建築のこと

【書評】天下無双の建築学入門、を読んで

またまた藤森氏の本を手にとった。彼の本を手に取ると、必ずやってしまうクセがある。

それは本の裏表紙をみることだ。そこには、満面の笑みで藤森氏の顔写真が。お世辞にもイケメンとは言えない、なんだか漫画太郎が描いたイラストにみえてくる。

もう若くないのに。いつまでこの写真を使うのだろう(若い時の写真が掲載されている)。僕はそう思って、藤森氏の本を読むときは裏表紙をみる。

またあの写真だ。

藤森ワールドに引き込まれる

なんという大胆なタイトルだろう。「天下無双の」なんて。思い切りましたね、藤森先生。

だけど僕は面食らってしまいました。この内容はあなたの趣味嗜好をこらした「建築史学入門」じゃぁないですか。

それはそれで棚からぼた餅。ラッキーなのだが。いつになったら「建築学入門」になるのか、なんて思い読みすすめていたら読了していた。

 

藤森建築は「ネオ・ヴァナキュラー」なんて言われるが、その根源を本書で確認できるぞ。彼は幼少期から縄文時代の家をつくることが夢、だったそうな。子供の頃、石斧をつくって木を切り倒そうとしたエピソードなんて筋金入りだ。

大人になってもその夢は終わらなかった。それが彼の建築には表現されている。建築の主要素(柱、梁、屋根、床など)を過去に遡って探求する。そして本質を見出す。このアプローチが設計に活かされている。

例えば、木板。マンション住まいの方は床をみてほしい。ピカピカのフローリングだろう。ピカピカでツルツル。藤森氏はこれを嫌う。「建築業界は病んでいる」とも言う。

そこで彼は、木の丸太から石斧で板をつくれないか、と考えた。考えられない方法だが、昔はそうやっていたらしい。当初、この作業は苦戦したが(当たり前だ)、なんと丸太から板をつくる職人が1人だけ生き残っていたらしい。

その老職人に頼むと、丸太からあれよという間に板が生まれる。魔法のように。とっても良い表情の板ができたそうな。

 

ドアーの話が面白かった

あ、個人的に面白かった話はですね。ドアーの話。日本は引き戸が多くて、欧州へいくとドアーが多い。なぜか?

そんなこと、なぜかなんて思ったことがなかった。

答え。欧州はいつの時代も戦争だった。陸地続きだから外部からの的も多かっただろう。外からの侵入を防ぐためには弱っちい引き戸ではダメ。だからドアーになった。

日本でもお城の門はドアー形式でしょう? そういうことだ。引き戸では蹴破られてしまう。

もう1つ面白いことが。それは日本のドアは外開きがほとんど、らしい。試しに自宅のマンションを開けてみる。おぉ、ほんと外開き。逆に欧州では、ほとんどが内開きだが、この理由も安全性がからんでいる。

つまり内開きだと侵入される心配が少ない。外部から入ろうと思っても、内側からつっかえ棒か椅子を置けば、重しになる。外開きでは全く意味がない。

そんな理由があるそうだ。

 

天下無双の建築学入門、と書いてあるので建築学が一冊で勉強できる本だと勘違いした。

結果違ったのだけれども、棚からぼた餅。藤森氏独特のユーモア交えた建築史学を勉強できました。

建築オタクの皆さん、どうですか。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  2. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  3. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  4. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・
  5. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

関連記事

  1. 建築のこと

    設計事務所で働くときの服装について

    ども、tyazukeです。学生の皆さんは社会人になって、どうい…

  2. 本の紹介

    【書評】建材・設備はどこで何から作られているのか、を読んで。

    「その手があったか。」―この本を手に取ったとき、そう思いました。まぁ読…

  3. 本の紹介

    【書評】幸せな人だけが知っているシンプルな生き方

    幸せな人ってシンプルに生きているように見えますよね?多分、現代人よりも…

  4. ブログ運営

    有名建築家になるためのメディア戦略について

    ども、tyazukeです。建築家として有名になる方法は2つある…

  5. 本の紹介

    【書評】やっぱりやらなきゃ耐震リフォーム、を読んで。

    「本」というのは、何か目的があって書かれている。目的は人それぞ…

  6. 本の紹介

    冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

    ども、tyazukeです。建築学科の1クラスで、将来の進路に構…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
PAGE TOP