建設業界のこと

建築業界が紙媒体から脱却すべき2つの理由

ども、tyazukeです。

先日、進行中の物件の打合せに出向きました。

会議室に着くや否や、意匠スタッフが、印刷した大量の紙書類をドサッと机におき、配布する。

 

もう机の上は10人分の資料が散乱しています。会議中、「お手元の資料の4枚目に~」等と言いますがお施主さんは資料を見つけられません。

大事な会議よりも「紙を探すことに集中」させてしまい、結論を引き出せぬままタイムオーバー。

 

もうね、アホかと。

建築屋さんは紙が大好きだけど、絶対に損しています。今回はその理由を2つ説明しましょう。

スポンサーリンク

 

紙は、探すことに集中してしまう

初めの会議の話に戻ります。そもそも、会議に人数分の紙が必要ですか?

会議って、皆で集まって議論する場ですよね。紙が手元にあったら、それを読んでしまう。自然と顔が下を向いて、発言の機会を失う気がするんですよ。

元々発言が苦手な人は、手元の資料を食らいつくように読んだりして・・・そんな会議中の光景みたことあるでしょ?

 

会議で人数分の紙を用意するくらいなら、ホワイトボードに資料を映写してそれを説明してくれる方が、よっぽどありがたい。

チマチマとしたA3の紙を見なくて済みます。それに、手元の資料をみると各人で読んでいる部分がバラバラだったりするでしょ?

だから説明済みの内容を質問されたりね、無駄なロスもなくなります。

 

共通の紙資料は、お互いに1つあれば十分です。紙の資料があると、資料をめくる時間や探すことに集中する。

会議で、そんな時間の使い方は止めましょう。

 

 

紙は、カッコ悪い

A4サイズの紙資料を机の上において説明する。

何かカッコ悪くないですか?

 

1枚、2枚の資料ならまだ良い方で、十数枚ある資料をわざわざ印刷する行為がアホらしい。だったらタブレットで説明できるでしょ、と思うわけ。

紙なら十数枚でもタブレットなら1つで済みます。

 

例えばある保険会社では、プリンターで印刷するとき許可証を使う必要があって、基本はペーパーレス。

社内は紙が無いので整然としているみたいです。

社内が紙だらけだとカッコ悪いでしょ。デスクの上に散乱した紙をみると、だらしなく見えます。そういった意識のない設計事務所に、室内空間の設計任せたくないですね。

 

まとめ

とはいえ、一気にペーパーレス化も反動が大きい。

ご老人が多い建築業界では、ペーパーレス化することで逆に時間がかかってしまいますし・・・(本当に困ったものです)。

 

若者は元々ペーパーレスに慣れているので、今の20~30代くらいが仕事の中心になるとき実行できるのでは、と思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  2. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  3. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  4. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  5. 建築は道路に支配されている、と言う話

関連記事

  1. ブログ運営

    建築系ブログを300記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。300記事に到達したのは、今年の4月…

  2. 雑学

    師走ですねぇ。今日も夕方に更新します(_ _)

    師走ですねぇ。皆さんいかがお過ごしですか。もう26日寝るとお正…

  3. 建築のこと

    今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

    ども、tyazukeです。「日本の技術力は一番!」「日本は最強…

  4. 建設業界のこと

    日本のリフォーム住宅市場と今後について

    建築業界に携わっている人は2種類に分類できます。1つは、公共施設等の非…

  5. ブログ運営

    建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

    ども、tyazukeです。ブログを書き続けて2年経ちました。当…

  6. 労働のこと

    あと十年後には技能労働者大量離職。職人単価は益々高騰するか?

    まずは下図を見てください。これは、総務省による「技能労働者の大量離職の…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  5. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
PAGE TOP