ブログ運営

建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

ども、tyazukeです。

ブログを始めて1年かかって100記事、その半年後に200記事に到達しました。段々と書くスピードも上がっています。

 

前回、こんな記事を書きました。

建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

今回は200記事を書いて、ブログのpvにどんな変化があったのか説明します。

スポンサーリンク

 

ようやく1つの目標だったpvを達成

個人ブログで、最初に達成すべきpv数があります。

それが

  • 1万pv/月

です。僕は遅れながらも、200記事を投下したところで、ようやく1万pvを超えました。一日換算で300pvってことですね。

 

100記事書いたときは、10pv/日だったので、大きな前進ですね。

 

少しづつブログのパワーが上がっていることを実感しました。ただ、ここまでの道のりは簡単じゃなかったです。

 

200記事までは、何も考えずとにかく書いた

200記事を達成した期間は半年でした。2日に1回以上はブログを更新していたことになります。幸いにも、仕事ネタは山のようにあったので、何も考えずとにかく書きましたね。

この時に書いた記事をみると、本当に何も考えていない書き方で笑。

 

でも熱がこもっていました。今でもpvを稼いでくれる記事は、この時期に書いたものも多いです。

これからブログを始める人は覚えておいてください。とにかく書く・書く・書く!という時期が大切なんです。

 

ニッチ過ぎることは自覚しつつも好きなことを書いた

「構造設計」に関する記事は読む人が少ない。

そんな事実は知りつつも、とにかく仕事(構造設計)に関することを書き続けました。当時の僕には、それくらいしか書くことが無かったし、仕事のストレスも発散できました。

 

結果としてそれが良かったのだと思います。自分が好きなこと、書きたいことじゃなかったら、ブログ自体続かなかったでしょう。

色々とリサーチして戦略的にブログの記事を書くのも結構ですが、勢いや熱に身を任せ記事を書くのもおすすめしたい。

 

まとめ

ブログを続けていると、壁に沢山ぶち当たります。

僕のブログなんて壁の連続で、pvは徐々にしか増えませんでした。もうアクセスは度外視で記事を書き続けたものです。

その時の経験が今になって活きています。

 

  • 書くこと、続けること。

この2つだけを忘れなければ大丈夫、そう思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  2. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。
  3. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  4. 自分の生き方に満足できていますか?
  5. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと

関連記事

  1. 建築のこと

    藤村龍至×嶋田洋平の、建築をやるか・やらないか?

    ども、建築嫌いのくせに、毎日建築事務所で仕事をしているtyazukeで…

  2. 労働のこと

    中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

    ども、tyazukeです。この記事を読んでいるということは、設…

  3. 建築のこと

    家は影の下なのになぜ熱いのか?

    ども、tyazukeです。木の木陰に入ると涼しく、暑さをしのげ…

  4. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来

    建築設計業界も、いよいよAIのビッグウェーブが押し寄せてきたようですね…

  5. ブログ運営

    ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット

    ども、tyazukeです。9月は自分の中で目標がありまして、そ…

  6. 建設業界のこと

    業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。

    ども、tyazukeです。就職活動を始めると沢山の会社が目に留…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP