建築のこと

建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。

ども、tyazukeです。

僕は常々思っていたことがあります。「建築家の顔写真って真正面から写らなくね?」ということ。不思議ですよね。皆、斜め上、横、下、色んな方向を見ているんですよ。

勝手にそういう写真を撮られたのかもしれませんが・・・。顔を売りたいのなら真正面写真が一番いいですよね。あえて横顔や斜め顔にする理由ある?

 

ということで今回は、「建築家、真正面から写真を撮られたくない説」を検証します。

え?くだらない?。

正解です。今回は、くだらない企画です。

スポンサーリンク

 

まず、グーグルで「建築家」と検索してみよう。

さて、まずは誰が「建築家」なのか共通認識を持っておきましょう。要は、建築家の定義です。さすがに、独立したての地方建築設計者まで建築家にカウントするわけにはいきませんからね。

ですから、僕はグーグルで「建築家」と検索しました。するとグーグル先生が、「建築家」と認定した人をウィキペディアの上の方にリストアップしてくれます。

この方々が建築家です。

 

斜め顔派と真正面顔派の違い

建築家の写真の撮られ方には大きく分けて2つあります。1つは斜め顔派、2つめが真正面顔派です。斜め顔派の建築家として僕が真っ先に名前を挙げるとするなら、「安藤忠雄」です(敬称略)。

コレ見てくださいよ。

立派な斜め顔派ですね。僕たちから見て右斜め上を力強くみています。まるで、その視線の先に何かあるのか想像してしまうほど。

安藤氏のことですから、視線の先に「愛と勇気、夢や希望」があるんでしょうねぇ・・・。

 

お次は真正面顔派について。一押しはレムコールハース。海外の有名建築家です。

ブレない真正面ですね。一点の曇りもありません。この状態で気絶してんじゃないかってくらい、本当に綺麗な真正面顔です。

 

見下げ顔と、FU○K顔

建築家の写真の撮られ方は、先ほど申し上げた通り大きく分けて2つ。しかし、その道から外れた建築家の方もいらっしゃいます。

1つは見下げ顔の急先鋒。ザハ・ハディド。

真正面を向いているのですが、視線が正面ではありません。かといって斜めを向いているわけでもない。これを見下げ顔と言います。良く見ると、髪の毛に風が吹いています。

まるで歴戦の武将ですね。このインパクトは安藤氏の斜め顔に通じるものがある、そう思いました。

 

次は少々下品ですけどFU○K顔。フランクゲーリーです。まぁ、みれば分かります。

あの。この写真僕が選んだんじゃないですから。グーグルに「建築家」といれて、吐き出された結果だから。

 

斜め顔派、真正面顔派でほぼ同率。

で、集計してみると意外にも斜め顔が少し多い程度で、真正面顔派とほぼ同率。51:49くらいの戦いです。

建築家ってのは、どうしてもカッコつけたがる人種なので「写真も斜めに撮られたがる」と思っていたのですが。そうでもないみたいですね。

 

 

ちなみにミースは真正面顔派。

 

フランク・ロイド・ライトは斜め顔派。

 

世界の丹下は真正面派。

 

世界の槙は斜め顔派。

 

真正面顔派は実直な印象(堅実)、斜め顔派は奇抜

この辺りで話を終えても良いのですが・・・もう少し付き合ってください。

実は写真の撮られ方って重要で、芸能人は宣材写真で顔を売りますね?それに、選挙ではデカデカと顔写真のポスターを貼って宣伝します。

顔写真って重要なんです。

 

建築家も自分を売り込みたいのなら、顔写真のイメージまで気を配ってもいいよね。

例えば見下げ顔派のザハ・ハディドは顔写真と、彼女の建築が妙にマッチしているように思えるし。実直というより奇抜じゃないですか?

 

FU○K顔のフランクゲーリーも、素晴らしいFU○Kみたいな建築を設計するし・・・。

これは何の根拠も無いのですが、真正面顔派の建築家は実直な建築を設計しそう。斜め顔派は奇抜。

 

え?「んなわけねーだろ」って?まぁまぁ、建築の楽しみ方は人それぞれ。僕は建築物をみて、内部空間を楽しむことはできませんが、建築家の顔写真をみると楽しい。面白いです。

 

そういう建築の楽しみ方も有り・無しで言えば「あり」なわけで。こうやってブログのネタが1つ出来上がるくらい、建築家は面白い。

 

うん、やっぱり何が言いたいかまとまらなくなった!

やっぱり建築家は「愛と勇気、夢や希望」を与えてくれますね!

では!

参考URL

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  2. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  3. 自分の生き方に満足できていますか?
  4. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  5. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方

関連記事

  1. 建築のこと

    コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと

    ども、tyazukeです。コンペに参加しても中々勝てない。成果…

  2. 建築のこと

    youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由

    ども、tyazukeです。「建築設計やってます」というと大抵「…

  3. 建築のこと

    建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

    ども、tyazukeです。家、ビル、体育館。ありとあらゆる建物…

  4. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  5. 労働のこと

    建築業で独立する人に共通する、たった4つのこと

    ども、tyazukeです。建築の世界で独立する人って案外います…

  6. ブログ運営

    建築系ブログを300記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。300記事に到達したのは、今年の4月…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP