本の紹介

【書評】作家の支出、を読んで

小説家らしからぬ本を小説家が書いた。TVドラマでも有名な「全てがFになる」の原作者、森さんだ。

有名な作家だが一度も小説を読んだことがない。どんな作家か?良く知らないのだが、本書を読んで驚いた。

結構稼いでいる方なんですね。

 

彼は元々旧帝国大学の助教授だった(建築学科らしい。しかも構造系に近い分野だそう。材料系?)。で、38歳から小説家デビューした遅咲きの作家なのだ。安定を捨て小説家になり、見事、成功する。この辺に、尋常ではないセンスが伺える。

もちろん、いきなり職を捨てて小説家一本ではなかったらしいが、それでも毎月手取り45万円が振り込まれるなら、そっちの方が楽そうだ。老後も手厚いだろうし。

たとえ、Fになる、の印税が6000万振り込まれても、だ。その安定を払いのけて小説家になる、というのは相当な称賛があったか、小説で飯を食いたかったか。

普通、後者の方なんだけど森氏は前者。彼の中には小説家で勝つ戦略のようなものがあったかもしれない。

 

ところで小説家はお金に無頓着、というイメージがあるのだが森氏は真逆。そもそも小説家になった理由も「趣味のお金のため」なんだそう。

普通、お金のために仕事をする者たちが、「成功した」なんて話を聞いたことが無い。大抵、好きなことを仕事にしたから成功できた、とか聞く。でも、森氏は違う。お金のために、夜に出来る仕事を始めた。

 

それが小説を書くことだった。しかも、デビュー作がバカ売れしてしまう。天才ですか。

 

本書を読むと、小説家という仕事にとても夢を感じる。特に金銭的な面で。可能性のある仕事なんだ、と教えてくれる。

文章を書いてご飯を食べていきたい(小説家ではない)僕には声援のようだった。もちろん鵜呑みにはしないし、森氏の例が極稀であることは承知である。

それでも! 勇気づけられる本です。

 

あと小説で食べていきたい人へのアドバイスが書いてあったよ。とにかく数、数、数だそうだ。加えて相当以上に面白いもの。

1冊本を出したくらいでノンビリしてられないってことですね。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  4. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?
  5. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス

関連記事

  1. 本の紹介

    冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

    ども、tyazukeです。建築学科の1クラスで、将来の進路に構…

  2. 本の紹介

    【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生…

  3. 本の紹介

    【書評】マンション修繕・管理の実際、を読んで

    久々にお堅い本を読んでみる気になった。マンション修繕・管理の実際、とい…

  4. 本の紹介

    【書評】ロスジェネの逆襲を読んで

    半沢シリーズ、ロスジェネの逆襲。ドラマでも有名になった半沢直樹の連載を…

  5. 本の紹介

    【書評】私があなたを殺した、を読んで

    東野圭吾の本格ミステリの1つ。「私があなたを殺した」を読みました。本格…

  6. 本の紹介

    【書評】乱読のセレンディピティ、を読んで。

    何ともしゃれた題名だ。この本を手にとったときそう思った。口に出したとき…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  5. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
PAGE TOP