管理人のこと

時代の成熟期に生きる、僕たちの働き方について

記事タイトルを見て、「昔はこのブログ、構造設計のことが沢山書いてあったのに、最近妙に胡散臭くなったな」なんて、思わないでほしい。

構造設計の記事にかんしては、最近ネタがないだけだ。ネタがない、ということは仕事が順調なので良いことかもしれない。平穏だ。逆に言えば、進歩がない。

それを恐れている。だから本を沢山読んでみたり、ブログを連投したり・・・悪あがきをしているわけです。

けっして胡散臭くなっているわけではなくて、考える時間が増えたということ。

 

ところで黎明期(れいめいき)という言葉をご存じでしょうか。黎明期とは、産業の夜明けとか、始まりと言う意味。例えば、自動車産業の黎明期と言えば「自動車産業の創設期」といった感じになる。

「だから?」

そんな声が聞こえてきそうで怖い。だけどこのまま好き勝手に書いていこうと思う。

スポンサーリンク

 

成熟期の産業に対する不安と生きづらさ

成熟した産業は、僕たちが生きる世界にある産業のほぼすべてだ。例えば建設産業もその1つ。もちろんリーマンとして優秀な方は、成熟産業でも生き残っていける。他人と競争して成績やスキルをアップさせればよい。

独立の方でも、他人より安く質の良い仕事を届けるか、差別化を図ってデザイン性の優れた構造設計をするなど、方法はある。

ただ、これらに前提するのが「競争」だ。競争しなければリーマンとして優秀になれない。独立しても競争しなければ、たちまち廃業になる。

これが成熟産業の生きづらさで、僕はここに不安を覚えている。

そんなこと当たり前だろう、と思うかもしれない。しかし、考えて見て欲しい。鹿島建設はなぜ鹿島建設になりえたか。それは「建設産業の黎明期」に運よく乗れた、だけではないだろうか。

 

要するに、産業は「一番最初に始めたもん勝ち」の性質があるはずで、現在の大きなゼネコンや組織設計事務所の多くが、これに当てはまるだろう。

とても優秀な経営者が優秀なエンジニアや建築家を引き連れ、大手ゼネコンと同レベルの会社をつくったとする。しかし現在のゼネコンに太刀打ちできるか?

恐らくできない。両者の間には、「先発組」、「後発組」という明確な壁が立ちはだかる。かなり大きな壁だと、僕は思っている。

 

競争が苦手なんだけど・・・

僕は子供の頃から競争が苦手だった。駆けっこも嫌いだし、体育会で〇組同士の戦いも嫌だった。

他人と物事を争う、なんて野蛮だ。他人と席を争うくらいなら、その席を譲りたい。もちろん僕だって高校受験を経験したから、競争に参加せざるを得ない状況もあったのだけど。

それでも「競争を避ける」という芯は一応、心の中に残っている。

よわっちい奴だ、情けないと思うだろう。でも僕だって生活するためにお金が欲しいし、旅行にも行きたい。だけど競争したくない。う~ん・・・

「何か新しいこと始めればいいんじゃない?」というわけだ。何だか、起業家セミナーみたくなりそうだから、この辺で辞めておこう。

 

もちろん、いきなりAI開発!とか全く別分野の産業参入!など考えてはいない。

ただ、これまで勉強してきた建築や建築構造を活かしつつ、他人と競争しない新しいポジションは無いものか・・・と考えているわけだ(黎明期となる何か)。

それが何か、まだ答えはない。だが、何となくあともう少しで答えが出そうな気がしている。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  2. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  3. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  4. 公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由
  5. 優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由

関連記事

  1. 建設業界のこと

    建築業界が紙媒体から脱却すべき2つの理由

    ども、tyazukeです。先日、進行中の物件の打合せに出向きま…

  2. 労働のこと

    今日中に資料が欲しいと言われ、徹夜で作業したのに無駄だった話。

    社会人になって一番驚きだったのが、『資料が今日中に欲しい』と言われるこ…

  3. 雑学

    オリエント急行殺人事件を見て感じた哲学的ジレンマ

    3日空けてしまいました。ブログを毎日更新することを目標にしてい…

  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。

    ども、tyazukeです。「将来、建築家になりたい」という方。…

  5. 構造設計に関すること

    構造設計って、どんな仕事だろう?『本質』を探る。

    構造設計という仕事をしていますと、街歩きをしていて『あー、コレ無理して…

  6. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  3. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP