労働のこと

【tyazuke式】性格別、仕事の適性について

ども、tyazukeです。

仕事の適性って見極めるのが本当に難しい。この記事を書いている僕も、自分の適性を見誤った一人です。

運よく天性の仕事を見つける人もいれば、一生適性が分からず働く人も。

今回はtyazuke式と冠して、僕が考える性格別、仕事の適性について紹介します。

スポンサーリンク

 

ステップ① 社畜になれるか、なれないか?

そもそも溢れる適性診断が「会社員であること」を前提にしています。でも、会社員ができない人だっています。

会社員になること=社畜になること、だと思ってください。実は社畜になれる適性って結構な人が持っています。

感覚的には8割くらいの人に社畜素質があります。じゃあどうやって自分に社畜素質がある・無しを判断するのか。

1つ質問を出してみます。

 

あなたは会社員10年目です。そこそこの地位をえています。結婚して子供もいます。そんなあたなは、上司に呼び出されました。「○○君、キミには新しい営業所の支社長になって欲しい」。さて、あなたはどうしますか?

  1. ありがとうございます!引き受ける。
  2. 折角ですが私には荷が重いので、辞退させていただけませんか?

 

もし、この問題文を何の躊躇もなく、平然と読めてしまったのなら社畜の素質があります。重要なのはココです。

「~会社員10年目~」

社畜じゃなきゃ10年間も会社で働けません。

 

もし「いやいや10年って長ッ!」等と少しでも思った人。あなたに社畜素質は1mmもありません。つまり会社員は向いていないのです。

まずは自身が「社畜になれるか、なれないか」を判断すること。あなたが社畜に向いていない場合、独立してフリーで働く方が人生上手くいくかもね。

 

ステップ② 女優になりたいのか、人気者になりたいのか?

仕事の適性は「職業」というステレオタイプの選択肢で惑わされます。

 

例えば、人気者になりたいAさん。彼女は「女優」になることを夢見ていました。なぜなら女優は人気者になれるからです。

その後女優の道へ進むため演劇団へ入り、下積みを積んでいたAさん。しかしAさんは「演技」が、そこまで好きではないと気づきました。そして女優の道は諦めたのでした・・・。

 

これは「女優」という職業=「自分の人気者になりたい適性」がマッチすると考えて失敗した極端な例です。

そう。重要なのは「職業」ではありません。仕事の適性というのは、もっと本質的なものです。

 

人気者になりたいAさんなら、女優だけでなくyoutuberだって選択肢だし、そもそも会社員をやりながら社内の人気者(マドンナ)になる手もある。

Aさんが考えるべきは、「自分がどういう人気者になりたいか?」「なぜ人気者になりたいか?」「人気者になって何がしたいか?」など、心にどストレートに向き合うべきだったのです。

世界的な人気者、国民的人気者、地域の人気者など色々とありますからね。

 

ステップ③ 自分の適性を考えてみよう

女優の例をだしました。次は自分の適性を考えてみてください。このブログは建築系の人が沢山みています。

そのつもりで、もう1つ例題。

 

B君は計算がとても得意。数式をバリバリ解くことが好きです。だから自分の適性は、「構造設計」という職業にあると思いました。もう、間違いないって感じです。

しかし入社してみると、何か違う。構造設計という仕事は、数学をバリバリ使うよりも立体的な感覚、モノづくりのセンスが本質的に問われる仕事です。

 

B君は「構造設計、構造計算」という職業のステレオタイプのイメージ(計算ばかりするのだろう)に惑わされミスったのです。

またB君はモノづくり自体に、そこまで興味が無いことに気づきます。それに数学の数式を解いているときは、なにか追求することの楽しさを感じていたのでした。

 

さて、いかがでしょうか。自分の適性判断をやってみましたか?

自分が何をやりたいのか。重要なのは職業ではありません。もっと本質を考えましょう。「何の仕事をするか」は、さほど重要ではありません。

それより「何をしているときが楽しいか?」これを考えるべき。そこから掘り下げて掘り下げて。そうやって、やりたいことが見つかったのなら、それは金脈です。

 

その金脈を大事に育てて金塊を掘り当ててください。

 

いずれにしても、人生は一度切り。人生は自分の所有物です。いつでも、いくらでも方向は修正可能ですから、自分の適性をしっかり見極めましょうぜ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 二級建築士の受験資格について
  2. 建築は道路に支配されている、と言う話
  3. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  4. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  5. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

関連記事

  1. ブログ運営

    建築系ブログを100記事書いたときのPVと反省点3つ

    ども、tyazukeです。ブログを書き続けて2年経ちました。当…

  2. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  3. 労働のこと

    新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・

    ども、tyazukeです。『建通新聞』をご存知でしょうか。建設…

  4. 労働のこと

    【続3】新入社員がいきなり仕事できると思うなよ。

    4月に入って既に2週間経ちます。今年に入って、もう4ヶ月半経過している…

  5. 労働のこと

    僕が体験した図面のチェック体制が整っていない環境と危険性

    他事務所さんの話を聞いて一番ギャップを感じることが、『仕事はチームです…

  6. 労働のこと

    その働き方、何歳まで続けるつもりですか?

    僕は何歳まで働くのだろう?と思うことがあります。事務所をみると、60歳…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP