本の紹介

【書評】乱読のセレンディピティ、を読んで。

何ともしゃれた題名だ。この本を手にとったときそう思った。口に出したときの語感がたまらない。

「らんどくのせれんでぃぴてぃ」。いい感じだ。

読み進めると筆者が「外山滋比古」だと気づいた。あの、大ベストセラー思考の整理学の著書である。

顔を知ると読書の価値が下がる。

ところで、彼は自著を知り合いには見てもらいたくないらしい。自分が書いた文書が恥ずかしい・・・という他にも理由がある。それは著者の顔が分かると、途端に読書の価値が下がる、というのだ。

最近は本のカバーを開けば著者の顔写真が写る。それが良くない。簡単に言えば、本に先入観を与える。経歴なんて書かれた日には大変だ。

東京大学教授の本、というだけでありがたい気がする。それでは、本当に良い本が、良い読書ができない。

 

思いがけない価値を発見。セレンディピティ

ところで皆さんが気になっているのはセレンディピティの意味か、だと思う。セレンディピティとは、「思いがけない発見」ということ。

では、乱読との関係はどうか。筆者の考えはこうだ。

 

・乱読(沢山の本をところかまわず読むこと。)をすれば、思いがけない発見に出会える。専門バカになるな。

 

ということだ。専門家にとって、本といえば専門書だろう。規準書や工学本など読み漁る学生、社会人は多い。この行為を食事で例えるなら、偏食家ということになる。

偏食するより、食事はバランス重視が圧倒的に健康に良い。

乱読することは、まさにバランス重視の食事を目指すようなものだ。そして乱読は専門バカにはならず思いがけない発見をする。

例えばガリバー旅行記がある。この本は児童向けの絵本だと思っている人が多いだろう。しかし元は、当時の政治に不満をもった人物の風刺なのだそう。

それが月日を経て、児童絵本として人気を博した。まさに思いがけない発見。セレンディピティである。

 

建築業界にも同じことがいえる。毎日毎日、工学書や建築本を読み漁る。何か新しい発見、新しい建築を目指そうと鼻息荒くする。が、何も見つからない。

当然である。自分の親しい業界知識が増えるだけだ。

知識は増えるだろうが、知恵はつかないのだ。一方、乱読は専門外の知識をとりいれる。専門外の知識だから考える。今持つ知識と専門外の知識は、思わぬ結びつきをみせる。そしてある時、セレンディピティが生まれる。

 

筆者からの免罪符。

ところで筆者によれば、乱読をする際、本は最後まで読まなくてもいいし熟読する必要はない、という。

昔は本自体が少なかったから精読する必要があったが、今は本の数が多い。わざわざ1つの本に執着する必要もないわけだ(捨ててもいい、とさえ言っている)。

それを読んで僕は少し安心した。筆者からの免罪符を得た。とりあえず今日のところは、その免罪符をもっていつもの熟読を辞めてみよう。

筆者に申し訳ないと思いつつ、本を流し読みする。なるほど。流し読みも中々良いではないか。

それに自信がもてた。これからも専門にこだわりを持つ必要はない。僕は偏食家になりたくない。バランス重視の食事で健康的に過ごしたいものだ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  2. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  3. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  4. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて
  5. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】知らないと損する池上彰のお金の学校 、を読んで

    今日読んだ本はコレ。知らないと損をする池上彰のお金の学校。池上…

  2. 設計事務所に関すること

    こんな人には要注意!会社で関わらない方が良い人。

    4月ということで続けて新入社員の皆さんに向けた言葉を書きましょうか。学…

  3. 雑学

    ミスを報告しても怒られにくい?たった1つのタイミング

    ミスは誰でもします。あなたも、あなたの上司もミスから学んでいます。でも…

  4. 雑学

    【休日】お台場に行ってきました。やっぱ、東京クソだわ。【クソ体験】

    先日、またまた有休を使いました。行先は東京。僕はこれまで2回しか東京へ…

  5. 本の紹介

    どんなにツマラナイ本でも最後まで読み通すことが大切

    ツマラナイ本って山ほどあります。そりゃぁ、本の数が数十万とか、世界には…

  6. 労働のこと

    時間で変わると思っている?怒られる人は60歳になっても怒られるよ。

    いつの間にか28歳になりました。30歳を手前にして思うことがあります。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP