二級建築士の試験勉強

【二級建築士】鉛直荷重に関する問題の解き方

ども、tyazukeです。

今回は二級建築士の問題を解いていきましょう。

簡単です、簡単。要点を押さえて丸暗記。

スポンサーリンク

 

問題

平成28年度の二級建築士の問題です。

〔N o.7〕 構造計算における鉛直荷重等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.多雪区域において、長期に生ずる力の計算に用いる積雪荷重は、短期に生ずる力の計算に用いる積雪荷重の 0.35倍の数値とする。

2.多雪区域を指定する基準は、쓕垂直積雪量が1m以上の区域」又は쓕積雪の初終間日数の平年値が 30日以上の区域」と定められている。

3.各階が事務室である建築物において、柱の垂直荷重による圧縮力を計算する場合、積載荷重は、その柱が支える床の数に応じて低減することができる。

4.暴風時における建築物の転倒、柱の引抜き等を検討する場合、積載荷重は、建築物の実況に応じて低減した数値によるものとする。

5.同一の室に用いる積載荷重の大小関係は、一般に、쓕床の計算用」> 쓕大梁及び柱の計算用」> 쓕地震力の計算用」である。

答えはなんでしょう。これ意外と難問ですよ。

 

解き方の考え方

建築士の試験は「不適当」を探す問題がほとんど。よって消去法で答えを見つけ出します。スタンダードな方法は、上から順番に選択肢を消去していくこと。

まず①から。①は適当な文章です。積雪荷重は基本的に短期荷重として考慮します。理由は、「雪はたまにしか降らないから」です。

長期荷重は、常に作用する荷重なので積雪荷重には含めません。しかし例外が1つ。それが「多雪区域」です。

 

多雪区域とは雪が沢山ふる場所。1m以上降る場所を言います。そして多雪区域は一般的な地域と違って、常に雪が降ることも考えます。ただ、さすがに夏は雪も降らない。

というわけで、多雪区域では長期荷重に積雪荷重を短期荷重の0.35倍見込むことにしています。

 

②も積雪荷重について。先ほど述べたように1m以上積雪がある箇所は多雪区域。30日以上雪が積もる箇所も多雪区域。これは暗記してください。

 

③は構造設計の中では特殊な考え方です。これは覚えて欲しいのですが、構造設計で「減らす」という行為は勇気のいることです。荷重を減らす、鉄筋を減らすなど。

ですから、通常は「減らす」というキーワードが建築士の問題に出てきたら「あれ?」と思いましょう。

でも、この選択肢は例外。柱を支える床の数に応じて積載荷重を減らすことが可能です。

 

④は、まさに③で説明したことです。「減らす」という行為は構造設計では普通やらない。「~低減」と書いてありますね。

だから不適当な文章です。つまり④が正解の選択肢ですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?
  2. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  3. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  4. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」
  5. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    二級建築士の試験勉強したいならユーキャン良いかもよ?

    ども、tyazukeです。これまで一級建築士や二級建築士の予備…

  2. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?

    ども、tyazukeです。一級建築士と二級建築士の違いって何で…

  3. 二級建築士の試験勉強

    二級建築士になって転職すると、年収いくらになるのか?

    ども、tyazukeです。二級建築士の価値って年収でいくらだよ…

  4. 二級建築士の試験勉強

    二級建築士の受験資格について

    ども、tyazukeです。今回は二級建築士の受験資格について紹…

  5. 二級建築士の試験勉強

    【二級建築士】風圧力、地震力の計算に関する問題

    ども、tyazukeです。今回も二級建築士の問題を勉強します。…

  6. 二級建築士の試験勉強

    二級建築士の学科試験って本気出せば18日で受かるんじゃね?

    ども、tyazukeです。今回から一級建築士の話題だけでなく、…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP