本の紹介

【書評】リフォーム業者選び50のコツ、を読んで。

リフォーム業者はほとんどが悪徳業者・・・そんな噂が流れた時がありました。ただでさえ、イメージが悪い建設業界に追い打ちをかけます。

今でこそSNSや高性能なリサーチ、まとめサイトがあって様々な会社を比較することができます。少なくとも昔よりは、情報が明瞭になった分、悪徳業者は少なくなったでしょう。

 

今も昔も、リフォーム業は何の資格が無くても業務を始めることができます。特に、500万円以下の仕事については、建設業の認可さえ必要ないのです。あなたが明日からリフォーム業を始めるぞ!と思ったら、何と始められるのです。

一方、リフォームは新築よりも複雑な場合が多く、簡単にやれるものではありません。この2つの理由から、悪徳業者の新規参入が多くありました。

 

本書は、そんな時代に警鐘を鳴らすがごとく、リフォーム業者の選び方が書いてあります。

まずは会社を選ぶことから。とにかく建設業はお金にルーズ。どんぶり勘定なんて言葉が生まれたくらいですからね。

実際に建築業者の悪習で、一式〇万という、ざっくりした見積もりが横行しています。これでは、何にお金がかかっているかサッパリですから、内訳を明記してください、と言いましょう。

最低でも2~3社の見積もりは必須です。

もう少し見積もりの話題を深堀します。建築の見積もりは、大きく分けて①材料費、②工賃費、③諸経費に分かれます。普通、建築業者は工事費に対して2~3割の利益が無いと成り立ちません。

 

しかしそんな高い利益率を見積もりに書くと、施主に説明しづらい。と、いうことで材料費に利益率を上乗せするのです。

要するに、建築の見積もりは訳が分からない、ということです。一般の方が、そんな建築見積のカラクリを紐解こうとしても、迷い込んでしまうだけです。であれば、相見積を取得して、相場を知るのです。

見積もりが高すぎる業者もNGですが、安すぎる業者もOUT。安すぎる業者は、材料をグレードの低いものにすることや、何かと工事を手抜きするからです。

 

また、一見リフォームの記事だと思って読むと最後に業者の紹介があるものは注意です(s〇moとか?)。これは業者が広告用に費用を払って記事を依頼しているからです。

ところで、本書のはじめに書いてあるように、本文は90分程度で読めてしまいます。

よく言えば、フォームが初めての方にとっては、分かりやすい。ただし、ネットで情報収集する人にとっては、退屈な本かも。

 

本書は一般向けに書かれた本なので、超初心者用と思ってください。手掛けたのは、「ホームプロ」というリフォーム会社紹介サイト。

www.homepro.jp

サイト自体も中々参考になるので、本書と合わせてどうぞ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・
  4. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  5. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生…

  2. 本の紹介

    【書評】クラウドからAIへを読んで。

    一時期、クラウドという言葉が流行りました。ネット上でデータの相互使用が…

  3. 本の紹介

    【書評】図解・超高層ビルのしくみ、を読んで

    構造設計にかかわるものとして超高層は夢だ。僕も世間知らずの学徒のころ、…

  4. 本の紹介

    何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

    ども、tyazukeです。僕は普段小説を読まないのですが、実は…

  5. 本の紹介

    【書評】住まいを守る耐震性入門、を読んで

    住宅と言えば一般的に「木造住宅」のことを指す。木は何とも使い勝手が悪い…

  6. 本の紹介

    【書評】建築家と家を建てたい、を読んで

    「一生に一度の買い物」を建築家に頼みたい人は案外多い。建築関係のテレビ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP