ブログ運営

この建築系ブログを使って、何をやりたいか考えた

ども、tyazukeです。

このブログを始めて2年以上経ちましたが、ついに1日1,000人を超えました!

 

ブログを開設した当初を思い返してみると、構造設計の辛み恨みをツラツラと書くブログでしたねぇ~。

ご想像の通り、そんな超マニアックなブログなんて誰も見るはずもなく・・・。1日1人見に来るかどうか、という程度。

(下図が、このブログ運営のデータです↓)

1年間以上は、そんな感じで誰に読まれるわけでもなく低空飛行を続けていました。そこから徐々に、本当に微々たるアクセスアップ。

そして現在に至るわけです。

さて今回は、このブログのアクセスも増えてきたことだし、この建築ブログを使った目標を立ててみようと思います。

スポンサーリンク

 

① 今年度中に、1日3000アクセス

当面の目標は、このブログを今年度中に1日3000人程度のアクセス数にすること。建築ブロガーという異名を欲しいままに暴れます・・・というのは冗談で。

やっぱり沢山の人にブログを読んでもらいたい、というのが率直な気持ち。仕事で認められていない分、承認欲求が強いのかもしれません。

 

ところでブログに興味が無い人はご存知ないかもしれませんが、月に10万回ブログが閲覧されると、アマチュアブロガーでは相当の域に達しています。

1日3000アクセス、というのは月10万アクセスということ。

建築嫌い系建築ブロガーとして発信力をつける

やっぱり建築嫌い系建築ブロガーとして発信力をつけたい。そのためには、もっと企画を作りこまなきゃダメだと感じていますね。

ありきたりな記事だと読者の方も不満でしょうし。

 

ぶっちゃけ構造設計、構造屋の不満的な記事を書いてもマニアック過ぎて見てくれる人が少なすぎるんですよ。

だから、もっともっと建築の枠を超えない範囲でテーマを広げていこうかな、と。9月は建築家について沢山書く予定。

精進あるのみ。

 

③ カーサブルータスで記事を書く

超が付くほど有名な建築系雑誌「カーサブルータス」

オシャレな雑誌だし、建築建築してないのが良いですよね。この建築ブログが認知されて、どこからかお声がかかるのを夢見ています(叶いますように・・・)。

 

ただ「建築嫌い系建築ブロガー」と名乗っている点、建築雑誌で書くには致命的ですけどね。それを飛び越えて書く!

 

まとめ

実はもっと沢山目標を立てようと思ったのですが、遠慮しました。

欲張りすぎはダメです。

 

当面はこの建築ブログを、「建築系メディア」として成長させること。そして、発信力をつけること。

この2つですね。発信力が高まれば、いずれは建築雑誌にも「建築嫌い系ブロガーのtyazukeさん」と書かれると思うので(自信ない!)

 

今後も宜しくお願いしまーす。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  2. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  3. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ
  4. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  5. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。

関連記事

  1. 労働のこと

    今日中に資料が欲しいと言われ、徹夜で作業したのに無駄だった話。

    社会人になって一番驚きだったのが、『資料が今日中に欲しい』と言われるこ…

  2. ブログ運営

    怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由

    ども、tyazukeです。ブログを運営していると、「雑記ブログ…

  3. 雑学

    師走ですねぇ。今日も夕方に更新します(_ _)

    師走ですねぇ。皆さんいかがお過ごしですか。もう26日寝るとお正…

  4. 雑学

    ミスを報告しても怒られにくい?たった1つのタイミング

    ミスは誰でもします。あなたも、あなたの上司もミスから学んでいます。でも…

  5. 構造設計に関すること

    3人の構造家と1人の研究者と会った話。

    社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したこと…

  6. 生きる知恵

    失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法

    ども、tyazukeです。社会人5,6年目になると早い人は部下…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP