本の紹介

【書評】建築家と家を建てたい、を読んで

「一生に一度の買い物」を建築家に頼みたい人は案外多い。建築関係のテレビ番組が増えたことが大きな理由かもしれない。例えば、終わった番組だが「劇的ビフォーアフター」も、その現象に火をつけた番組の1つだ。

また、建築家と家を建てる施主側のメリットは、デザイン的に素晴らしい家を建てられる、ことが大きな理由だが、もう1つは「思っている以上に低価格」ということだろう。

 

「建築家=高級」というイメージが実際は低価格だったら誰しも食いつく。その証拠に、建築家が設計した住宅の中には、1000万円台というハウスメーカー顔負けの物まである。

「自分達にも手が届きそう」。そんな理由も相まって、建築家に頼みたい、と考える人たちは確実に増えているのだ。

昔は建築家に依頼することは、お金持ちしか手が届かなかったが、今では普通の人々でも選択肢の1つである。

本書は、そんな建築家に家を建ててもらいたい、と考える人向けの本だ。一体誰に設計を依頼すれば良いのかわからない、僕たちからすれば当たり前なことまで懇切丁寧に書いてある。

 

前半はネットで収集できる情報ばかりだが・・・

内容は僕たちからすれば当たり前、ということばかり。一般の方からすれば懇切丁寧に書いてある、と思う。

ただし、本書の前半はネットで収集できる情報ばかりのように感じた。少し建築に詳しい素人の方なら、本を買っただけのメリットが感じられないと思う。

 

 

後半の、実際の設計例は参考になる。

一方、実際の設計例は参考になる。その事例で僕が感心したのは「ハコの家」だ。ハコの家は、その名の通り四角形の家で、東京の狭小土地に建つ住宅。

元々は、少ない建築費用と狭い土地に対する特殊解だった。狭い土地でいかに安く、快適に過ごすか。これを追求した結論の1つが、ハコの家だという。

 

当初は設計者もハコの家は特殊解だと言っている。だが、ハコの家をみた施主予備軍(これから家を建てたい人)が偶然、雑誌で見たり、建てた人の家を通りかかったりして、設計依頼が殺到したそうだ。

建築は1つ1つ全て違う、というが諸条件が似ていれば同じ答えが導き出されることもある。ハコの家は、「土地が狭い、とにかく安く」という条件を満足したい施主にはぴったりの答えだったわけだ。

 

そんな施主の要望に対する「答え(応え)」の数々が、本書の半分くらいを占めている。「なるほど、そんなこともできるのか」と思いながら読めるだろう。

「ハコの家」のように、あなたが考える諸条件と参考事例の条件が一致したのなら、しめたものだ。

 

建築家と家を建てたいけど、費用面で悩んでいる、建築家と家を建てる実状を知りたい人には良いかもしれない。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  2. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  3. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  4. 公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由
  5. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】建築に夢をみた、を読んで。

    安藤忠雄さんの著書です。随分前に執筆された本ですが、実はNHKのテレビ…

  2. 本の紹介

    【書評】建築史的モンダイ、を読んで。

    この本面白かった。書評の初めにこんなコメントをするなんて珍しい、と自分…

  3. 本の紹介

    【書評】本田正信VS石田三成

    ども、tyazukeです。久々に小説を買いました。コレです。 …

  4. 本の紹介

    【書評】理系バカと文系バカを読んで。

    キャッチーなタイトルが目を引きます。逆に言えばそれだけの本でした。…

  5. 本の紹介

    【書評】すぐにわかる構造力学、を読んで本当に分かったこと。

    ども、tyazukeです。学生の頃、どうしても曲げモーメントと…

  6. 本の紹介

    【書評】減築のすすめを読んで。

    図書館で借りた本「減築のすすめ」を読みました。というのも、僕自身こ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  4. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP