本の紹介

【書評】作家の支出、を読んで

小説家らしからぬ本を小説家が書いた。TVドラマでも有名な「全てがFになる」の原作者、森さんだ。

有名な作家だが一度も小説を読んだことがない。どんな作家か?良く知らないのだが、本書を読んで驚いた。

結構稼いでいる方なんですね。

 

彼は元々旧帝国大学の助教授だった(建築学科らしい。しかも構造系に近い分野だそう。材料系?)。で、38歳から小説家デビューした遅咲きの作家なのだ。安定を捨て小説家になり、見事、成功する。この辺に、尋常ではないセンスが伺える。

もちろん、いきなり職を捨てて小説家一本ではなかったらしいが、それでも毎月手取り45万円が振り込まれるなら、そっちの方が楽そうだ。老後も手厚いだろうし。

たとえ、Fになる、の印税が6000万振り込まれても、だ。その安定を払いのけて小説家になる、というのは相当な称賛があったか、小説で飯を食いたかったか。

普通、後者の方なんだけど森氏は前者。彼の中には小説家で勝つ戦略のようなものがあったかもしれない。

 

ところで小説家はお金に無頓着、というイメージがあるのだが森氏は真逆。そもそも小説家になった理由も「趣味のお金のため」なんだそう。

普通、お金のために仕事をする者たちが、「成功した」なんて話を聞いたことが無い。大抵、好きなことを仕事にしたから成功できた、とか聞く。でも、森氏は違う。お金のために、夜に出来る仕事を始めた。

 

それが小説を書くことだった。しかも、デビュー作がバカ売れしてしまう。天才ですか。

 

本書を読むと、小説家という仕事にとても夢を感じる。特に金銭的な面で。可能性のある仕事なんだ、と教えてくれる。

文章を書いてご飯を食べていきたい(小説家ではない)僕には声援のようだった。もちろん鵜呑みにはしないし、森氏の例が極稀であることは承知である。

それでも! 勇気づけられる本です。

 

あと小説で食べていきたい人へのアドバイスが書いてあったよ。とにかく数、数、数だそうだ。加えて相当以上に面白いもの。

1冊本を出したくらいでノンビリしてられないってことですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  2. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  3. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  4. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ
  5. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】家づくり 迷ったときの建築家の知恵袋、を読んで。

    以前、外山滋比古氏の本を読んだ。読書の方法について書いてある本だった。…

  2. 本の紹介

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

    ども、tyazukeです。鉄骨造の授業は大学3年生ごろから始ま…

  3. 本の紹介

    【書評】建設現場の玉手箱、を読んで

    図書館で見つけた本だが、ただならぬ何かを発していた。何か筆者の叫び、と…

  4. 本の紹介

    【書評】かしこい住宅リフォームの知恵、を読んで

    今日読んだ本はコレ。かしこい住宅リフォームの知恵。最近リフォー…

  5. 建築のこと

    建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

    ども、tyazukeです。建築嫌いを公言してブログをしておりま…

  6. 本の紹介

    【書評】やっぱりやらなきゃ耐震リフォーム、を読んで。

    「本」というのは、何か目的があって書かれている。目的は人それぞ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  2. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP