建築のこと

建築の良さは目地で決まる?外壁と目地の関係性について

街をフラフラと歩いていると沢山の建築物に出会います。そこで一番目に付くのが「外壁」です(建築物を真上から見下ろすと屋根)。

外観を決定づける存在、といってもいいでしょう。ただ外壁に気を使っていない建築物の多いこと・・・(生意気いってすみません)。そう思う理由は、

「目地」です。

目地とは、外壁の間と間を埋めている部分。住宅やマンション、なんでもいいですが外壁を眺めてみます。すると思っている以上に目地が主張しています。もう煩いくらい目地が見える。

建築家は建て主さんと外観をイメージしているハズですが、実物スケールの外壁は目地が主張しすぎて格好悪い。

 

例えば鉄骨造の建物には外壁にALC版を用います。耐火性もあって使い勝手の良い外壁材ですが、ALC版の間にある目地が外観に悪さをしている。

あたかも「とってつけたような、ハリボテ」に見えるのです。ALC版の定幅は600mm。その間ごとに目地を埋めるシーリング材などが埋められます。目地幅は10mm以上でしょうか。

この10mmのラインがとても不自然。

外観は建築家の腕の見せどころだと思いますが、外壁の定幅にデザインを左右されるなんて・・・意匠設計が機能していませんね。日本にはそんな建物が多すぎる、と歩きながら思いました。

スポンサーリンク

 

目地を感じさせない工夫とは。

もちろん、目地を感じない建築物もあります。

これは木造住宅の土壁ですが、外壁よりも柱梁の印象を強くすることで目地の存在を弱くします。

 

このマンションもその一例ですかね。縦横のラインが際立っています。これなら、仮に外壁に目地が入っていても気にならない、と思います。

 

そもそも目地がない外壁もある。特例ですがオフィスビルは、外壁にカーテンウオールを使い目地がほとんどありません。

 

こんな石材を外壁につかった建物も。石材は剛性が高いこと、1つのパネルが小さいことから目地幅が小さい。僕がみた石材は7mmくらいの目地幅でしたね。遠目や近く、斜めからみても目地は主張していませんでした。

 

目地を感じない工夫、建築家に学ぶ実例

2つとも安藤作品ですが、けっして回し者ではございません。

お寺です。縦のラインを強調した外観。「目地」ではありませんが、普通の住宅も、逆に目地を強調させればデザインになるだろう、という参考例。

木造らしいプロポーションと外壁の縦材がみていて気持ちいい。

(参考URL By Oiuysdfg – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0,)

有名な住吉の長屋。うっすらと外壁に目地が見えます。が、1階と2階の境目に1本のラインが強調され、他の目地が全く気になりません。

入口もアクセントになっています。他を強調して目地の存在が薄れている例。

 

目地は無くすか、他を強調するか。

目地は目立ちます。それがデザインを高めるのなら良いですが、全くの逆です。目地を無くなることが一番ですが、機能上仕方ないということも。

ならいっそのこと、他を強調したほうが見栄えがいいかもしれませんね。街歩きをして、そんなことを思いました。

綺麗な建築物をみると、大抵は目地がないか、他を強調している建築ばかり。ALC版の割付ごとに目地が入っていて、それが建築のデザインを左右する、なんて避けたいところです。

 

目地繋がりで、この本はいかが。小説家が書く、建築論が面白いですよ。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  2. クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について
  3. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  4. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  5. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話

関連記事

  1. 建築のこと

    隈研吾が設計した浅草文化観光センターと根津美術館に行ってきた

    ども、tyazukeです。サニーヒルズの記事から引き続き、東京…

  2. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

  3. 建築のこと

    建築は道路に支配されている、と言う話

    ども、tyazukeです。日本の建築は、「外壁後退距離」という…

  4. 建築のこと

    アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?

    ども、tyazukeです。日本の近代建築をつくった巨匠前川國男…

  5. ブログ運営

    建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログを始めて1年かかって100記事…

  6. 建築のこと

    なぜ建築物の余裕度は一律1割以上と法律で決めないのか?

    政令36条の3の1項を読むと、建築物はあらゆる荷重に対して一様に安全で…

お問い合わせ

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 労働のこと

    業界人が教える、本当の一級建築士の年収について
  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP