労働のこと

建築設計のライフワークバランスって?

文字通り、ワーク(仕事)とライフ(生活?人生?)のバランスのこと。建築設計はワークの比率が異常に大きいのが特徴。

でもこの歪は昔からの悪習で慣れ過ぎて大きな問題にもならない。むしろ、我々の上司世代に言わせれば、「俺らが若いころはもっと大変だった」という類の、ハイハイ。という話題も。

スポンサーリンク

 

昔は大変だった?見返りがあったでしょ?

昔はもっと大変だったと言っても、設計も施工もむちゃくちゃやってる。忙しい分ボーナスも良かっただろう。定年迎えるまで仕事続けられる保障もあったわけだから。

そりゃ頑張れるでしょ?

 

生きるために仕事をする

話を元に戻すと、生きるために仕事をするということが大原則だと僕は思うんです。月並みな話ですが、これが逆転することはあってはいけなくて。

W(ワーク)<L(ライフ)な生活があれば、心が苦しくなる状況はないかなあと思います。

でも、W=0になると生活できないし、ゼロで生活できたとしても多分不幸になると思うんです。逆のL=0な状況は、もはや生活が成り立っていない。

でも不思議なことに、W=Lの関係は仕事好きな人に多いですから、逆に幸せかも。

 

凡人はW(ワーク)<L(ライフ)を目指して。

一部の人はW=Lにできます。ごく一握りだけ。でも僕たちはW(ワーク)<L(ライフ)で生きましょうよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  2. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。
  3. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  4. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」
  5. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法

関連記事

  1. 労働のこと

    TPPに参加すると建設業界が危ない

    今日、トランプ氏が『TPP離脱を表明した』という報道をみました。この前…

  2. 建設業界のこと

    「哲学」から読み解く建築に関する諸問題(建物の沈下等)

    久々にマイケルサンデル教授のジャスティスを読みました。学生時代に購入し…

  3. 労働のこと

    半沢直樹に学ぶ、利益追求と公共性の話

    池井戸潤さんの社会派小説が好きで数冊持っています。中でも「銀翼のイカロ…

  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について

    ども、tyazukeです。仕事の適性って見極めるのが本当に難し…

  5. 建設業界のこと

    ゼネコンはロボット会社と提携してIcT技術の研究開発をもっと行うべき

    世界と比べても日本のゼネコンは開発費用が多い国です。しかし、産業別にみ…

  6. 労働のこと

    建築や構造に関する『熱』が薄れていく中で・・・。

    以前からブログで書いている通り、僕は建築や構造に関する『熱』を既に失っ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
PAGE TOP