ブログ運営

建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

ども、tyazukeです。

ブログを始めて1年かかって100記事、その半年後に200記事に到達しました。段々と書くスピードも上がっています。

 

前回、こんな記事を書きました。

建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

今回は200記事を書いて、ブログのpvにどんな変化があったのか説明します。

スポンサーリンク

 

ようやく1つの目標だったpvを達成

個人ブログで、最初に達成すべきpv数があります。

それが

  • 1万pv/月

です。僕は遅れながらも、200記事を投下したところで、ようやく1万pvを超えました。一日換算で300pvってことですね。

 

100記事書いたときは、10pv/日だったので、大きな前進ですね。

 

少しづつブログのパワーが上がっていることを実感しました。ただ、ここまでの道のりは簡単じゃなかったです。

 

200記事までは、何も考えずとにかく書いた

200記事を達成した期間は半年でした。2日に1回以上はブログを更新していたことになります。幸いにも、仕事ネタは山のようにあったので、何も考えずとにかく書きましたね。

この時に書いた記事をみると、本当に何も考えていない書き方で笑。

 

でも熱がこもっていました。今でもpvを稼いでくれる記事は、この時期に書いたものも多いです。

これからブログを始める人は覚えておいてください。とにかく書く・書く・書く!という時期が大切なんです。

 

ニッチ過ぎることは自覚しつつも好きなことを書いた

「構造設計」に関する記事は読む人が少ない。

そんな事実は知りつつも、とにかく仕事(構造設計)に関することを書き続けました。当時の僕には、それくらいしか書くことが無かったし、仕事のストレスも発散できました。

 

結果としてそれが良かったのだと思います。自分が好きなこと、書きたいことじゃなかったら、ブログ自体続かなかったでしょう。

色々とリサーチして戦略的にブログの記事を書くのも結構ですが、勢いや熱に身を任せ記事を書くのもおすすめしたい。

 

まとめ

ブログを続けていると、壁に沢山ぶち当たります。

僕のブログなんて壁の連続で、pvは徐々にしか増えませんでした。もうアクセスは度外視で記事を書き続けたものです。

その時の経験が今になって活きています。

 

  • 書くこと、続けること。

この2つだけを忘れなければ大丈夫、そう思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  2. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  3. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  4. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  5. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由

関連記事

  1. 建築のこと

    隈研吾氏が唱える「小さな建築」とは何か?

    ども、tyazukeです。20世紀は大量生産、工業化の社会でし…

  2. 雑学

    仕事嫌で朝起きられない!それでも会社に行けた1つの方法。

    何か釣りっぽいタイトルになりましたが・・・。毎週、5日間も仕事…

  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法

    ども、tyazukeです。そろそろ一級建築士を取りたいなぁ、と…

  4. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  5. 雑学

    『で?』と返してくる上司と、それを言われた部下の気持ち。

    社内で、同僚と上司のやりとりを聞いていました。同僚は、上司に質…

  6. 労働のこと

    自分の生き方に満足できていますか?

    ども、tyazukeです。皆さん、どんな生き方がしたいですか?…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  5. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
PAGE TOP