本の紹介

【書評】乱読のセレンディピティ、を読んで。

何ともしゃれた題名だ。この本を手にとったときそう思った。口に出したときの語感がたまらない。

「らんどくのせれんでぃぴてぃ」。いい感じだ。

読み進めると筆者が「外山滋比古」だと気づいた。あの、大ベストセラー思考の整理学の著書である。

顔を知ると読書の価値が下がる。

ところで、彼は自著を知り合いには見てもらいたくないらしい。自分が書いた文書が恥ずかしい・・・という他にも理由がある。それは著者の顔が分かると、途端に読書の価値が下がる、というのだ。

最近は本のカバーを開けば著者の顔写真が写る。それが良くない。簡単に言えば、本に先入観を与える。経歴なんて書かれた日には大変だ。

東京大学教授の本、というだけでありがたい気がする。それでは、本当に良い本が、良い読書ができない。

 

思いがけない価値を発見。セレンディピティ

ところで皆さんが気になっているのはセレンディピティの意味か、だと思う。セレンディピティとは、「思いがけない発見」ということ。

では、乱読との関係はどうか。筆者の考えはこうだ。

 

・乱読(沢山の本をところかまわず読むこと。)をすれば、思いがけない発見に出会える。専門バカになるな。

 

ということだ。専門家にとって、本といえば専門書だろう。規準書や工学本など読み漁る学生、社会人は多い。この行為を食事で例えるなら、偏食家ということになる。

偏食するより、食事はバランス重視が圧倒的に健康に良い。

乱読することは、まさにバランス重視の食事を目指すようなものだ。そして乱読は専門バカにはならず思いがけない発見をする。

例えばガリバー旅行記がある。この本は児童向けの絵本だと思っている人が多いだろう。しかし元は、当時の政治に不満をもった人物の風刺なのだそう。

それが月日を経て、児童絵本として人気を博した。まさに思いがけない発見。セレンディピティである。

 

建築業界にも同じことがいえる。毎日毎日、工学書や建築本を読み漁る。何か新しい発見、新しい建築を目指そうと鼻息荒くする。が、何も見つからない。

当然である。自分の親しい業界知識が増えるだけだ。

知識は増えるだろうが、知恵はつかないのだ。一方、乱読は専門外の知識をとりいれる。専門外の知識だから考える。今持つ知識と専門外の知識は、思わぬ結びつきをみせる。そしてある時、セレンディピティが生まれる。

 

筆者からの免罪符。

ところで筆者によれば、乱読をする際、本は最後まで読まなくてもいいし熟読する必要はない、という。

昔は本自体が少なかったから精読する必要があったが、今は本の数が多い。わざわざ1つの本に執着する必要もないわけだ(捨ててもいい、とさえ言っている)。

それを読んで僕は少し安心した。筆者からの免罪符を得た。とりあえず今日のところは、その免罪符をもっていつもの熟読を辞めてみよう。

筆者に申し訳ないと思いつつ、本を流し読みする。なるほど。流し読みも中々良いではないか。

それに自信がもてた。これからも専門にこだわりを持つ必要はない。僕は偏食家になりたくない。バランス重視の食事で健康的に過ごしたいものだ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  2. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  3. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  4. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  5. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入…

  2. 本の紹介

    【書評】 建築ノ―ト 建築設計の楽しさを思い出す

    ども、tyazukeです。建築設計の実務を続けていると、学生の…

  3. 本の紹介

    【書評】私があなたを殺した、を読んで

    東野圭吾の本格ミステリの1つ。「私があなたを殺した」を読みました。本格…

  4. 管理人のこと

    社会人にもなって喋ることが出来ないあなたが生きる道。

    僕は喋るのが苦手です。女の子に話しかけることも出来ないし、異性以前に、…

  5. 本の紹介

    【書評】意識すれば普段の生活をアウトドアに!「人間の基本」を読んで。

    僕は田舎生まれ、田舎育ち。でも今は都会に住んでいます。都会で仕事し…

  6. 本の紹介

    【書評】構造設計の実務おすすめ本 JASCA S造建築構造の設計

    今回は構造設計のおすすめ実務本を紹介します。対象は、構造設計実務の初学…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP