建築のこと

街中にある、とんでも建築を見つけたよ。

街中にあるとんでも建築。絶対に設計してはならない、と思いつつこっそり見たくなる。

そんな建築。違法とまでは言いませんが、「コレ絶対もたないだろうな」という建築はちらほら。

本当は写真をとりたいのですが、写真をとっちゃうと所有者の方に悪いし、「勝手に撮った!」なんて言われるのが嫌なんですね。言葉だけで説明していきますわ。

スポンサーリンク

 

角形鋼管の外側にブレースのGPLが取り付いている

コレ案外多い。車のガレージを鉄骨で組んだもの。僕がみたケースでは、車が入らない面にターンバックル付きブレースが配置されていました。

まあ、ここまではOK。

問題はブレースの取り付け方。角形鋼管の外側にがセットが溶接してあるだけ。ブレースに力が作用したら、脚元壊れますぜ・・・。

屋根しかのっていない構造物ですから、そこまで神経質にならなくてもいいのでしょうか。通勤途中にあるので、いつも不安になります。

 

鋼管に内ダイアフラムが入っていない(おそらく)

上記と同じたてもの。

柱梁接合部をよく見ます。剛接合してありました。ここまではOK。ありふれています。

問題は、XとY方向で梁せいが微妙に違うこと。両方向ラーメン構造の場合、梁せいは同じにするか100mm以上変えること。

どう見積もっても50mmしかありません。内ダイアフラムは・・・入っていないなだろうなぁ。

地震が起きたら、そこで局部座屈しますぜ・・・。

 

錆びた屋外階段(踊り場に観葉植物置いている)

通勤途中にみる工場。屋外階段がついています。そりゃそうだ。しかし、この階段全然使われていないのです。

なぜわかったか?

階段の鉄骨がサビサビじゃないか! 不安になるくらい錆びてます。それだけでも不安なのに、登りきった階段の踊り場には観葉植物が置いてありました。

それ、落ちたらシャレにならんですよ・・・。その通勤ルートは二度と使わないことにしております。

 

以上のように、目を凝らせば危ないとんでも建築が存在しています。構造屋をやっていると嫌でも目について。見ないようにしたいですが、なんか気になる。

今回の事例は、我々の業界では当たり前に注意しており、絶対に起きない事案ですが、皆さま気をつけましょうぜ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  2. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  3. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  4. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  5. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?

関連記事

  1. 労働のこと

    石本建築設計事務所に転職した場合の年収について

    皆さん転職したいですか?前回、安井建築設計事務所の記事を案外読…

  2. 建築のこと

    家は影の下なのになぜ熱いのか?

    ども、tyazukeです。木の木陰に入ると涼しく、暑さをしのげ…

  3. 建築のこと

    耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて

    ども、tyazukeです。一般の方と話している、「どんなマンシ…

  4. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  5. 建築のこと

    四号建物は構造計算書が必要ないのか?

    「四号建物は構造計算書が必要ない」。僕が1年目のころ、そういわれました…

  6. 労働のこと

    建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

    ども、tyazukeです。将来は建築家として独立しよう。そんな…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP