建築のこと

街中にある、とんでも建築を見つけたよ。

街中にあるとんでも建築。絶対に設計してはならない、と思いつつこっそり見たくなる。

そんな建築。違法とまでは言いませんが、「コレ絶対もたないだろうな」という建築はちらほら。

本当は写真をとりたいのですが、写真をとっちゃうと所有者の方に悪いし、「勝手に撮った!」なんて言われるのが嫌なんですね。言葉だけで説明していきますわ。

スポンサーリンク

 

角形鋼管の外側にブレースのGPLが取り付いている

コレ案外多い。車のガレージを鉄骨で組んだもの。僕がみたケースでは、車が入らない面にターンバックル付きブレースが配置されていました。

まあ、ここまではOK。

問題はブレースの取り付け方。角形鋼管の外側にがセットが溶接してあるだけ。ブレースに力が作用したら、脚元壊れますぜ・・・。

屋根しかのっていない構造物ですから、そこまで神経質にならなくてもいいのでしょうか。通勤途中にあるので、いつも不安になります。

 

鋼管に内ダイアフラムが入っていない(おそらく)

上記と同じたてもの。

柱梁接合部をよく見ます。剛接合してありました。ここまではOK。ありふれています。

問題は、XとY方向で梁せいが微妙に違うこと。両方向ラーメン構造の場合、梁せいは同じにするか100mm以上変えること。

どう見積もっても50mmしかありません。内ダイアフラムは・・・入っていないなだろうなぁ。

地震が起きたら、そこで局部座屈しますぜ・・・。

 

錆びた屋外階段(踊り場に観葉植物置いている)

通勤途中にみる工場。屋外階段がついています。そりゃそうだ。しかし、この階段全然使われていないのです。

なぜわかったか?

階段の鉄骨がサビサビじゃないか! 不安になるくらい錆びてます。それだけでも不安なのに、登りきった階段の踊り場には観葉植物が置いてありました。

それ、落ちたらシャレにならんですよ・・・。その通勤ルートは二度と使わないことにしております。

 

以上のように、目を凝らせば危ないとんでも建築が存在しています。構造屋をやっていると嫌でも目について。見ないようにしたいですが、なんか気になる。

今回の事例は、我々の業界では当たり前に注意しており、絶対に起きない事案ですが、皆さま気をつけましょうぜ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 大学教授は上手い商売なのか
  2. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  3. 自分の生き方に満足できていますか?
  4. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  5. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは

関連記事

  1. 労働のこと

    大建設計に転職したら、年収はいくらになる?

    皆さん転職したいですか?これを言うのは、今回で3回目。前回、石…

  2. 建築のこと

    土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

    ども、tyazukeです。僕が学生のころ、土木はダサい、建築は…

  3. 建築のこと

    建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

    ども、tyazukeです。「あいつ、建築辞めるってよ」というタ…

  4. 建築のこと

    建築とテクノロジーのこれからに関する考察

    ども、tyazukeです。現在に至るまで、建築業界は1度の大き…

  5. 建築のこと

    耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて

    ども、tyazukeです。一般の方と話している、「どんなマンシ…

  6. 建築のこと

    建築が分からない人の、建築倉庫の楽しみ方2つ

    ども、tyazukeです。友達から「建築倉庫へ行こう」と誘われ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  5. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
PAGE TOP