労働のこと

【続4】新入社員がいきなり仕事できると思うなよ

かれこれ1週間以上、会社を休んでいた新入社員のB君。本日、無事に出社してきました。1週間以上仕事を休んだ後、会社へ行くことはとても悩んだでしょう。

顔はすっかり憔悴しきっていました。入社当日に見せた目の輝きや希望は一切ありません。B君は入社3週間ほどで周りの大人たちと同じように、すっかり死んだ魚の目をしていたのです。

全てを悟ってしまったB君の目をみると、僕まで悲しくなりました。学生時代に楽しかった「建築の夢」が、一瞬にして崩れ去った瞬間です。

スポンサーリンク

 

B君は何を悟ったのでしょうか。

他の事務所さんがどうかは知りませんが、僕が務めている会社で仕事を楽しんでいる者は1人としていません。

ただただ苦しんでいます(もちろん、それが仕事というものかもしれませんが・・・)。

僕がそれを実感したのは入社した当日。弊社が設計した作品を案内してくれている時(車中にて)。運転席には4年上の先輩イさん。助手席には4年上の先輩のロさん。後部座席に僕。

 

最初はどこに住んでいるのとか身の上話をして、一通り会話が無くなった頃。「tyazukeくんはいつ事務所辞めるの?」と聞かれたのです。

僕は「えっ」と思いました。入社したその日に、事務所を辞める話をするとは思わなかったからです。

僕はこのとき悟ってしまいました。

(この会社には居ては駄目だな・・・)と。B君も同じ気持ちだと思います。もちろん口には出しませんが。

僕が入社してから2年後、イ・ロ先輩はお二人とも転職しました。そして現在の僕は、設計職自体を辞める準備をしています(その話は脱線するので省略します)。

 

とりあえず息を潜めたエビノ課長

新入社員B君の現況について話を戻しましょう。

とりあえずB君を苦しめていたエビノ課長は、B君に対して酷いことはしませんでした。社員からの告発があったのか、思い改めたのか(自分の評価を気にして)、それはわかりませんが。

ただ気になるのが「あまりにも干渉しなさすぎる」ことです。もう、「うんともすんとも」言いません。エビノは文字通り木偶の棒みたく話すらしなくなりました。おいおい、極端すぎるだろと思うのですが・・・

このまま教育を諦めて何もしないつもりかも。そして突然仕事を放り投げ、「明日まで」とか「今日中」とか言い出すのでしょうか。

 

僕の目からみるとエビノ課長さえいなければ、良い部なのになぁと思います。チームワークは強くなると思うし、コミュニケーションも高まる。

森は、1つ1つの木を健康的に成長させるために間引きするように、エビノ課長を一旦窓際族にする、仕事に関わらせない等もっと対策すべきです。

ちな【続5】も準備中。

 

来年度の新入社員さーん。ブラック事務所には気を付けましょうぜ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  2. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?
  3. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  4. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  5. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

関連記事

  1. 労働のこと

    隈研吾に学ぶ、世の中の空席を見つけ勝つ方法

    僕は建築が嫌いです。いや、元々はそれなりに好きだったんだけど、…

  2. 労働のこと

    「最近の若者は忍耐が足らん!」いや、それ違うよ?

    ども、tyazukeです。「最近の若者は忍耐が足らん」っていう…

  3. 労働のこと

    中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

    ども、tyazukeです。この記事を読んでいるということは、設…

  4. 労働のこと

    建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

    ども、tyazukeです。将来は建築家として独立しよう。そんな…

  5. 労働のこと

    「日本再興戦略 2016 ―第4次産業革命に向けて―」を読んだ感想。

    国交省のHPからPDFでダウンロードできるコレ⇒日本再興戦略 2016…

  6. 労働のこと

    建築設計の仕事は、労働量を決めるのがとても難しい話

    久々に建築設計の労働に関する話題でも。最近、国が定める残業時間…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  4. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP