本の紹介

【書評】減築のすすめを読んで。

図書館で借りた本「減築のすすめ」を読みました。

というのも、僕自身これからの日本は新築したり、増築するメリットが少ないのでは?と思うところがあるからです。

筆者の天野氏も、似たようなことを考えてらっしゃいます。その理由は、

  • 平均寿命が延びて老後からの暮らしが長くなっている。ゆえに、家が広すぎるのは不便だ。

というもの。他にも沢山ありますが、本質的には上記の理由があって、付随するものだと感じました。

 

確かにそうです。子育て世代で必要だった部屋の広さは、老後には必要ありません。部屋が広くなったな、と悩む夫婦も多いですから。

筆者は2階建てなら平屋にするとか、平屋でも、一部減築して中庭をつくるなど勧めているそうです。

本書を読んで納得できる部分も多いし、減築は今後もっと必要にされてもいいと思います。

 

ただ、論拠があまりにも薄い、と感じました。ある新聞の調査だが・・・とか、自分に都合の良い調査結果を持ち出して、「だから減築が良いんだよ」は、あまりにも稚拙ではないでしょうか?

特に、最近は昔になかった凶悪事件が増えている、それは今の家が問題なのだ、という意見。

 

いや、それは昔に比べてネットやテレビ放送が格段に増えたことも要因です。昔も酷い事件は沢山ありましたよ?厚生労働省の発表によれば、殺人事件は年々減り続けていますが?おおよそ50年前の半分以下。

一番多いのは1955年頃でしょうか。つまり、この方が減築を進めるべき、という論拠の1つは間違っていると言えないでしょうか。

 

この方のロジックでいけば、むしろ洋風のお家が優れていると言えます。

また、耐震に関することも書いてあります。古い基礎に新しい基礎を接合して、耐震補強だとおっしゃっているのですが・・・。本当にそれ大丈夫ですか?普通、基礎やり直しますよね?

・・

・・・

と言った具合に、意地悪に本を読み進めれば粗が沢山拝める本でした。

でも、建築に疎い方読んでも気づかなくて、間違った情報が伝わっていると思うと悲しいですね。

 

批判を書きましたが、僕も減築はもっと広まってもいいと思います。

ただ、注意したいのは普通の建物(ビルとかマンションとか、RC造・鉄骨造の住宅)で減築は難しい、ということも頭に入れないと。

 

あくまで平屋の木造住宅レベルなら可能です。構造設計者の関与が不要ですし、壁をバランスよく配置すれば済むので。

図書館で読めば十分かなという感じ。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  2. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  3. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  4. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  5. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  2. 本の紹介

    【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入…

  3. 本の紹介

    【書評】実例でわかる 工作しやすい鉄骨設計

    僕が構造設計を始めた頃、一番わからなかったことが基礎の設計と部材接合部…

  4. 本の紹介

    【おすすめ本】 鋼構造の性能と設計 桑村仁

    大学院生のときに購入した参考書です。学校指定の本ではないのですが、鋼構…

  5. 本の紹介

    【書評】刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門、を読んで。

    たまには嗜好を変えた本を読んでみた。テーマは「警察」。なぜ、こんな本を…

  6. 本の紹介

    何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

    ども、tyazukeです。僕は普段小説を読まないのですが、実は…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
PAGE TOP