本の紹介

【書評】私があなたを殺した、を読んで

東野圭吾の本格ミステリの1つ。「私があなたを殺した」を読みました。本格ミステリと言うだけあって、難解かつ最後まで犯人は明かされず物語は終わります。

 

主要人物は、両親を交通事故で無くし生き別れた兄妹、妹はエッセイストという裏の顔を持っていて、その編集者、傲慢な小説家(後に説明する穂高)やそのマネージャーなどキャラもしっかり立っていて面白かったです。

本書では、最大の謎が「誰が穂高を殺したか?」というもので、主要な登場人物ほぼ全員に殺害動機があります。

 

殺された穂高はやり手の小説家。女性を引き付けるものがあり、小説の実力もある。相当な浮名を流した人物設定です。人物相関を書くつもりはないのですが、例えば、再婚相手の美和子の兄。

彼は、妹である美和子が好きなのです。それが穂高に取られるのが、たまらなく嫌でした。穂高のマネージャーも、表では穂高に従っていますが心の中では殺したいくらい憎んでいます。

とまぁ、ドロドロの関係で読むと少し疲れます。

 

ミステリとして一番楽しい所は、穂高をどうやって毒殺したか?というところ。穂高が毒殺される前、穂高の家で、ある女が自殺を図りました。その女は、穂高と結婚の約束までして、子供を堕胎までさせられた相手。彼女は、一方的な婚約破棄に心身喪失してしまいます。

その結果、毒入りカプセルを飲んで自殺したのでした。この毒入りカプセルが物語の最後まで活躍します。というのは、このカプセルが穂高を殺したに違いないのですが、問題は「誰が毒入りカプセルを穂高が飲むように仕掛けたか?」という点。

 

話の流れは、各個人の主観で進みます。これが、物語を一層ややこしくしています。各々の思いが挿入され客観的な事実が巧妙に隠されているのです。

それを少しずつ明らかにして、読む者にヒントを与えてくれるのが加賀という所轄の刑事。最後は、加賀の「犯人はあなただ」という描写で終わります。犯人が誰かわかった?という作者の挑戦で終わります。

 

また、タイトルの「私があなたを殺した」が余計に想像をかきたてます。それは「私」の部分。本書は各人物の主観目線で話が進みます。だから、必ず一人称なのです。「私は~だった。」とか「俺は~だ」、「僕は~」というように、各自、主語が異なります。

この辺も作者が狙ったミスリードの1つかなと思います。読むのに想像力が必要な作品ですが、読むうちに世界観に引き込まれること請け合いです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  2. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  3. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  4. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  5. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】構造計画の原理と実践で分かった構造家の考え。

    ども、tyazukeです。構造設計は大まかに捉えると、2つの過…

  2. 本の紹介

    どんなにツマラナイ本でも最後まで読み通すことが大切

    ツマラナイ本って山ほどあります。そりゃぁ、本の数が数十万とか、世界には…

  3. 本の紹介

    【書評】読んで旅する世界の名建築、を読んで。

    今日読んだ本はコレ。「読んで旅する世界の名建築」です(一番下の画像は同…

  4. 本の紹介

    地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」②

    「よくわかる地震保険」の書評①に引き続き、第②です。ほんと僕たち技…

  5. 本の紹介

    【書評】図解・超高層ビルのしくみ、を読んで

    構造設計にかかわるものとして超高層は夢だ。僕も世間知らずの学徒のころ、…

  6. 本の紹介

    【書評】減築のすすめを読んで。

    図書館で借りた本「減築のすすめ」を読みました。というのも、僕自身こ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP