建築のこと

信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話

ども、tyazukeです。

設計をするとき、何を考えていますか?

中には「上司の言われるがままに」「施主の要望を満足するように」と考えているかもしれません。

 

僕の上司はよく「意匠の言うことはなるべく叶えるように、構造が何とかしてやりたい」と言っています。

意匠や設備が求める要望を叶える姿勢も重要です。が、どこか意匠任せに思えるし、それでは設計者としての信念・思想が無い気がするのです。

 

建築家のエッセイや文集を読んでいると、彼らには「信念や思想」があります。

今回は、思想が無ければタダの図面屋に成り下がる、という話について。

スポンサーリンク

 

有名建築家なら信念・思想は必ず持っている。

例えば、日本建築の礎をつくった前川國男さんは、「合理主義」の名の元に、建築の合理化を信念にしていました。

そこには戦後の復興という信念があったのです。出来る限り早く、国土に建築を取り戻す。これには「建築の合理化」が不可欠であったのでしょう。

 

晩年、彼の合理主義に対する批判もありましたが、前川さんのように「信念・思想」を持った建築家は、やはり偉かったのだ、と思うわけです。

たとえ後の時代に間違いだった、と分かっても「やらかなった」という事実よりマシです。

 

現在、日本はあらゆる面で成熟しています。戦後80年経って、復興もしたし、目まぐるしい経済発展も果たしました。

そんな中、「信念・思想」を見つけるのはタダゴトではありませんが、僕たちは見つけなければなりません。

 

「信念・思想」を持てば、磨くべきスキルが見えてくる

スキルを磨く、と言います。

しかし磨くべきスキルが何か分からなければ、一向にスキルは磨かれません。

 

仮に将来、建築家になろうと思ったとき、あなたなら何のスキルを磨くでしょうか。「木造」に精通したいのか、それともBIMなどのテクノロジーをフルに活かした建築家になるのか。

選択肢は色々あります。

 

技術が発達した今、それぞれの分野が奥深く、スキルを磨くためには「取捨選択」が重要です。そして、取捨選択を手助けしてくれるパートナーが「信念・思想」です。

「信念・思想」を持つことで、磨くべきスキルが見えてきます。

 

「信念・思想」を持つには具体的に何をすればいいか?

では、具体的に「信念・思想」を持つためには何をすればよいでしょうか。

実は簡単です。

 

建築の歴史を学んでください。あるいは建築家の歴史でしょうか。建築は時代のウネリにと共に変化してきました。

その変化に応じて、次世代の建築家が生まれてきたのです。

 

彼らが何を考えて建築家になったのか。建築をどう捉えているのか。本を読めばわかります。そこから、建築に対する自分の立ち位置を見定めてください。

それがあなたの「信念・思想」になります。

 

実際、建築に対する「信念・思想」が見つかれば半分ゴールが見えている、と思います。

あとは突っ走るだけですからね!

 

まとめ

  • 建築に対する「信念・思想」を持つこと
  • 有名建築家は必ず「信念・思想」を持っていた
  • 「信念・思想」を持つためには、建築や建築家の歴史を学ぶこと
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  2. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  3. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。
  4. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  5. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法

    ども、tyazukeです。そろそろ一級建築士を取りたいなぁ、と…

  2. 建築のこと

    有名建築家による欠陥住宅が酷すぎる件

    ども、tyazukeです。少し世代が古い日本の建築家の中には、…

  3. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

  4. ブログ運営

    建築業界でくすぶっている人の自分メディアのつくり方とメリット

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもそうですが、上司や環境…

  5. 建築のこと

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話

    ども、tyazukeです。今朝、こんなニュースを目にしました。…

  6. 一級建築の試験勉強

    大学教授 兼 建築家(構造家)って何で許されてるの?

    ども、tyazukeです。学生のころから不思議に思っていた存在…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
PAGE TOP