建築のこと

街中にある、とんでも建築を見つけたよ。

街中にあるとんでも建築。絶対に設計してはならない、と思いつつこっそり見たくなる。

そんな建築。違法とまでは言いませんが、「コレ絶対もたないだろうな」という建築はちらほら。

本当は写真をとりたいのですが、写真をとっちゃうと所有者の方に悪いし、「勝手に撮った!」なんて言われるのが嫌なんですね。言葉だけで説明していきますわ。

スポンサーリンク

 

角形鋼管の外側にブレースのGPLが取り付いている

コレ案外多い。車のガレージを鉄骨で組んだもの。僕がみたケースでは、車が入らない面にターンバックル付きブレースが配置されていました。

まあ、ここまではOK。

問題はブレースの取り付け方。角形鋼管の外側にがセットが溶接してあるだけ。ブレースに力が作用したら、脚元壊れますぜ・・・。

屋根しかのっていない構造物ですから、そこまで神経質にならなくてもいいのでしょうか。通勤途中にあるので、いつも不安になります。

 

鋼管に内ダイアフラムが入っていない(おそらく)

上記と同じたてもの。

柱梁接合部をよく見ます。剛接合してありました。ここまではOK。ありふれています。

問題は、XとY方向で梁せいが微妙に違うこと。両方向ラーメン構造の場合、梁せいは同じにするか100mm以上変えること。

どう見積もっても50mmしかありません。内ダイアフラムは・・・入っていないなだろうなぁ。

地震が起きたら、そこで局部座屈しますぜ・・・。

 

錆びた屋外階段(踊り場に観葉植物置いている)

通勤途中にみる工場。屋外階段がついています。そりゃそうだ。しかし、この階段全然使われていないのです。

なぜわかったか?

階段の鉄骨がサビサビじゃないか! 不安になるくらい錆びてます。それだけでも不安なのに、登りきった階段の踊り場には観葉植物が置いてありました。

それ、落ちたらシャレにならんですよ・・・。その通勤ルートは二度と使わないことにしております。

 

以上のように、目を凝らせば危ないとんでも建築が存在しています。構造屋をやっていると嫌でも目について。見ないようにしたいですが、なんか気になる。

今回の事例は、我々の業界では当たり前に注意しており、絶対に起きない事案ですが、皆さま気をつけましょうぜ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  2. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  3. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  4. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  5. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

関連記事

  1. 建築のこと

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件

    ども、tyazukeです。屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重…

  2. 建築のこと

    家は影の下なのになぜ熱いのか?

    ども、tyazukeです。木の木陰に入ると涼しく、暑さをしのげ…

  3. 建築のこと

    建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ

    ども、tyazukeです。意匠屋さんで、図面を描くときにRC壁…

  4. 建築のこと

    押出成形セメント版の支え方と、鉄骨との納まり

    ども、tyazukeです。外壁に押出成形セメント版を使うことが…

  5. 労働

    公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由

    ども、tyazukeです。将来、公務員になりたいと思う学生は多…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  2. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  3. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP