ブログ運営

建築系ブログを300記事書いたときのPVは?

ども、tyazukeです。

300記事に到達したのは、今年の4月頃でした。ブログを書くスピードは益々上がっていて、こんな感じで書くスピードは推移しています。

  • 0⇒100 1年間
  • 100⇒200 6ヶ月
  • 200⇒300 4ヶ月!

100記事を4ヶ月ということは、1日で2記事を更新している計算です・・・。

普段仕事をしながらのブログ更新ですからね。うん、頑張った!

 

この、200記事から300記事に到達する間は本当に大変でした。書いても書いても成果は出ないし、記事のネタも無くなってくる。

今回は、そんな苦行の300記事達成したときのpvや苦労したことについて書いてきます。

スポンサーリンク

 

300記事書いたときのPVはどうなった?

200⇒300記事は本当に苦行でしたねぇ。記事を追加しても追加しても、全然pvが増えない。100記事を追加した割に合わない。

なんと、300記事で

  • 1.4万pv/月

ですよ。

 

つまり200記事のときと比べて、0.4万pvしか増えていないわけ。100⇒200記事の段階では、ガムシャラに書きましたが、戦略が必要だなと感じた時期でした。

 

ブログを書く前に、その記事は本当に需要があるのか、考えましたね。またタイトルの付け方、アイキャッチ画像など有名ブロガーを真似てみました。

その結果は400記事の段階で顕著にでてくるのですが・・・苦しい時期でしたね。

 

アンテナの感度が良くなった

300記事を書くためには、仕事の中で起きたことだけを記事にしても足りません。もっと感度を高めて日々の生活や世論など、あらゆることに対して感度を高める必要があります。

建築ブログですから、建築業界や建築に関する情報も積極的に取り入れました。

 

次第に、意識しなくても建築の情報を知るようになりました。アンテナの感度が良くなったのかなぁと、思います。

 

ガムシャラに記事を書いても、人は読んでくれない

「ガムシャラに書いても人は読んでくれない」

前回の記事では、ガムシャラに書くのはいいことだ、と書いていて一見矛盾しているのですが。要はタイミングの問題です。

 

ガムシャラに書く時期も必要だし、戦略的に記事を書くことも必要。そのタイミングは人それぞれで、正解はありません。

 

意識したのは、「この記事を読むことで、読んだ人はどんなベネフィットを得られるのか」ということ。

何かを与える記事でないと、読んでもらえません。そんな当たり前のことを改めて意識した時期でしたね。

 

まとめ

  • 300記事を達成したが、1.4万pv/月だった。
  • アンテナの感度が良くなった
  • ガムシャラに記事を書いても読んでくれない。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  2. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  3. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?
  4. 公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由
  5. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

関連記事

  1. ブログ運営

    建築系ブログを400記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログもついに400記事を達成しまし…

  2. ブログ運営

    ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。

    ども、tyazukeです。ブログは続けることでアクセスを伸ばす…

  3. 労働のこと

    中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

    ども、tyazukeです。この記事を読んでいるということは、設…

  4. ブログ運営

    一級建築士の学科試験は本当に難しいのか?難易度を再考察してみた。

    tyazukeです。一級建築士試験の難易度を気にする方が多いみたいです…

  5. 一級建築の試験勉強

    大学教授 兼 建築家(構造家)って何で許されてるの?

    ども、tyazukeです。学生のころから不思議に思っていた存在…

  6. 建築のこと

    建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?

    ども、tyazukeです。学生時代、どの大学に入るかはとても大…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
PAGE TOP