ブログ運営

建築系ブログを300記事書いたときのPVは?

ども、tyazukeです。

300記事に到達したのは、今年の4月頃でした。ブログを書くスピードは益々上がっていて、こんな感じで書くスピードは推移しています。

  • 0⇒100 1年間
  • 100⇒200 6ヶ月
  • 200⇒300 4ヶ月!

100記事を4ヶ月ということは、1日で2記事を更新している計算です・・・。

普段仕事をしながらのブログ更新ですからね。うん、頑張った!

 

この、200記事から300記事に到達する間は本当に大変でした。書いても書いても成果は出ないし、記事のネタも無くなってくる。

今回は、そんな苦行の300記事達成したときのpvや苦労したことについて書いてきます。

スポンサーリンク

 

300記事書いたときのPVはどうなった?

200⇒300記事は本当に苦行でしたねぇ。記事を追加しても追加しても、全然pvが増えない。100記事を追加した割に合わない。

なんと、300記事で

  • 1.4万pv/月

ですよ。

 

つまり200記事のときと比べて、0.4万pvしか増えていないわけ。100⇒200記事の段階では、ガムシャラに書きましたが、戦略が必要だなと感じた時期でした。

 

ブログを書く前に、その記事は本当に需要があるのか、考えましたね。またタイトルの付け方、アイキャッチ画像など有名ブロガーを真似てみました。

その結果は400記事の段階で顕著にでてくるのですが・・・苦しい時期でしたね。

 

アンテナの感度が良くなった

300記事を書くためには、仕事の中で起きたことだけを記事にしても足りません。もっと感度を高めて日々の生活や世論など、あらゆることに対して感度を高める必要があります。

建築ブログですから、建築業界や建築に関する情報も積極的に取り入れました。

 

次第に、意識しなくても建築の情報を知るようになりました。アンテナの感度が良くなったのかなぁと、思います。

 

ガムシャラに記事を書いても、人は読んでくれない

「ガムシャラに書いても人は読んでくれない」

前回の記事では、ガムシャラに書くのはいいことだ、と書いていて一見矛盾しているのですが。要はタイミングの問題です。

 

ガムシャラに書く時期も必要だし、戦略的に記事を書くことも必要。そのタイミングは人それぞれで、正解はありません。

 

意識したのは、「この記事を読むことで、読んだ人はどんなベネフィットを得られるのか」ということ。

何かを与える記事でないと、読んでもらえません。そんな当たり前のことを改めて意識した時期でしたね。

 

まとめ

  • 300記事を達成したが、1.4万pv/月だった。
  • アンテナの感度が良くなった
  • ガムシャラに記事を書いても読んでくれない。
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  2. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  3. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  4. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  5. 二級建築士の受験資格について

関連記事

  1. 建築のこと

    建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

    ども、tyazukeです。建築嫌いを公言してブログをしておりま…

  2. 本の紹介

    【書評】幸せな人だけが知っているシンプルな生き方

    幸せな人ってシンプルに生きているように見えますよね?多分、現代人よりも…

  3. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

    ども、tyazukeです。建築家って本当に言葉巧みですよね~。…

  4. 建築のこと

    建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

    ども、tyazukeです。家、ビル、体育館。ありとあらゆる建物…

  5. 建築のこと

    隈研吾氏の新国立競技場、その見どころ3つをまとめた。

    ども、tyazukeです。ゴタゴタ続きだったオリンピックの新国…

  6. 建築のこと

    オープンデスク問題と石上純也氏の炎上について

    ども、tyazukeです。少し前に、建築界隈でtwitterを…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP