管理人のこと

本は目的を持って読むと効果が表れる件

図書館へ行き、気に入った本を手に取る。

(中々、面白そうだ)

そして、本を借りる。文章を熟読せず、斜め読みする。読みにくい、自分の理解が及ばない範囲は読み飛ばす。そして本を閉じて、読書した気になる。

 

以上が、昔、僕がやっていた本の読みだ。本を読む体力もつかなければ知識も増えない。ハッキリ言って悪手だと思う。「雑読」と呼ぶ。そんな反省があるから、今は読書の方法を変えている。

「乱読 兼 熟読」だ。この読書法は疲れる。目と神経、集中力を使う。そもそも本1冊を読むためには神経を研ぎ澄まさないと読めない。しかし効果は中々良い。読み終わった後、本の内容を覚えている。

 

1週間経っても忘れない。1年後はどうか分からないが、僕は文章として書評を残しているから、何となく知識として定着しているように思う。

しかし最近もっと効果的な読書法は無いか、と考えた。

スポンサーリンク

 

筋力トレーニングは部位を意識すると良い

筋力トレに関する本を読んだときのことだ(いやテレビだったか・・・)。体の部位を意識して筋肉を使うと効果が全く違う、と言っていた。

そのことがやけに頭に残っていて、自転車に乗っている最中に、ふと思い出した。

(読書も同じではないか)

つまり意識の問題だ。頭をからっぽにして本を読む。すると読了した後に何か残っているだろうか? おそらく何も残っていない。僕が高校生のころ雑読していたのも、意識が問題だった。

 

考えてみれば当たり前だ。テニスを初心者から初める。ラケットの素振りを1日何千本とやったとしても、何が身に付くだろうか。テニスが上手くなるのか? ハッキリ言って疑問である。

それと同じで、読書も「乱読 兼 熟読」をしたからと言って、そこに「意識」が介在しなければ意味が無い。

危ない所だった。僕はまた読書の失敗を犯すところだったのだ。

 

読書をするとき、何を意識すれば良いのか?

では、読書をするとき何を意識すれば良いのだろう。1つは、本の内容についてで、本の内容を勘違いしないよう注意したい。例えば建設材料辞典という本を読むとしよう。

本書で最も重要なことは、「建設材料」のこと。当たり前だ。しかし「材料」のことに目が生きがちで、肝心の「建設にどう使われているのか」という視点を忘れてしまう。

 

ちょっと例えが違うかもしれないが、腕立て伏せをするときに間違って「腕」を意識してしまうに等しい。しかし、腕立て伏せの要は「胸筋」なのだ。このミスディレクションというか、思い違いで意識が別の視点へ向かうことは良くある。

そんな時役に立つのが筆者の「はじめに」だと思う。ここに何が伝えたいか、読んでもらいたいか、書いてある。

 

筆者の思いを無視してはいけません。

今年に入って50冊は本を読んだと思う。以上に書いた、読書の基本を忘れたくないものだ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 大学教授は上手い商売なのか
  2. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  3. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  4. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  5. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

関連記事

  1. 建設業界のこと

    オリンピック特需で建築業界は上向くか?

    東京オリンピックが2020年に開催されますね。5年後なので近い。これま…

  2. 構造設計に関すること

    管理人がCADを使うとき役に立った機能など

    僕は学生の頃、明確に構造設計の道に進もうと思ったわけではありません。た…

  3. 管理人のこと

    ブラック部長、あなたは仲間じゃなかったんですか・・・。

    休み明けから出張で打合わせってすごく嫌ですよね・・・。日曜日の夜中から…

  4. 管理人のこと

    【祝2017年!】今年はさらにパワーアップ!建設業界に切り込む!

    さあ2017年が始まりました。僕にとって2017年はさらなるパワーアッ…

  5. 雑学

    理解にしくい構造力学 TOP10を紹介

    僕が運営しているHPのアクセスランキングから、建築学生が理解しにくい構…

  6. 管理人のこと

    管理人が最近考えていること。地方移住について。

    仕事が疲れたなあ・・・。最近、精神的な衛生状態が良くないです。まあ、鬱…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
PAGE TOP