建築業界の分析

最終更新日: 2019.09.29

社会人で、AIJの会員を続けるメリットは?

ども、tyazukeです。

最近、理系の大学生はほとんどが大学院に進学します。大学院では授業よりも、アルバイトよりも、研究が生活のメイン。

その研究を発表する場が学会。建築学生のほとんどは建築学会会員(以下、AIJ会員)です。

 

学生時代は半ば強制的に入会したAIJですが、社会人になればAIJ会員である必要ないですよね。「よし!年会費12,000円もかかるしさっさと解約解約」

ちょっと待った!

 

案外社会人でもAIJ使うかもよ?今回は社会人になって、AIJの会員を続けるメリットについて考えてみました。

スポンサーリンク

 

① 建築図書館が無料で利用可能

一番のメリットは建築図書館が無料で利用できること。建築図書館とは、建築学会が運営する図書館です。

その名の通り、建築に関する図書を扱っています。

 

図書数は、

図書:約46,000冊(和40,000冊、洋6,000冊)
雑誌・研究報告:約1,200種(和1,000種、洋200種)、新聞(10紙)

もあり、豊富です。また書籍だけでなく、研究報告もそろっている点がポイント高い。研究をライフワークにされている方には必須です(※本図書館は貸出は行っていません)。

 

但し!実はこの図書館、有料なんですよねぇ。建築学会の会員以外は、下記の手数料が必要。

日本建築学会の入会案内 会員外の利用は、1 日につき正会員の 紹介状 (word・pdf)と利用料1人300円が必要です

1日300円なら大したことないかもしれませんが、1ヶ月に2回行けば600円。それを12カ月続ければ、600x12=12000円と、ほぼ年会費の元を取れる計算です。

場所は「東京都港区芝5―26―20地階」、東京や近くにお住まいの建築好きにはとてもメリットがありませんか?

② 建築学会の学会誌「建築雑誌」が毎月届く

また建築学会の学会誌「建築雑誌」が毎月届きます。アカデミックな内容が盛りだくさんで、「建築学」の今が分かる。

 

で、お金の話ばかりで申し訳ないですが、実は「建築雑誌」は単体で買うと1300円もします。

1300円です。10か月で年会費の元をとれます。

 

③ 建築学会の講演会や書籍などが値引きされる(会員価格)

建築学会主催の講演会や、発行される書籍が値引きされるのも嬉しい。

 

例えば、こんなマニアックな本も会員価格で1割引ドン!

2016年台湾・美濃地震災害調査報告書

第1版 / A4 / 130頁 / 2017年08月 / ISBN978-4-8189-2050-7

定価3,996円(税込)
会員特価3,596円(税込)

 

④ ホテルが10~20%割引

僕も初めてしりましたが、提携ホテルに泊まるとき建築学会の会員証を提示すれば割引されます。

 

しかも、10~20%も!会員ならびに、同室宿泊者も安くなります。建築学会の発表があるときは、みんなここに泊まるんでしょうねぇ。

一応、ホテルのリストを掲載しておきます。まぁまぁ良いホテルばかりですよ。

  • セレスティンホテル
  • プリンスホテル
  • 東急ホテルズ
  • ワシントンホテルチェーン
  • 阪急阪神第一ホテルグループ
  • 三井不動産ホテルマネジメント
  • シェラトン都ホテル東京
  • オークラホテル丸亀
  • ホテルグランヴィア大阪

 

まとめ

  • 建築図書館が無料で利用可能(東京住まいならメリット有)
  • 建築図書館に1ヶ月2回の利用×12カ月で、年会費の元がとれる
  • 建築雑誌1冊が1300円なので、元は既にとれている。
  • ホテルなどが1~2割引で宿泊可能
  • 超マニアックな建築本が1割引で購入可能

上記に挙げたメリットの他にも色々と会員特典があるみたい。併せて纏めておきました。

 

散々AIJ会員を続けるメリットを書いておきながら、僕は社会人になってAIJを辞めました。理由は、東京住まいじゃなかったから。

だって地方は建築学会の講演会も少ないし、建築図書館もないし・・・。でも、東京に住んでいたら学会員を続けていたかもなぁ、と思えるほど充実した内容ですよ~。

 

建築学会会員の特典一覧

1.代議員の選挙権・被選挙権(正会員のみ)
2.機関誌「建築雑誌」の配布,「作品選集」の希
望配布
3.大会学術講演会・建築デザイン発表会での
講演発表※1
4.「論文集」・「技術報告集」・「英文論文集」へ
の投稿※1
5.本会主催設計競技,「作品選集」への応募※1
6.「論文集」・「技術報告集」の予約購読の割引
7.大会・講習会等の学会行事への参加優待
8.本会刊行図書の特価購入
9.図書館の利用,文献コピーサービスの割引
10.ホール,会議室,ギャラリー等の学会施設
の利用割引
11.本会ホームページ会員限定コンテンツの
利用
12.メールサービス広告掲載料の割引※2
13.本会ホームページの「法人・賛助会員一
覧」にてバナーの無料掲載※2

では!

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  2. 日建学院や総合資格の合格実績は?予備校のトリックに気づいて自分の頭で考えよう
  3. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  4. 構造設計を辞めたい?理由、辛かった体験談と退職理由、転職先の調べ方
  5. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

関連記事

  1. 建築業界の分析

    有名建築家による欠陥住宅が酷すぎる件

    ども、tyazukeです。少し世代が古い日本の建築家の中には、…

  2. 建築業界の分析

    建築は道路に支配されている、と言う話

    ども、tyazukeです。日本の建築は、「外壁後退距離」という…

  3. 建築業界の分析

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

  4. 建築業界の分析

    隈研吾氏が唱える「小さな建築」とは何か?

    ども、tyazukeです。小さな建築とは、隈研吾氏が提…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築屋さんの転職

    設計事務所への就職はどう?種類、仕事内容、給料、労働環境など
  2. 設計事務所の実態

    自分で必要・不必要を判断してはいけない、という話
  3. 建築屋さんの転職

    独立した設計者の仕事ぶりを、リーマン設計士と比較してみた
  4. 建築屋さんの転職

    大建設計の気になる評判は?転職時の年収、残業時間を調べてみた
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】日建学院の総評から、H30年度試験の傾向を読み解いた
PAGE TOP