本の紹介

【書評】意識すれば普段の生活をアウトドアに!「人間の基本」を読んで。

僕は田舎生まれ、田舎育ち。

でも今は都会に住んでいます。都会で仕事して都会で暮らす。

すると心が疲弊して疲れ切ってしまいます。そんな時、緑を見て自然に触れる。それだけで自然の自浄作用というか、気持ちが楽になります。

都会にいると自然は無いと思いがちだし、アウトドア好きな人は遠出しないと自然に触れられないと思っています。でも、そうではありません。「意識」すれば都会でも、身近に自然があって楽しめる。

 

そんなメッセージを発信している本書は、自然やアウトドアの在り方を再確認させてくれました。

例えば、山登り。都会に山はありません。でも、ビルや地下鉄の階段を「山」に置き換えたらどうですか?普段はただ歩くだけの通路が、立派なハイキングコースになります。

 

もちろん、気分を高めるために登山用リュックやアウトドアウェアに身を包んで。結構目から鱗の発想でした。

遠出しないとキャンプはできません。でも、部屋の中でキャンプ気分を味わうことはできます。部屋でテントを張ってしまえばいいのです。あぁ確かに。「テントは外で張るもの」というのは、固定概念です。

部屋の中でテントを張り、アウトドアの雑誌なんかを読んで楽しむのも良さそう。キャンプ気分にはシュラフで寝るのもうってつけ。いつものベッドじゃなくて、たまには床で寝てみましょう。

 

僕がアウトドアで一番楽しみなのは食事なんです。でも普段の生活でも、アウトドア飯を楽しむことだってできる。

そもそも、なぜアウトドアして食べるのは美味しいのか?外の美味しい空気を吸いながら食べてるからです。

 

だったら、いつもの休日は公園に出かけてご飯を食べよう。それも、お弁当じゃなく現地で作る。もちろん火気厳禁じゃないか確認して。

本書はスノーピーク監修で、随所に「アーバンアウトドア」のポイントが見られました。何も自然は地方や田舎にあるものじゃない。「意識」すれば都会にだって自然は見つけられる。

 

都会に住んでいるからこそ、再発見も多いかも。

ちなみにスタイリッシュなアウトドア本なので、写真は綺麗、文章はエッセイみたいで読みやすい。

おすすめです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  2. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  3. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  4. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  5. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】文章力の基本 簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック、を読んで

    文章力を鍛えたい、うまい文章を操りたい、そう思っている。文章力…

  2. 本の紹介

    【書評】家づくり 迷ったときの建築家の知恵袋、を読んで。

    以前、外山滋比古氏の本を読んだ。読書の方法について書いてある本だった。…

  3. 本の紹介

    【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生…

  4. 本の紹介

    【書評】 建築ノ―ト 建築設計の楽しさを思い出す

    ども、tyazukeです。建築設計の実務を続けていると、学生の…

  5. 本の紹介

    【書評】建築家の講義 サンチャゴ・カラトラバ

    ども、tyazukeです。建築業界でも、世界的な有名人は多いで…

  6. 本の紹介

    【書評】建材・設備はどこで何から作られているのか、を読んで。

    「その手があったか。」―この本を手に取ったとき、そう思いました。まぁ読…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP