本の紹介

どんなにツマラナイ本でも最後まで読み通すことが大切

ツマラナイ本って山ほどあります。そりゃぁ、本の数が数十万とか、世界にはもっと沢山の本があるわけで、当然のこと。

で、重要なのが本を最後まで読み通すこと。読み通した先に何か得るものがあるか?と聞かれると、答えに窮するけど。

なぜそう思うのか。

 

僕は去年、幸運にも著書を出版する機会に恵まれました。自慢じゃないですが、商業出版で。執筆から出版までの期間はおよそ4か月くらい。その期間は仕事をやりながら家に帰って執筆。土日も時間をみつけながら執筆。

結構大変な時期でした(それはさておき・・・)。

 

本の執筆は、ブログやHPで書く文章と違ってとーっても気を使います。世に出る、と言う意味ではブログも本も同じですが、それでも仕事として受けているし。形に残るということで緊張感が増します。

それはもう、目に穴があくくらい原稿を読み直しました。文章表現が間違っていないか、誤字はどうか、計算記述に誤りはないか、など。最初から最後まで神経を注いで本を書いたんです。

 

それは僕だけではなくて、他の著者さんも同じです。そんな風に自分も本を執筆した経験から、「この著者さんも最後まで何か伝えたいことを書こうとしているんだなぁ」と思えて、最後まで本を読み通さないと申し訳ない気がするのです。

どんなにツマラナイ本でも、著者さんの気持ちは紛れもなく本に込められている。毎日ご飯を作ってくれるお嫁さんに感謝するように、読み残しは大変勿体ない。

 

もちろん、僕も斜め読みして中身をじっくり読み解かないこともあります。それでも、最後のあとがきまで読むよう心掛けています。

僕が実践する読書のコツの1つでした。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  2. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  3. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  4. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  5. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生…

  2. 本の紹介

    【書評】 建築ノ―ト 建築設計の楽しさを思い出す

    ども、tyazukeです。建築設計の実務を続けていると、学生の…

  3. 本の紹介

    地方に住む僕たち。教育格差から抜け出すには?

    僕は人口100人程度の集落で生まれました。近くにコンビニ・スーパなど便…

  4. 本の紹介

    【書評】建設現場の玉手箱、を読んで

    図書館で見つけた本だが、ただならぬ何かを発していた。何か筆者の叫び、と…

  5. 建築のこと

    建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

    ども、tyazukeです。建築嫌いを公言してブログをしておりま…

  6. 本の紹介

    【書評】いい家は無垢の木と漆喰で建てる、を読んで

    「いい家は無垢の木と漆喰で建てる」。ハウスメーカーのキャッチフレーズの…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP