ブログ運営

建築系ブログを300記事書いたときのPVは?

ども、tyazukeです。

300記事に到達したのは、今年の4月頃でした。ブログを書くスピードは益々上がっていて、こんな感じで書くスピードは推移しています。

  • 0⇒100 1年間
  • 100⇒200 6ヶ月
  • 200⇒300 4ヶ月!

100記事を4ヶ月ということは、1日で2記事を更新している計算です・・・。

普段仕事をしながらのブログ更新ですからね。うん、頑張った!

 

この、200記事から300記事に到達する間は本当に大変でした。書いても書いても成果は出ないし、記事のネタも無くなってくる。

今回は、そんな苦行の300記事達成したときのpvや苦労したことについて書いてきます。

スポンサーリンク

 

300記事書いたときのPVはどうなった?

200⇒300記事は本当に苦行でしたねぇ。記事を追加しても追加しても、全然pvが増えない。100記事を追加した割に合わない。

なんと、300記事で

  • 1.4万pv/月

ですよ。

 

つまり200記事のときと比べて、0.4万pvしか増えていないわけ。100⇒200記事の段階では、ガムシャラに書きましたが、戦略が必要だなと感じた時期でした。

 

ブログを書く前に、その記事は本当に需要があるのか、考えましたね。またタイトルの付け方、アイキャッチ画像など有名ブロガーを真似てみました。

その結果は400記事の段階で顕著にでてくるのですが・・・苦しい時期でしたね。

 

アンテナの感度が良くなった

300記事を書くためには、仕事の中で起きたことだけを記事にしても足りません。もっと感度を高めて日々の生活や世論など、あらゆることに対して感度を高める必要があります。

建築ブログですから、建築業界や建築に関する情報も積極的に取り入れました。

 

次第に、意識しなくても建築の情報を知るようになりました。アンテナの感度が良くなったのかなぁと、思います。

 

ガムシャラに記事を書いても、人は読んでくれない

「ガムシャラに書いても人は読んでくれない」

前回の記事では、ガムシャラに書くのはいいことだ、と書いていて一見矛盾しているのですが。要はタイミングの問題です。

 

ガムシャラに書く時期も必要だし、戦略的に記事を書くことも必要。そのタイミングは人それぞれで、正解はありません。

 

意識したのは、「この記事を読むことで、読んだ人はどんなベネフィットを得られるのか」ということ。

何かを与える記事でないと、読んでもらえません。そんな当たり前のことを改めて意識した時期でしたね。

 

まとめ

  • 300記事を達成したが、1.4万pv/月だった。
  • アンテナの感度が良くなった
  • ガムシャラに記事を書いても読んでくれない。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  2. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  3. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  4. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  5. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

関連記事

  1. 建築のこと

    AutoCAD歴6年の僕が毎日使う、作業が加速するコマンド6つ

    ども、tyazukeです。僕は普段、設計図の作成でAutoca…

  2. 生きる知恵

    失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法

    ども、tyazukeです。社会人5,6年目になると早い人は部下…

  3. 建築のこと

    街中にある、とんでも建築を見つけたよ。

    街中にあるとんでも建築。絶対に設計してはならない、と思いつつこっそり見…

  4. 建築のこと

    隈研吾氏の新国立競技場、その見どころ3つをまとめた。

    ども、tyazukeです。ゴタゴタ続きだったオリンピックの新国…

  5. 建築のこと

    ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

    ども、tyazukeです。アナログ派のご老人に困ったことはあり…

  6. 建築のこと

    【書評】天下無双の建築学入門、を読んで

    またまた藤森氏の本を手にとった。彼の本を手に取ると、必ずやってしまうク…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP