本の紹介

【書評】マンション修繕・管理の実際、を読んで

久々にお堅い本を読んでみる気になった。マンション修繕・管理の実際、というタイトルだ。

 

もっと!もっと!筆者の熱を書いてくれ。

読んでおいてアレだが、この本は一体誰目線なのだろうか。

筆者がマンションの修理や修繕に関して豊富な知識をもっておられることは、ようくわかる。

でも伝わらない。熱が全くない。冷め切った文章だ。つまり論文に近い。130ページ余りの「資料」を読んでいる気持ちになった。

これは「本」ではない・・・筆者の熱をもっともっと書いて欲しかった。本書を読んで全体的に感じたことだ。

ま、全体的な僕の感想はここまでだ。次は中身の話をしよう。

 

面白い写真ありがとうございます。酷い施工もあったものですね

内容は興味深かった。例えば、マンションの施工が悪くてクラックがすぐに入る建物が多すぎる件とか。

筆者が出会った不良施工の例はなかなかびっくり。ひび割れが大きい箇所を削ってみると、なんと空き缶が!

職人が空き缶をポイ捨てして(しかもRC躯体の中に!)、そのままコンクリートが打たれてしまったのだ。

「まさか・・・」という他ない。筆者も言葉を失ったと思う。

 

こんな感じで、マンションの不良施工が見られるのはおすすめ。あと、バルコニーの手すり。手すりはRCの場合もあるけど、普通アルミの手すりが多いと思う。

アルミ手すりはRCの立ち上がりに埋め込まれているのだが、これが施工不良で抜けやすくなっていたり、溝から水が入ってアルミが腐ってしまうのだ。

根元をみると、アルミと周辺の立ち上がりがボロボロなんて、よくある話なのだそう。

 

これはとっても危険なことで、例えばアルミに子供が数人よりかかる。すると、根元がフラフラ(ピン状態)なので、落っこちてしまう。子供数人もろともだ。打ちどころが悪いと、最悪の結末になる可能性だってある。

アルミ手すりのメンテナンスはもちろんだけど、初めからRC手すりでもイイよな。もちろん構造設計者の立場からいえば、絶対嫌だけど。

後にメンテナンスが必要になって、だけどメンテをしないマンションも多い。子供の安全とメンテ不要のことを考えると、RC手すりも悪くない。

 

あまりオススメしない・・・業界の人なら読んでもいいよ

あまりオススメはしない本だが、業界の人なら読んでもいいかも。ただ、数ページ開くと眠くなるの、工夫しながら読んで欲しい。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由
  2. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  3. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  4. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  5. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】住まいを守る耐震性入門、を読んで

    住宅と言えば一般的に「木造住宅」のことを指す。木は何とも使い勝手が悪い…

  2. 本の紹介

    【書評】減築のすすめを読んで。

    図書館で借りた本「減築のすすめ」を読みました。というのも、僕自身こ…

  3. 本の紹介

    【書評】まさか!の地震に強い住まい選びを読んで。

    3.11以降、一般向けに地震関連の本が数多く出版されました。本書も…

  4. 本の紹介

    【書評】構造設計とは建物が壊れる理由を知ること。 

    構造設計は、いかに部材を壊すか?と言われています。つまり、地震時に部材…

  5. 本の紹介

    【書評】作家の支出、を読んで

    小説家らしからぬ本を小説家が書いた。TVドラマでも有名な「全てがFにな…

  6. 本の紹介

    【書評】建築に夢をみた、を読んで。

    安藤忠雄さんの著書です。随分前に執筆された本ですが、実はNHKのテレビ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP