとめ

  • ご老人はテクノロジーに積極的になるべし!

では。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  2. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  3. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  4. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  5. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

関連記事

  1. 建築のこと

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話

    ども、tyazukeです。今朝、こんなニュースを目にしました。…

  2. 建築のこと

    駐輪場の屋根は、折板ではなくテントを張れば良いんじゃない?

    ども、tyazukeです。駐輪場を設計する機会がありました。片…

  3. 建築のこと

    有名建築家による欠陥住宅が酷すぎる件

    ども、tyazukeです。少し世代が古い日本の建築家の中には、…

  4. 建築のこと

    街中にある、とんでも建築を見つけたよ。

    街中にあるとんでも建築。絶対に設計してはならない、と思いつつこっそり見…

  5. 建築のこと

    四号建物は構造計算書が必要ないのか?

    「四号建物は構造計算書が必要ない」。僕が1年目のころ、そういわれました…

  6. 建築のこと

    建築の良さは目地で決まる?外壁と目地の関係性について

    街をフラフラと歩いていると沢山の建築物に出会います。そこで一番目に付く…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP