ブログ運営

建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

ども、tyazukeです。

ブログを始めて1年かかって100記事、その半年後に200記事に到達しました。段々と書くスピードも上がっています。

 

前回、こんな記事を書きました。

建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

今回は200記事を書いて、ブログのpvにどんな変化があったのか説明します。

スポンサーリンク

 

ようやく1つの目標だったpvを達成

個人ブログで、最初に達成すべきpv数があります。

それが

  • 1万pv/月

です。僕は遅れながらも、200記事を投下したところで、ようやく1万pvを超えました。一日換算で300pvってことですね。

 

100記事書いたときは、10pv/日だったので、大きな前進ですね。

 

少しづつブログのパワーが上がっていることを実感しました。ただ、ここまでの道のりは簡単じゃなかったです。

 

200記事までは、何も考えずとにかく書いた

200記事を達成した期間は半年でした。2日に1回以上はブログを更新していたことになります。幸いにも、仕事ネタは山のようにあったので、何も考えずとにかく書きましたね。

この時に書いた記事をみると、本当に何も考えていない書き方で笑。

 

でも熱がこもっていました。今でもpvを稼いでくれる記事は、この時期に書いたものも多いです。

これからブログを始める人は覚えておいてください。とにかく書く・書く・書く!という時期が大切なんです。

 

ニッチ過ぎることは自覚しつつも好きなことを書いた

「構造設計」に関する記事は読む人が少ない。

そんな事実は知りつつも、とにかく仕事(構造設計)に関することを書き続けました。当時の僕には、それくらいしか書くことが無かったし、仕事のストレスも発散できました。

 

結果としてそれが良かったのだと思います。自分が好きなこと、書きたいことじゃなかったら、ブログ自体続かなかったでしょう。

色々とリサーチして戦略的にブログの記事を書くのも結構ですが、勢いや熱に身を任せ記事を書くのもおすすめしたい。

 

まとめ

ブログを続けていると、壁に沢山ぶち当たります。

僕のブログなんて壁の連続で、pvは徐々にしか増えませんでした。もうアクセスは度外視で記事を書き続けたものです。

その時の経験が今になって活きています。

 

  • 書くこと、続けること。

この2つだけを忘れなければ大丈夫、そう思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  2. 大学教授は上手い商売なのか
  3. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  4. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  5. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方

関連記事

  1. 建設業界のこと

    僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無…

  2. 建築のこと

    なぜ伊東豊雄事務所は安藤忠雄事務所よりも有名建築家を輩出できたのか?

    ども、tyazukeです。槙文彦氏が「野武士の世代」と名付けた…

  3. 建築のこと

    今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

    ども、tyazukeです。「日本の技術力は一番!」「日本は最強…

  4. 建築のこと

    youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由

    ども、tyazukeです。「建築設計やってます」というと大抵「…

  5. 建築のこと

    ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

    ども、tyazukeです。アナログ派のご老人に困ったことはあり…

  6. 建築のこと

    建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?

    ども、tyazukeです。学生時代、どの大学に入るかはとても大…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  3. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP