本の紹介

【書評】作家の支出、を読んで

小説家らしからぬ本を小説家が書いた。TVドラマでも有名な「全てがFになる」の原作者、森さんだ。

有名な作家だが一度も小説を読んだことがない。どんな作家か?良く知らないのだが、本書を読んで驚いた。

結構稼いでいる方なんですね。

 

彼は元々旧帝国大学の助教授だった(建築学科らしい。しかも構造系に近い分野だそう。材料系?)。で、38歳から小説家デビューした遅咲きの作家なのだ。安定を捨て小説家になり、見事、成功する。この辺に、尋常ではないセンスが伺える。

もちろん、いきなり職を捨てて小説家一本ではなかったらしいが、それでも毎月手取り45万円が振り込まれるなら、そっちの方が楽そうだ。老後も手厚いだろうし。

たとえ、Fになる、の印税が6000万振り込まれても、だ。その安定を払いのけて小説家になる、というのは相当な称賛があったか、小説で飯を食いたかったか。

普通、後者の方なんだけど森氏は前者。彼の中には小説家で勝つ戦略のようなものがあったかもしれない。

 

ところで小説家はお金に無頓着、というイメージがあるのだが森氏は真逆。そもそも小説家になった理由も「趣味のお金のため」なんだそう。

普通、お金のために仕事をする者たちが、「成功した」なんて話を聞いたことが無い。大抵、好きなことを仕事にしたから成功できた、とか聞く。でも、森氏は違う。お金のために、夜に出来る仕事を始めた。

 

それが小説を書くことだった。しかも、デビュー作がバカ売れしてしまう。天才ですか。

 

本書を読むと、小説家という仕事にとても夢を感じる。特に金銭的な面で。可能性のある仕事なんだ、と教えてくれる。

文章を書いてご飯を食べていきたい(小説家ではない)僕には声援のようだった。もちろん鵜呑みにはしないし、森氏の例が極稀であることは承知である。

それでも! 勇気づけられる本です。

 

あと小説で食べていきたい人へのアドバイスが書いてあったよ。とにかく数、数、数だそうだ。加えて相当以上に面白いもの。

1冊本を出したくらいでノンビリしてられないってことですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  2. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  3. クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について
  4. 建築は道路に支配されている、と言う話
  5. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】建築家と家を建てたい、を読んで

    「一生に一度の買い物」を建築家に頼みたい人は案外多い。建築関係のテレビ…

  2. 本の紹介

    技術者に必要な言葉の技術とは?

    『言葉』の伝え方って難しいですよね。コピーライターという専門職があるく…

  3. 本の紹介

    【書評】クラウドからAIへを読んで。

    一時期、クラウドという言葉が流行りました。ネット上でデータの相互使用が…

  4. 本の紹介

    【書評】「これからの日本、経済より大切なこと」を読んで。

    最近の若者(僕ら世代も含む)は、会社に忠誠を誓って家族を犠牲にプライベ…

  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

  6. 本の紹介

    【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP